酔いどれひぐりんブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 再生可能エネルギーが主電源?

<<   作成日時 : 2018/05/17 05:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の夜NHKニュースを見てビックリした。経産省の審議会が新たにまとめた「エネルギー基本計画」で、初めて再生可能エネルギーを主力電源としたとし、あたかも現政権が原発から再生可能エネに舵を切ったような印象を受けるような報道だった。本当なら大歓迎で、とても嬉しいニュースと思ったけど、そんなはずはないだろうという驚きの方が大きかった。ちなみに今朝の日本テレビのニュースでも同様の扱いだったが・・・

調べてみると、新しい「エネルギー基本計画」が目標とする2030年の電力の比率は原発が20〜22%、再生可能エネルギーが22〜24%となっていて、従来から何も変わっていない。原発で全体の22%を発電しようとすると、30基もの原発を再稼働させる必要があるが、老朽化した原発を廃炉にすると、新しい原発を作らないと目標は達成できない計算。つまり、現政権の原発推進の姿勢は変わっておらず、単に言葉だけで「再生エネを主力に!」と言っているに過ぎない。それを、NHKや日テレは現政権の良さをアピールしたのか?報道はミスリードしているように思う。
ちなみに東京新聞の見出しは「原発のない国 機運高まる中 エネ計画 原発推進鮮明」、毎日新聞は「改定案 原発増設議論、先送り 目標達成遠く」としており、この方が新計画の実態を的確に報じている。

世界的に原発は高コストで敬遠される傾向にあって、東芝を窮地に陥れたアメリカの原発会社は破綻したし、アベノミクスの目玉とされたトルコの原発建設は、事業費が高くなりすぎて頓挫している。
一方、再生可能エネルギーの利用は拡大していて、スペインでは4割,ドイツが3割、イギリスでも2割が再生エネだそうだ。それに対して我が日本はたったの15%。
日本の技術力があれば、再生可能エネルギーの比率はもっともっと増やせるはずだし、それが新しい産業や雇用を生み出すのは間違いないとだろう。
しかし、現政権にそれを求めるのは無理だろうなぁ・・・多くの国民が原発推進を支持していることだし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
再生可能エネルギーが主電源? 酔いどれひぐりんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる