ワクチン接種に感じる疑問

最近は連日のように、新型コロナのワクチン接種に関するニュースが報じられている。新たにXXで集団接種が始まったとか、YYでは接種予約が少ないとか、ZZではミスでワクチンを破棄することになった、などなど。

それらの報道を見聞きして疑問に思うことが2つある。
一つはワクチン接種の優先順位。厚労省が発表している優先順位は↓
(1)まずは、医療従事者等
(2)次に、高齢者 (令和3年度(2021年度)中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
(3)その次に、基礎疾患を有する者、高齢者施設等の従事者
となっていて、その理由は「重症化リスクの大きさや医療提供体制の確保等を踏まえ」と記載されている。これは政府の分科会における議論で決定したことで、いわゆる"専門家の助言"に従ったものだ。また、この優先順位はワクチン接種が進む欧米と一緒なので、もっともな順位付けと思う。
しかし、最近はこの優先順位が守られていないと思う。政府が設置した大規模接種センターでは、65歳以上の予約が少ないので、対象を64歳以下に広げるそうだが、3番目に優先すべき「基礎疾患を有する者、高齢者施設等の従事者」はどうなったのか?
大企業を対象にした"職域接種"でも、優先対象で無い人達が接種されているけど、これは自治体が行う接種と完全に並行しているので、問題は無いだろう。
政府や自治体は、なぜ厚労省(と専門家)が打ち出した方針を無視することになったのか?その理由が知りたいなぁ。

もう一つの疑問は対象者に送付される「接種券」の存在。今のところ職域接種以外では、自治体から送られた接種券が無いと、ワクチンは接種出来ないらしい。しかし、自治体によってはその送付が遅れていて、広島の集団接種会場が閑散とした理由の一つは、この接種券の送付遅れによるものだ。
なんで"接種券"なるものが必要なのか?日本では全ての国民にマイナンバーが付与されているので、接種者はマイナンバーで管理すればいいはずだが?マイナンバーは居住する自治体が把握しているので、予約時にマイナンバーを告げるか入力出来るようなシステムの構築は容易だ。もし、自分のマイナンバーが分からない人がいたら、教えてあげるコールセンターを設置すればいい。
せっかくのマイナンバーを有効利用せずに、新たに接種券と接種番号を設けて、接種管理を行う手間を増やしている理由がサップパリ分からない。

以上のような疑問に対する解をメディアが報じないことに不満を抱くけど、まぁワクチン接種が広がることは悪くは無いかな。
さて、これからどんな優先順位で接種が広がるのやら。

-----
6月14日の運動記録+日記

ウォーク:12,499歩(6月累計199,599歩)

体温: 36.6℃ 体重: 61.4Kg

月曜日なので朝から会社に出勤して、午前中の会議(3時間)に出席。
午後には帰宅して夕方までテレワーク。ちょっと忙しくなってきた。

小説「三体Ⅲ 死神永生」の感想

先々週の土日に「三体II 黒暗森林」を一気読みして、とてつもなく面白かった(^_^)ので、先週の土日もその続きを一気に読んでしまった(^_^;
中国の作家、劉慈欣(りゅうじきん)氏によって書かれて、世界的ベストセラーとなったSF巨編「三体」。3部構成となっていて、それぞれ上下巻があるので全部で6巻もある。その完結編となるのが今回読んだ「三体Ⅲ 死神永生(上下)」。
その感想をひと言で言うと・・・「三体の中で一番面白かった\(^O^)/」

初巻で人類は三体文明と接触し、三体艦隊が400年後に地球に攻撃をすることになり、第二巻では三体艦隊への対峙がテーマとなり、終盤では和解(?)が成立して地球は平和となったが・・・
第三巻ではこれまで以上に物語が急展開した。何を書いてもネタバレになってしまうので、具体的なことは書けないけど、その巨大なスケールで次々に語られるエピソードや主人公らの行動には、最後まで圧倒されっぱなしだった。そのため800ページ近い大作にもかかわらず、その長さを感じることなく、一気に最後まで読了。
本作の特徴は、これまでの2巻以上にSF的な要素がふんだんに取り込まれていること。それは全宇宙に関わることや、時空を超越した物理法則、そしてブラックホールも重要な存在となる。時には難しい物理要素も登場するけど、それがリアルさを感じさせるから、SF好きとしては最高に楽しかった♪

これほど読み応えがあって、楽しめるSF作品を読むことが出来て本当に良かった(^_^)
一方、あまりにも面白くて「三体」が存在する世界にドップリとはまってしまった今、もう続きが読めないと思うと一抹の寂しさを感じる・・・

-----
6月13日の運動記録+日記

ウォーク:13,547歩(6月累計187,100歩)

体温: 36.7℃ 体重: 61.3Kg

霧雨の中、傘を差して旧太田川沿いを1時間弱ウォーキング。雨は歩いている途中で止んだ。
日中は買い物に行った時以外は、ひたすら読書三昧♪

エプソムCと函館SSの予想

今年も春のG1は全敗で終わり(T_T)、気を取り直して重賞予想(^_^;

東京の芝1,800mで行われる古馬G3競争「エプソムカップ」、このレースは逃げ残りが多いので、本命◎はスタート直後にハナに立って最後まで残ることを期待して⑱アトミックフォース。対抗○も同じく早め先行が期待される⑫ミラアイトーン。押さえ▲は人気だけど外せない⑧アルジャンナ。

今年は札幌の芝1,200mで行われる古馬G3競争の「函館スプリントステークス」、本命◎はこのコースを得意としている吉田隼人騎乗の⑤ケープコッド。ちなみに私と同じ誕生日だ(^_^) 対抗○はこのコースでの持ち時計トップの①アスタールビー。押さえ▲は出走馬の中で唯一5月に勝っている②マイネルアルケミー。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

中京10R 6
東京10R 9
札幌11R 5,1
中京11R 11,14
東京11R 18,12

-----
6月12日の運動記録+日記

ウォーク:22,293歩(6月累計173,553歩)

体温: 36.1℃ 体重: 61.3Kg

今にも雨が降りそうな朝、5時過ぎから旧太田川沿いを1時間弱ウォーキング。何とか降られずに済んだ。
雨が上がったので、9時半から広島東照宮まで歩いて行ってみた。建物は立派だが、敷地は狭い印象。
疲れたので、午後はゴロゴロしながら読書。

糖尿病は横ばい(^_^)

昨日は6週間に1回の糖尿病の検査(&問診&投薬)、午後半休を取得して午後から近所の病院(広島に来て2回目)に行って来た。
糖尿病の判断基準となるHbA1cの値(基準値4.9~6.0)、今回の計測値は前回の6.4から横ばいの6.5。川崎在住時は7.0%近くが継続していたが、広島では6.4->6.5と改善した状態が続いているのは嬉しい(^_^)
まだ筋トレが復活出来ない中、日々の運動量もさほど増やしていないのに、糖尿が良化している理由は分からないけど、きっと広島での生活が私の身体に合っているのだろう(^_^;
予定とおりなら今週末には緊急事態が解除されるので、再来週には広島市内にあるスポーツジムと契約して、ジム通いをしたいなぁと思っている。この状態で筋トレすると、更に糖尿は改善するだろう(^_^)

なお、昨日は久しぶりに"眼底検査"も受けさせられた。糖尿病の治療を受けている人は定期的に受けるべき検査だが、HbA1cの値が7.0%を超えてないので、しばらく受検をサボっていた(^_^; それを広島のお医者さんに指摘されて、受けさせられたけど、もちろん結果は異常なし(^_^)

とりあえず、今の生活リズム,スタイルで問題無さそうなので、これからも日々のウォーキングを欠かすことなく、改善に努めよう。
次の通院は7月末となるので、もしかしたらコロナワクチンの接種も同じ日に受けられるかな?

-----
6月11日の運動記録+日記

ウォーク:12,954歩(6月累計151,260歩)

体温: 36.4℃ 体重: 61.3Kg

朝6時過ぎから、旧太田川沿いを40分ほど軽くウォーキング。
仕事は午前で切り上げて、午後から病院に通院。眼底検査もあったので、受付から薬の受領まで2時間半もかかった...(T_T)

どうせ東京五輪は開催されるのだから・・・

連日のように東京オリンピック・パラリンピックの開催の是非や、開催されたときの問題が報じられ、国会では開催の意義などが議論されているけど、もっと開催を前提とした議論が必要では?と思う。
(私はこの時期の開催はやるべきでないと思っているが)
これまでのIOCや日本政府の言動を見る限り、東京オリパラが中止されることは無く、ほぼ間違いなく開催されるのだから。そもそも、IOCは五輪を中止することは出来ず、日本が開催を返上しない限り開催されるし、その可能性は無いだろう。また、最大のスポンサーのNBCは7000時間も放送することを発表しているし、日本の大手新聞は全てスポンサーなので、これからメディアは五輪開催ムードを盛り上げるだろう。
それならば、開催されることを楽しみにしながら、7月23日を待ちたい(^_^)

しかし、コロナ渦に開催するための議論が足りない。
東京オリパラが"安全・安心"に開催されることを訴えるため、組織委員会とかJOC,五輪担当大臣らは、次々に対策を打ち出している。それは何れも不完全,公平性に欠けるものなので、もっとメディアは問題を指摘すべきだ。例えば、海外メディアは入国後の隔離はしないが、行動はGPSで監視するとしているけど、これは実現不可能で安心の説得力ゼロ。監視対象のスマホを持ち歩かなければ、どこにでも行けるし、そもそも中国や北朝鮮のような行動制限は反発を生むだけ。

五輪のために海外からは8万人近くが来日する予定で、それへの対策が取られるのは当然。しかし、開催によって生じる”人流の拡大"について、もっと問題視すべきだろうとも思う。東京オリパラはほぼ間違いなく有観客で行われるだろう。そうなると東京新聞の試算では310万人もの観客が国内を移動することになる。(会場への入場者を緊急事態並に制限している状態でも)
今まで政府は年末年始,春休み,ゴールデンウィークなど、多くの人が動くことを抑制しようとしてきて、首相がその成果を誇ることもあった。それならば、310万人もの人流はどうするのか?まさか、観客全員にワクチンを打つことなんか出来ないだろうし、入場72時間前のPCR検査の義務付けも難しいだろう。メディアはもっと国内観客の移動に対する問題提起を行うべきだ。

多くの専門家が懸念している通り、東京オリパラが終わって1~2ヶ月後に再び国内のコロナ感染拡大となるかも知れないし、それは私も不安に思っている。しかし、そうなっても日本政府は「東京オリパラによって感染拡大となったエビデンス(証拠)は無い」と言い続けるだろうなぁ・・・

-----
6月10日の運動記録+日記

ウォーク:12,384歩(6月累計138,306歩)

体温: 36.4℃ 体重: 61.0Kg

朝5時50分から旧太田川沿いを1時間弱ウォーキング。前日より朝はちょっと涼しかった。
いつも通り自宅でのテレワークを終えた後、3回目の麻婆豆腐作り♪調理が簡単で旨い(^_^)



「アズキ紅茶」を作ってみた(^_^)

最近、アズキが健康食材として注目されていると聞いて、「やせる!血圧、血糖値が下がる!アズキ毒出しレシピ」という本を買った(^_^;
azuki_book.jpg
この手の本らしく、表紙には"やせる"とか"血圧が下がる"といった、いいことばかり書かれている(^_^; しかし、中に書かれていることは結構説得力があって、アズキに含まれる"レジスタントスターチ"という食物繊維の有用性の説明に納得。これについては、以前NHKの"ためしてガッテン"でも紹介されていて、実際にアズキを摂取しているスポーツ選手もいるそうなので、かなり身体にいいのだろう。
その最も効果を発揮するのが、高血圧と糖尿らしいので、これは試してみる価値はありそう(^_^)

そのアズキを摂取しやすくするために、この本には数多くのレシピが掲載されている。コンソメを使った"アズキスープ"、サラダやパスタにアズキを入れたものなど、どれも簡単で美味しそうに見える。その中で最も簡単で、日常的にアズキを摂取出来そうなので、作ってみたのが「アズキ紅茶」。
鍋に100gのアズキと1Lの水を入れて20分煮込んで、水を0.5L追加して再び20分ほど煮込み、アズキが芯まで柔らかくなったら、紅茶のティーバッグを4袋入れて3分置くだけ(^_^) 水を1.5L使うけど、かなりアズキが吸ってしまうので、出来たアズキ紅茶は0.5Lほどになった。
飲んでみると、アズキの香りと紅茶の香りが旨く調和されていて、なかなか美味。冷たくても美味しいので、冷蔵庫に入れて毎日飲むようにしている。これを飲み続けることで、本当に糖尿が改善したら嬉しいな♪

-----
6月9日の運動記録+日記

ウォーク:11,971歩(6月累計125,922歩)

体温: 35.9℃ 体重: 61.2Kg

朝5時45分から旧太田川沿いを1時間弱ウォーキング。少し身体が重かった・・・
日中は部屋の中でも暑くなったが、まだクーラーは入れずにテレワーク。



「進撃の巨人」最終巻の感想

ついに終わってしまったか・・・

累計発行部数が1億部を超える大人気コミックの「進撃の巨人」(諫山創著)、初巻が発行されて11年半もの間、私を含め世界中の読者を楽しませてくれた(^_^)。それが今日発売された第34巻で、ついに完結した(T_T) 
さっそく、電子版で購入して今朝から読了(^_^;

「進撃の巨人」は巨人に囲まれた都市で、巨人達と戦う主人公らを描いた第一部と、都市の外の世界で起きている紛争と関わっていく第二部で構成されている。最終巻では人類最後の激しい戦いと、主人公のエレンが取った行動の理由などが語られて、かなり読み応えがあった(^_^) 懐かしいシーンの振り返りがあったり、これまで提示された伏線の回収もあり、見事に長い物語の最後を締めてくれたと思う。
11年半も楽しませてくれた作者の諫山創さんに感謝するとともに、もう進撃の巨人の続きを読むことが出来なくなったと思うと、とても寂しい気持ち。また、一つの時代が終わったかなぁとも思う。

私がこれほど夢中になったコミックは少ないけど、新しいコミックは毎日のように刊行され続けている。それらの中に、またハマるコミックが見つかることを楽しみにしたい。(ちにみに今、最新巻を買い続けているのは2作品ある)

-----
6月8日の運動記録+日記

ウォーク:14,844歩(6月累計113,951歩)

体温: 36.7℃ 体重: 61.3Kg

朝5時45分から旧太田川沿いを1時間弱ウォーキング。朝から結構暑かった。
日中はいつも通りに自宅でテレワークし、仕事を終えてから、初めて太田川放水路の近くまで歩いた。

休日の人手数を報じる意味は?

コロナ渦になって、ほぼ毎週月曜日にテレビなどで報じられているのが日曜日の繁華街の人手。
昨日だと、緊急事態宣言が延長されて初めて迎えた週末・・・という枕詞で始まり、東京の渋谷や新宿では、宣言前よりxx%人手が増えたとか、大阪の心斎橋ではxx%増えた。また、夜の人手はxx%減ったなどなど。そして、町を歩いている人へのインタビューが紹介されると。
最初の頃は少しは興味があったこの話題だけど、今やこの報道は何のために行っているのかサッパリ分からない。
緊急事態宣言の対象地域では"不要不急の外出は控えましょう","外出は半分以下にして下さい"といった要請が行われているが、それに従わない/従えない人達の増減を報じることに、どんな意義があるのか?

"コロナ慣れ"によって外出自粛要請なんか従えるかぁ!という人が増えていることを伝えたいのか?そのことによって、外出の抑制を図りたいのだろうか?しかし、これは逆効果だろう。人手が増えていると聞くと、じゃぁ私も繁華街に行ってもいいのかなぁ、と思って出かける人が増えてしまうのでは?日本人は"同調圧力"がとても高いので、閑散とした繁華街には行かない人が多数だろうけど、混雑した繁華街には行くだろう。となると、これらの報道は"人流抑制"に対しては逆効果と思う。いろんな場所で人が増えた報道の後には、専門家が"この傾向は懸念されますねぇ"といったコメントも合わせて紹介されたりするけど、付け焼き刃的な印象を受けるなぁ。

それよりも大事なのは、平日の人の流れでは?とも思う。東京駅や品川駅などで混雑する通勤風景が報じられて、政府が要請している"70%在宅勤務"なんて無理であることが紹介されているけど、このままでいいのか?もっとしっかりした対策が必要であることを、報じるべきでは?
中小企業やサービス業など、テレワークが困難な会社や業種が存在しているのは分かるし、そういった人達が品川駅で通勤しているのだろう。それならば、まずは東京なら霞ヶ関駅とか都庁前駅、大阪なら谷町四丁目駅など、国や自治体の役所の近辺の平日の人手の数を紹介すべき。それらの多くは、知事や政府の要請によって70%テレワークを実践しているはずなので。
ラッシュ時なのに閑散としている霞ヶ関駅の映像は、緊急事態であることを認識するために、効果的な映像になると思うけどなぁ。


-----
6月7日の運動記録+日記

ウォーク:12,718歩(6月累計99,107歩)

体温: 36.4℃ 体重: 61.7Kg

毎週月曜日だけは出勤日なので、朝から徒歩で会社に通勤。午前中に会議x3に出席した後、徒歩で帰宅して午後は自宅でテレワーク。
夕食は前日に作ったカレーの残り。やっぱり一晩置いたカレーは旨い(^_^)

小説「三体Ⅱ 黒暗森林」の感想

広島はまだ緊急事態宣言下のため、外出自粛が呼びかけられているので、先週末の土日は近所の買い物と1時間のウォーキング以外は、ずーっと自宅で読書をして過ごした(^_^) 読んだ本は「三体Ⅱ 黒暗森林」の上下巻、とてつもなく面白かったので読み始めたら止まらず、700ページ近い大作を二日間で一気に読了(^_^;

「三体」とは中国のSF作家"劉慈欣"(りゅうじきん)が書いたSF小説で、全3巻(上下を別に数えると6巻)の長編だが、世界的に大ベストセラーとなっており、全世界でシリーズ累計3千万部以上が売れている。その第1巻を私が読んだのは2年前で、その感想をブログにも書いている。(小説「三体」の感想)
その後、去年の6月に今回読んだ第2巻が発売されたのは知っていたけど、何となく長時間本を読む気になれず、ようやく一昨日になって読んだという次第(^_^;

人類より遙かに優れた科学力を持つ"三体文明"と対立する事態となり、三体文明が大規模な侵略艦隊を地球に向けて発進、それが地球に到着すると人類は滅亡するのは間違いない。遠く離れた三体から艦隊が到着するのは400年後、それまで人類は何か出来るのか?というのが前巻までの話。第2巻となる「黒暗森林」では、400年後を見越した様々な人類の活動が描かれている。

前巻は2つの世界の物語が並行したり、難解な用語の多さや哲学的な課題によって、全体的に重厚で読み応えがありながら、ちょっと読むのに難儀した。しかし、今回はエンタメ要素が満開(^_^) 前巻で見られた難しさをほとんど感じることなく、またスペースオペラ的な演出もあって、とっても面白かった♪遠く離れていても、人間の全ての行動を監視し続ける三体文明に対し、国連(っぽい組織)による対抗手段と、それに巻き込まれる主人公達。4世紀後でも人類は三体は勝てる訳がないという、絶望感が漂う地球。そんな中、2世紀を経て時代は大きく変化し、再び人類は希望を持つようになるが・・・次々に進行する物語はかなりリアルなので、まるで近未来を疑似体験してるような感覚を抱きながら、この世界にドップリとはまり込んだ。
とてつもなくスケールが大きいSF大作でありながら、全編にわたって存分に楽しませてくれたのは、本作の質がとても高いことにあるのだろう。細かい設定から、その世界で生きる人物描写まで、全てにおいて優れたSF作品だと思う。
おかげで2日間の読書は、とても良い時間を過ごせた満足感でいっぱい(^_^)
既に第3巻が発売されているので、近いうちに読みたいと思う。

-----
6月6日の運動記録+日記

ウォーク:11,334歩(6月累計86,389歩)

体温: 36.2℃ 体重: 61.1Kg

前日と全く同じく、早朝5時過ぎから旧太田川沿いを1時間弱ウォーキング。
しばし読書を楽しんで、午前11時頃から近所のスーパーで買い物、昼食後に夕食用のカレーを煮込んだ。
あとは、ひたすら読書三昧♪

安田記念の予想

今日で今年の春のG1も終わりかぁ・・・今年も全敗で終わりそうだけど(T_T)、今日も懲りない穴狙い(^_^;

東京の芝マイルで行われる古馬G1競争「安田記念」、本命◎は今年のマイラーズCの勝ち馬で、重賞3連対中で、このレースの勝ち馬のロードカナリアを父に持つという、好条件が重なっている⑫ケイデンスコール。対抗○は休み明けに良く走る&このコース得意の川田騎乗の⑪ダノンキングリーで穴狙い。押さえ▲は昨年の3着馬で人気の一角の⑧インディチャンプ。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

東京09R 5
中京10R 4
東京10R 2,4
中京11R 9,13
東京11R 12,11

-----
6月5日の運動記録+日記

ウォーク:15,508歩(6月累計75,055歩)

体温: 36.4℃ 体重: 61.2Kg

早朝5時過ぎから、旧太田川沿いを1時間弱ウォーキング。午前中は風呂,トイレ掃除に洗濯と、小豆紅茶を作ったりし、
午後は久しぶりに読書三昧。

鳴尾記念の予想

今日の重賞は中京で行われるので高配当を狙いたいけど、穴馬が見つからない・・・仕方無いので安い配当でもいいか(^_^;

今年は中京の芝2,000mで行われる古馬G3競争「鳴尾記念」、本命◎は新潟大賞典で早めに先行して、クビ差の3着に粘った⑦サトノソルタス。今日の中京芝は重たいだろうから、先行有利と見る。というわけで、対抗○も逃げ残り期待で⑧ショウナンバルディ。中京芝で2-0-1-1と好走しているのも好材料。押さえ▲は人気だけど新潟大賞典の勝ち馬の⑬サイレンポケット。

-----
6月4日の運動記録+日記

ウォーク:13,600歩(6月累計59,547歩)

体温: 36.5℃ 体重: 61.2Kg

雨の中、朝5時半から傘を差してウォーキングを試みるも、雨が強かったので30分ほどで断念。
日中は猛烈に忙しく仕事をして、夕方に近所を1時間弱ウォーキングした。

"巣ごもり老化"を防ぐには?

先日の朝、ラジオを聴いていると「巣ごもり老化」とそれを防ぐための手段が紹介されていた。ネタ元は毎日新聞が記載したの鎌田實さん(諏訪中央病院の医師)のコラムらしい。広島県でも"外出を半分にしろ"と要請されていて、私も外出を控えるようになっているので、興味深くこの放送を聴いて、内容をメモっておいた。

「巣ごもり老化」とは巣ごもり生活が続くことによって、不眠や鬱になったり、認知機能が低下したり、肥満になったり、生活習慣病の悪化になってしまうこと。鎌田医師によると、最近このような症状を訴える患者が増えているとのこと。
今のところ、私にはこれらの症状は無くて、むしろ生活習慣病である糖尿病は良化していたりするけど(^_^;、防ぐための手段があればやっておくべきだろう。
巣ごもり老化を防ぐためには、毎日次の5つの行動を取るべきだそうだ。
 ①朝起きたら太陽の光を浴びること
 ②良く笑うこと
 ③考えること(料理も考える行動のひとつとのこと)
 ④身体を動かすこと
 ⑤体重を計ること
これらを聴いた私は、思わずガッツポーズをしたくなった(^_^; 何と①~⑤の全てを毎日やっているではないか(^_^)
朝のウォーキング時に太陽光を浴びているし、ドラマや読書で少しでも面白かったら声を出して笑うように心懸けていたり、録画してある落語番組を見て笑うこともある。私の仕事は考えることだし、ウォーキングで身体は動かしている。そして、毎日体重を計測している。

知らないうちに”巣ごもり老化"を防いでいたので、その症状を発症していないことが分かって嬉しい♪
これからも、今まで通りに上の①~⑤の行動を続けよう。

-----
6月3日の運動記録+日記

ウォーク:11,413歩(6月累計45,947歩)

体温: 36.4℃ 体重: 61.5Kg

朝5時45分から旧太田川沿いを1時間ほどウォーキングしたが、体調がいまいちで身体が重かった・・・
午前中に自宅で仕事をするも、体調が優れなかった(頭痛や胃のもたれなど)ので、午後は半休を取って静養に努めた。

空気清浄機を購入した(^_^)

自宅で仕事をする日が多くて、部屋でタバコを吸うことも多いので(^_^;、部屋の空気を少しでもきれいにするために、空気清浄機を購入した(^_^)
Smartmi_空気清浄機.jpg
(写真はAmazonのWEBより引用)
これは中国のXiaomi(シャオミ)という会社が"Smartmi"というブランドで販売している"Smartmi 空気清浄機"という製品。購入価格は12,800円(税込み)だった。小型軽量ながら、これだけで16畳の部屋をカバー可能だ。
空気清浄機はいろんな会社から多種多様な製品が売られていて、日本のシャープやパナソニックのものは高性能らしいけど、それなりに価格が高い(T_T) 私の場合はタバコの煙を吸ってくれればいいので、そんな高級機は不要と思い、安い清浄機を探していたら、この製品を紹介する記事を発見。その記事によると、安い割に性能は問題無さそうなので購入した(^_^)
川崎に住んでいたときも、部屋でたくさんタバコを吸っていたけど、ワンルームで換気が悪く、空気清浄機を置く場所も無かったので、壁紙などはヤニまみれ(^_^; 広島ではそんなことにならないよう、普段は十二分に換気を心懸けている。しかし、今は気候がいいので窓を開けていても問題ないが、これから暑くなってクーラーを使ったりすると、どうしても部屋を閉め切る時もあるだろう。そうなっても、部屋がヤニまみれにならないよう、今のうちに空気清浄機を買っておいた。

購入以来、これの電源を入れて生活をしている。
仕事をするときは机の横に置いていて、タバコを吸い始めるとすぐに検知されて、空気清浄機が活発に動き始める(^_^) ちょっと動作音がうるさいけど、一生懸命空気をきれいにしていると思えば、我慢出来る。そしてタバコを吸うのを止めると、しばらくして静かになる(^_^)
持ち運びが容易なので、リビングで酒を飲んだりテレビを見たりするときは、ソファーの近くに置いていて、同じようにタバコに連動して働いてくれる(^_^;
ちゃんとタバコの煙を浄化していそうなので、なかなか良い買い物をしたと思う。これからも、活躍し続けることを期待。

-----
6月2日の運動記録+日記

ウォーク:21,721歩(6月累計34,534歩)

体温: 36.4℃ 体重: 61.2Kg

朝5時半から、旧太田川沿いを1時間ほどウォーキング。
午前中は自宅でテレワークし、昼休みに会社に移動して2時間ほど会議に出席した後、帰宅して再びテレワーク。仕事の後は広島駅近くのQBに行って散髪。

朝のウォーキングコースが決定!(^_^)

広島でも、川崎に住んでいたときと同様に会社に通勤するときは徒歩で、在宅勤務の日は朝に1時間ほどウォーキングを行うようにしている。そのため、広島の自宅近辺で1時間歩くコースを模索し続けていたが、ようやく先週に最適なコースを選定。既に4回歩いてみて、かなり気に入っている(^_^)
walking_course.jpg
自宅の近くには広島市内を流れる6本の川のうち、旧太田川と天満川がながれている。選んだコースは旧太田川沿いの北大橋と相生側を往復するというもの。道のりはずーっと平坦なので、かなりピッチを上げて歩くことも可能だ。
そのコースを写真で紹介。
歩き初めてすぐに三條橋から川沿いの道に入る。旧太田川沿いは右岸,左岸とも歩道が整備されていて、しかも多くの木が植えられているので、日差しが強い日でも快適♪
walking_start.jpg
しばらく歩くとが空鞘橋(そらざやばし)が見えてきて、この橋を通り過ぎて更に南下する。
walking_空鞘橋.jpg
そして折り返し地点の相生橋が見えてくる。(相生橋は米軍の原爆投下の目標地点だった)
walking_相生橋.jpg
相生橋を渡っている途中では、原爆ドームが見られる。ここまで歩くのに25分を要した。
walking_原爆ドーム.jpg
帰路は反対側(左岸)を北上し、スタート地点の三條橋を通り過ぎて、北大橋まで歩く。
walking_北大橋.jpg
北大橋を渡って再び右岸側に移動して南下、三條橋まで戻って自宅に帰宅すると、1時間弱のウォーキングは終了(^_^)
このコースは逆回りも可能で、先に北大橋まで北上してから、相生橋に向かっても良い。

ちなみに広島市内を流れる川の特徴は、川岸に数多くの"雁木"(がんぎ)があること。
walking_雁木.jpg
雁木とは水辺に昇降するため川の斜面に造られた階段状の港湾施設のことで、改めて広島が昔から川を使った交通が盛んだったことを知ることが出来る。

これからも雨が降らない平日の朝は、このウォーキングコースを歩き続けることになるだろう。川崎在住時は多摩川という巨大な河川敷を歩いていて、それなりに気に入っていたけど、広島の旧太田川沿いの方が遙かに歩きやすい(^_^) 近所で良いコースを見つけて、本当に良かった(^_^)
毎朝「世界遺産まで歩いている」というのも、何となく格好いいし(^_^;

とても面白かった韓ドラ「ヴィンチェンツォ」

先日見終わった韓ドラ「ヴィンチェンツォ」が、とっても面白かった\(^O^)/
私が最近見た韓ドラの中では、「愛の不時着」「梨泰院クラス」と同じくらい面白くて、この2作と同様に見始めたらハマってしまった(^_^;

「ヴィンチェンツォ」はこれまでの韓ドラと異なって、主人公が悪者であるということ。イタリアマフィアの顧問弁護士の主人公は、韓国に帰国して巨大な製薬会社と対立する。その製薬会社がとてつもなく悪質な企業で、司法や政治ともズブズブなので、悪いことをやりたい放題。そんな巨悪に対し、マフィア流で対峙する主人公の活躍が痛快で楽しい(^_^) 例えば、悪者企業や弁護士らが殺し屋を雇って、主人公らを殺そうとしたとき、躊躇することなく殺し屋達を返り討ちにやっつける。もちろん、その行為は完全に違法で、本来なら殺人罪や暴行罪に問われるものだけど、違法な相手に対峙するためには許容される(?)。それがこの作品の最大の魅力で、対抗する術を持たない庶民側に立って、悪に対して悪で立ち向かうから、胸がすく思いをすることがしばしば(^_^)
もう一つの魅力が笑えるシーンが豊富にあること。 シリアスなテーマが扱われていながら、主人公やその仲間との交流においては、結構コミカルな演出があっって、声を出して笑うこともしばしば(^_^)
ダークヒーローな主人公による勧善懲悪な活躍による爽快感と、笑いの要素がたっぷり詰まって、実に楽しいドラマだった(^_^)
この作品が世界的に大ヒットしているのも当然だ。

Netflixには韓ドラ作品は山ほどあるけど、時々このようなとてつもなく面白い作品が登場するのは凄い。日本も負けずに面白い作品を作って欲しいなぁと思う。

-----
5月31日の運動記録+日記

ウォーク:12,340歩(5月累計433,477歩)

体温: 36.5℃ 体重: 61.5Kg

久しぶりに朝から会社に通勤。午前中は会議に出席して、昼から初めて客先の常駐拠点を訪問。(意外と狭かった)
午後3時には自宅に戻ってテレワークし、夕方は近所のスーパーでお買い物。


やっぱり緊急事態延長か・・・(T_T)

先週の金曜日(5/28)、新型コロナ対策のための緊急事態宣言の延期が決まった(T_T) その夜は、いつものように管首相が記者会見を行ったので、久しぶりに生中継で会見を視聴したけど、相変わらずプロンプターの棒読みで、正面から国民に語りかけようとは全く思ってないような語り口調。見ているうちにだんだん腹が立ってきて、途中で視聴するのを止めた(^_^;

広島県のコロナ新規感染者の数は減ってきてはいるが、相変わらず病院はとても厳しい状況。コロナの感染者への対応に、ワクチンの接種業務も加わって、医療従事者の方々は忙しくて大変だと思う。改めて医療従事者に対して感謝したい。
医療への負担を軽減するためには、コロナに感染しないことに尽きるので、そのための緊急事態宣言の延期であれば、受け入れざるを得ない。本当に宣言延期に効果があるかは疑問だが・・・

当初の予定通りなら、宣言は今日で解除されて、明日(6/1)からは再び行きつけの居酒屋通いが出来る(^_^)はずだった。それをとても楽しみにしていたので、今回の延期はとても残念で悲しい(涙)。このまま6月20まで飲みに行けない日が続くのかなぁ...
ちなみに昨今の広島の新規感染者の状況は↓(広島県のWEBより引用)
hiroshima_corona.jpg
グラフを見る限り、ピークは越えて下降傾向にあるのは間違いない(^_^) この下りの角度が急になって、早期に2~30人程度になれば、前倒しの解除もあるかも?

-----
5月30日の運動記録+日記

ウォーク:16,975歩(5月累計421,137歩)

体温: 36.3℃ 体重: 61.6Kg

早朝5時から、旧太田川沿いを1時間ほどウォーキング。昼間は暑かったが、この時間は長袖が必要な涼しさだった。
8時半頃からは広島護国神社まで往復した後、買い物を済ませて帰宅。午後は競馬を楽しみながら、読書や空気清浄機のセットアップ。
なお、昼食はネギだけのネギ焼き, 夕食は豚肉の生姜焼きを作った。

東京優駿と目黒記念の予想

今日も頑張って重賞予想(^_^;

東京の芝2,400mで行われる3歳馬のG1競争「東京優駿(日本ダービー)」、先週オークスを勝ったM・デムーロの騎乗馬の人気が無いので、本命◎は⑮アドマイヤハダル。対抗○は毎日杯で最速で上がりながら、勝ち馬とクビ差の2着となった⑬グレートマジシャン。押さえ▲は人気の一角の牝馬⑯サトノレイナス。

東京の芝2,500mで行われる古馬ハンデ戦のG2競争「目黒記念」、このレースはトップハンデ馬が好走しているので、本命◎は斤量57.0Kgの①ムイトオブリガード。対抗○は昨年の2着馬なのに人気が無い⑨アイスバブルで、押さえ▲はこのコースを得意としている横典騎乗の⑫ダンスディライト。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

東京09R 3
中京09R 4
東京10R 10,11
中京10R 9,16
東京11R 15,13

-----
5月29日の運動記録+日記

ウォーク:21,109歩(5月累計404,162歩)

体温: 36.6℃ 体重: 61.1Kg

青天の朝、8時過ぎから旧太田川沿いを、1時間半かけて江波までウォーキング。
江波では江波皿山公園まで登った後、江波駅から市電に乗って横川に戻ってきた。
疲れ切ったので、午後はNetflix動画を見ながらゴロゴロ。

葵ステークスの予想

来週には場外馬券売り場(ウィンズ広島)で馬券買えるようになるかなぁと思っていたが、宣言延長のせいでまだ先になりそう・・・(T_T)
まぁ馬券はネットで買えるからいいけど(^_^) 今日もネットを使って、外れ馬券を買うことにするか(^_^;

今年は中京の芝1,200mで行われる3歳馬の重賞競走(グレードは未)の「葵ステークス」、本命◎は①リンゴアメで穴狙い(^_^) 函館2歳Sで勝利した後、距離延長したレースで惨敗が続いたが、マーガレットSでクビ差の4着と好走。改めて短距離適正を示したので、人気薄の今回は狙い目と見る。対抗○は人気だけど、応援している熊本産駒の②ヨカヨカ。押さえ▲はこのコースでの勝利経験があり、マーガレットSでも2着と好走した⑩ロングトレーン。

-----
5月28日の運動記録+日記

ウォーク:19,687歩(5月累計383,053歩)

体温: 36.5℃ 体重: 60.8Kg

朝5時45分から旧太田川沿いを原爆ドームまで往復し、更に上野学園近くまで往復して、計5Kmを歩いた。
仕事は午後3時で切り上げて、一番近いホームセンター(でも2Km離れてる)に行って買い物。
夜は料理はせずに、近所のスーパーで買った弁当で済ませた。

料理は楽しい♪けど・・・

ゴールデンウィークの連休中に料理に必要な道具や調味料などを買い揃えたので、連休明けから出来る限り自炊するように心懸けていて、今のところ週の半分以上は自分で作った料理を、夕食や昼食に取っている(^_^;
料理は神戸に住んでいたときにやっていたので、当時の勘を取り戻した今は包丁使いも慣れてきて、結構楽しいなぁ♪と思っているが・・・夕方以降の時間の使い方を変えられずに、作る料理の分野が限られてしまうのが問題となっている(^_^;

最近は緊急事態宣言のせいで、広島でも自宅でのテレワークが日常化した。テレワークの日の私の生活リズムは、早朝に1時間ほど歩いて、夕方までパソコンの前でお仕事、疲れた頭をリフレッシュするため仕事後に近所を30分くらい散歩する。そして、帰宅後はビールなどを飲みながら晩酌して、軽い夕食を取るというもの。川崎在住時の夕食は、ほとんど買って来た弁当や惣菜などだったので、このリズムで全く問題無し。
しかし夕食を作るとなると、晩酌前に料理の時間が必要になる。そのため、仕事の後に2~30分ほどかけて夕食を作ってから散歩に出かけ、帰宅後は晩酌->温め直した夕食とすることで、以前のリズムと同じにしている(^_^)  やはり日々の生活リズム,パターンというのは、慣れ親しんだものがいい。
ちなみに、今までに作ったカレーや肉じゃが,煮魚,麻婆豆腐などは、このリズムで十分美味しい料理を夕食とした。(翌日の昼も残った料理を、少しアレンジして食べることも。)

ところが、このパターンで作れる料理は煮込みや鍋料理のように、容易に温め直しが可能なものに限られる。炒め物や揚げ物は作ってすぐに食べないと美味しくないので、晩酌の後に料理すべきだろうが、既に軽く酔った状態で火を使うのは危険だ。よって、それらを夕食に作ることは諦めて、休日の昼食時に限定してたりする(^_^;
でも、夕食にも肉野菜炒めとか餃子とか食べたいなぁ。そうすると晩酌を諦めて、料理をあてに酒を飲むことにするか・・・でも毎日楽しみにしている晩酌の時間が短くなってしまうか。(料理食べた後は、さほど酒は飲めないだろうし)
というわけで、このまま限られた分野の料理でリズムを守るか、変化させようかという、どうでもいいことで悩み中(^_^;

<おまけ>
昨夜作ったのは安売りされていた豚肉の切り落としを使った"豚肉しぐれ煮"。豚肉と生姜を酒,醤油,みりんで煮詰めただけだが、お酒にピッタリ(^_^)。晩酌に続いて、これときゅうりの浅漬けあてに焼酎を楽しんで、少なめのご飯一杯で締めた。栄養は朝食と昼食で考慮しているので、夕食の栄養バランスは適当(^_^;
ryori_20210527.jpg

-----
5月27日の運動記録+日記

ウォーク:9,342歩(5月累計363,366歩)

体温: 36.6℃ 体重: 60.8Kg

朝から雨が降っていたので、ウォーキングはパスし、新たに買ったウォーキングマシンを使ってみた。
傾斜があるので、思っていたより筋肉への負荷が高くて、少し使っただけなのに軽い筋肉痛(^_^;
雨は午前中に上がったので、昼休みは近所のスーパーで買い物、夕方は近所を1時間ほど歩いた。



"健康増進型"の保険に切り替えた

私が加入している生命保険会社の住友生命の担当者から、健康増進型の保険への契約変更を勧められて、私向きの保険かも?と思ったので、勧められるままに契約している保険を切り替えた(^_^;
住生の健康増進型の生保の名前は"Vitality"という名前。契約者が健康状態の把握や、日々の健康状態の改善に努めると、その行動内容によってポイントが付与され、獲得したポイントによって月々に支払う保険料が変動するというもの。

健康状態の把握とは、健康診断やがん検診の受診などで、診断,受診した証明をVitalityのWEBサイトに登録すると、ポイントが貰える(^_^) 私の会社では必ず年に一回健康診断があるので、このポイントは毎年固定的に貰えるし、これからがん検診も積極的に受けようと思う。

健康状態の改善とは、簡単い言えば運動することで、運動した記録によってポイントが獲得出来る。例えば1日に1万2千歩以上歩くと60ポイント、1万歩なら40ポイントという感じ。身体に負荷をかけた運動だと、更にポイントが追加されて、心拍数が一定の値(私の場合は115bpm)を超えた状態が30分継続すると60ポイントを貰えたりする。また、先日参加したウォーキングイベント(VRWC)に参加すると、200ポイントを取得出来るし、住生が提携しているスポーツジムで運動することでもポイント獲得可だ。

ウォーキングが趣味の私としては、歩くだけで保険料が安くなるのだから、この保険は私向きだと思ったので、契約を切り替えた次第(^_^;
また、ポイントを効率的に獲得するために、GARMINのウェアブルウォッチも購入した。"Vitality"の加入者はGARMIN製品が4割引で買えるという特典もあったので(^_^) この保険契約によって、日々のウォーキングは半ば義務化されたような感じだけど、モチベーションの向上には良いかな。問題は心拍数で、115bpmを超えるためには、かなり早歩きをしなければならない・・・そのため、3日に1回くらいしかポイントを取得出来てない(T_T) もっと、毎日歩くピッチを上げなければ。
スポーツジムでの運動によってもポイントが貰えるので、近いうちに広島の適当なジムに契約して、定期的な筋トレを復活させるつもり。(川崎で通っていたコナミスポーツは広島には存在しない...)

運動することで保険料は安くなるけど、逆に運動しなかったり健診を受けなかったら、保険料は値上がりしてしまう。そうならないよう、これらからも日々の運動に励もう。

-----
5月26日の運動記録+日記

ウォーク:12,036歩(5月累計354,024歩)

体温: 36.7℃ 体重: 60.8Kg

早朝5時40分頃から、旧太田川沿いを原爆ドームまで往復し、更に北大橋まで往復し、ウォーキング時間が1時間を超えた。さほど疲労感が無かったので、このコースを定番化しようかな。
いつものように自宅で仕事を終えた後は、近所を軽く散歩して、夕食は麻婆豆腐作った。(2回目)