アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
酔いどれひぐりんブログ
ブログ紹介
川崎在住の筆者が日々のニュースで思ったことや、映画,読書の感想など日記的なものを毎日書いています。二日酔いの時は手抜きになることもあります...(^_^;
土日は競馬の予想と結果だけになることも(^_^;
なお、日々の運動記録と一行日記を綴った別館「酔いどれひぐりんの運動記録」も毎日更新中。
zoom RSS

映画「ミッション:インポッシブル フォールアウト」の感想

2018/08/20 05:57
夏休み最後の日はアクション映画でスカッとしようと思い、「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作を見に行ってきた(^_^) 今回のタイトルは「ミッション:インポッシブル フォールアウト(原題Mission: Impossible - Fallout)」。感想をひと言で言うと・・・「アクションてんこ盛りで最高に楽しかった\(^o^)/」

今回の作品はこれまでと異なり、前作(ローグ・ネイション)と監督が同じクリストファー・マッカリー。2作続けて監督が同じなのは初めてのこと。そのせいか?、ストーリーも前作からつながっていて、重複して登場する人物(レベッカ・ファーガソンとか)もいる。前作を見てないと分からないシーンも多いかも知れない。
新しい登場人物では何といってもスーパーマン!!!最新のスーパーマンでクラーク・ケントを演じてるヘンリー・カビルがトム・クルーズの仲間(?)として登場したから驚いた。2人が並んで立つと、カビルの方が背が高くて格好いい(^_^;
久しぶりにジュリア(ミシェル・モナハン)が登場したのも嬉しかったなぁ。

ストーリーの面白さは前作よりは劣るけど、ミッション・インポッシブルらしく映画を見ている人も騙すような「あっ!そうだったのか!」というエピソードもあったり、予想通りのどんでん返しがあったりで十分満足。
そして、毎回進化しているアクションは、今回も「ここまでやるか!」と思うシーンが山ほどあって、お腹いっぱいになるくらい(^_^; 56歳とは思えないトム・クルーズは相変わらず元気過ぎる。
ただし、ちょっと無駄に長いように思えるアクションもあったが・・・

今回も期待を裏切らない作品となっていて、とても楽しめた(^_^)
なお、前作を見てない人は、あらかじめ見てから本作を鑑賞することをお勧めする。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


北九州記念と札幌記念の予想

2018/08/19 06:45
今日も無謀な穴予想(^_^;

小倉の芝1,200mで行われる古馬ハンデ戦のG3競争「TV西日本北九州記念」、このレースで好走しているのは斤量52.0Kgの馬なので、該当するNナガラフラワーが本命。対抗はこのコースで好走するバクシンオー産駒のIグレイトチャーターで穴狙い。押さえ▲は昨年の覇者のBダイアナヘイロー。

札幌の芝2,000mで行われる古馬G2競争の「札幌記念」、本命◎は函館記念で本命視したLスズカデヴィアスにもう一度期待。対抗○は夏場にやたらと強いBアストラエンブレムで穴狙い。押さえ▲は今年の函館記念で2着に入ったHサクラアンプルール。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

新潟10R 2
札幌10R 7
小倉11R 15,10
新潟11R 2,13
札幌11R 13,3
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


靖国神社で参拝

2018/08/18 05:21
毎年8月15日に靖国神社に参拝に行っているが、今年は15日には帰省していたので、昨日(17日)靖国に行ってきた。朝8時に東京駅に行き、丸の内側から皇居の内堀へ。半袖では寒いくらい涼しくて心地良い気候の中、気持ち良く内堀を半周歩いて、北の丸公園を抜けて国技館の前を通って靖国神社に到着。所要時間40分のウォーキングはとても心地良く、疲れも感じなかったので、体調は完全に復活したと思う(^_^)
15日は早朝から混雑する靖国の境内は、昨日は閑散としていて、心穏やかに静かな気持ちになれる。もちろん参拝に並ぶことも無い。
画像

いつものように、先の大戦で亡くなった方々(多くが病死か餓死)に対し、慰霊の気持ちと、政治家に二度と戦争を起こさせない誓いを抱いて参拝。
国のために命を捧げた人々のおかげで、日本は戦後発展し続けたという人がいるが、私はそうは思わない。多くの戦死者は、当時の政府や軍幹部のバカな失政,作戦によって無駄死にさせられた人達だ。その無駄死にが無く生き残った方が、日本の戦後復興に大きく貢献したに違いないと思っている。

靖国に祀られている太平洋戦争の戦死者の多くは、日本から遠く離れた戦地で、補給を受けられずに餓死したり病死している。その死を迎えた方々はさぞかし無念だったろう。彼らに対し、どうか安らかにお眠り下さい、その思いを強くするのが毎年この時期の靖国参拝だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


書籍「日本の戦争」の感想

2018/08/17 05:35
毎年この時期には、太平洋戦争に関する書籍や映画に接している。
今年選んだのはジャーナリストの田原総一朗氏が書いた「日本の戦争」。
明治維新から日清,日露戦争、そして太平洋戦争に至るまで、その背景や原因などを著者が様々な学者に聞いたり、書籍を調べ事柄をまとめたものだ。新しい史実や解釈が書かれているわけではないが、これまで私の中で曖昧だった史実が明瞭になることが多く、とても勉強になった。

この本は各章のタイトルが全て漢字四文字となっていて、第一章から順に「富国強兵」「和魂洋才」「自由民権」「帝国主義」「昭和維新」「五族協和」「八紘一宇」と、これを見るだけで内容が想像できる秀逸なタイトル付け。
著者の田原総一朗氏は近現代史の専門家では無い。しかし、戦前に学校で受けた教育と、戦後に知らされた事実とのギャップに疑問を抱き、なぜ日本が愚かな戦争に突き進んでいったかについて、ジャーナリストらしい視点と行動力で調べた集大成となっている。そのため、専門家が書いた書籍よりも、素朴な疑問を解き明かしているのが特徴で、読んでいて目から鱗が落ちることもしばしば。
例えば「富国強兵」とか「和魂洋才」といった言葉を最初に使ったのは誰か?とか、なぜ二・二六以降に軍が暴走したのか?本当に暴走したのは軍だけか?天皇陛下も反対していた日米開戦を止められなかったのはなぜか?といった疑問に対し、しつこいくらい学者に尋ねたり書籍を調べて、それらを紹介している。話が脱線することもあって読みにくさを感じることもあったが、紹介された調査結果には説得力があって勉強になる。

この本を読んで私が最も印象に残ったのは"石原莞爾"という人物。今までは満州事変を首謀して、政府の意向に反して中国への侵略を進めた悪者という印象しか無かったけど、その後の盧溝橋事件や日中事変には反対し、日本の南進政策にも強く反対していたことを、恥ずかしながらこの本で初めて知った。
そのため東条英機とは対立して、軍から追放されたそうだが、もっと石原に力があれば歴史は変わっていたかも知れない。私は石原の思想は全く受け入れないが、ちょっと好感を抱いた。

私の現時点での認識は、日中戦争から太平洋戦争に至るまで、日本が愚かな失政を繰り返した責任は、多くのバカ参謀,アホ役人,ダメ政治家にある。(更に間違った方向に誘導したマスコミも)
本書でも、間違った根拠に基づく誤った判断を繰り返すバカどもや、優柔不断な政治家が数多く紹介される。これらは知る度に腹が立つ。その根幹にあるのが、日清・日露戦争の勝利にあったことを改めて認識させられた。

ある史実の背景には必ず歴史があり、その歴史を学ばないと、人間は同じ過ちを繰り返す。そういう思いを強くしたのも、読後の感想。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鹿児島から川崎に戻ってきた

2018/08/16 04:35
昨日は午前中は実家でゴロゴロして過ごし、午後から川崎への帰路についた。
お盆のUターンピークとなった8月15日の移動の記録。

ちょうど午後12時に実家に呼んだタクシーに乗って出水駅。飲み物やキャンディなどを買って、12時43分に空港行きのバスに乗車。搭乗する飛行機だと、もう1時間後のバスでも大丈夫だが、空港での混雑を予想して早めの便を利用。
バスは午後2時過ぎに鹿児島空港に到着。チェックイン手続きに行列に並ぶことを覚悟していたが・・・JALの自動チェックイン機の前は無人。全く待つことなく、いきなりチェックイン出来てしまった(^_^)
空港の2階に行って遅めの昼食はラーメン。鹿児島なので"ラーメン"とオーダすれば、当然豚骨ラーメンが出てくると思っていたけど、出されたのは塩ラーメンだった。メニューをよく見ると、別に"とんこつラーメン"というメニューがあった・・・ちょっとガッカリだったが、味はまぁまぁ美味で良しとしよう。
しばらくブラブラと混雑するお土産屋さんらを冷やかして保安検査。検査場が少ないので、ここでは大混雑しているだろうと思っていたが・・・列が無い(^_^; 全く待たないで、あっという間に検査を終えてしまった(^_^)
搭乗の1時間以上前に保安検査まで終わったので、暇をもてあましたけど、この時間から体調は悪化し始めて、微熱が出て身体はとてもしんどい状態に・・・あまり動き回ることなく待合のソファーで本など読んで過ごした。

飛行機は定刻通りに午後3時55分に搭乗手続きが開始。重い身体を引きずる感じで搭乗し、席に着いたらグッタリ。空港の都合で出発は30分近く遅れて、午後4時半前にようやく空の上。何もする気になれないので、ウォークマンで音楽を聴いて半分寝ながら機内を過ごし、飛行機は午後6時10分に羽田に到着。
体調は相変わらず酷く、熱っぽさでだるさを感じながら、京急に乗って川崎へ。ふらふらになりながら自宅に到着したのは午後7時過ぎだった。
すぐに実家に到着の一報を入れた後、薬局に行って適当な風邪薬を購入。ついでにコンビニに行って夕食を買って帰宅したが、食欲はゼロ。結局ビールを飲んだだけで就寝(^_^;
これほど体調悪く、疲れ切った帰省先からの戻りは初めてのこと。

薬のおかげか、今朝は熱は下がったようで、体調はかなり回復している(^_^)
このままの体調なら、今日は予定とおり靖国神社に行けるかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初盆の一日

2018/08/15 05:20
昨日は3月に他界した父の初盆で、午後からいろんなイベントがあった。そんな一日の日記。

朝はいつも通り4時に起床、ブログを書いたり本を読んだりした後、6時半に朝食。7時過ぎから山の中にある実家の周辺を1時間ほどウォーキング。暑かったけど、山の空気をいっぱい吸って気持ちよかった(^_^)
11時半頃からお客さんが次々に訪れてきて、軽食をとりながら談笑して過ごしているうちに、午後1時20分にお坊さんが到着。お経は10分ほどで済み、説教も短かくて良かった良かった(^_^)

お坊さんが帰ってからは、仕出しの弁当を食べながら、一部の大人たち(私も)は焼酎をたっぷり飲んで宴会気分(^_^; 宴は午後4時頃に散会、後片付けとちょっと間の休憩をして、午後6時前に納骨堂に出発。
私の田舎の風習で、初盆を迎えた遺族は納骨堂にお参りに来た人々に対し、その近くでお茶やお酒をふるまわなければならない。時間は午後6時から8時と決まっていて、その間は納骨堂の前のブルーシートに座った。ちなみに、今年は実家の部落で初盆を迎えたのは5件、ちょっとしたバザーのような雰囲気だった。
時々訪れる人たちに応対したけど、ほとんどの時間はビールを飲みながら叔母や従兄弟との雑談で過ごし(^_^;2時間のお勤めを無事に終了し、午後8時すぎに帰宅。

昼間の弁当の残りをあてに、焼酎を飲みなおして、午後9時には就寝。
初めてホストとして迎えた初盆の一日は無難に終えることが出来た。
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7年ぶりの盆の帰省

2018/08/14 05:17
昨日は帰省のため鹿児島の実家に移動。このブログは実家で書いている。
近年は帰省は年末年始だけだったので、お盆の時期に帰省するのは7年振り。今回の帰省の目的は今年の3月に他界した父の初盆で、今日の午後にお坊さんが経を上げにやってくる。

以下、昨日の行動記録。
朝5時半に自宅を出発。京急川崎から電車に乗って、6時前に羽田空港に到着。すでにJALのチェックインカウンターには長い列が出来ていて、15分ほど並んでようやくチェックイン。保安検査にも列は出来ていたけど、意外と短かったので、さほど待つことなく通過。やっぱり国内線の搭乗手続きは楽だなぁ(^_^)
朝食はどこで取ろうかなぁとあちこち散策したが、あまり良さそうな店が見つからなかったので、売店で好物の"万かつサンド"を購入して、待合のソファで食べた(^_^) この時点で時刻は7時。
スマホのゲームをしたり、羽田のゲート内の喫煙所がいつの間にか削減されていて、ちょっと遠くの喫煙所まで行ったり来たりしながらしているうちに、7時50分に定刻通り搭乗手続き開始。
飛行機は9時45分に鹿児島空港に到着。鹿児島はさすがに暑かった!
10時20分のバスに乗って、出水駅に到着したのは11時35分。駅の構内にある食堂で、以前から気になっていた"出水ちゃんぽん"を食してみた。
画像

出水市は養鶏が盛んで、鶏肉と卵を使った料理で町おこしを行っている。これには、鶏のから揚げと煮込んだ手羽とゆで卵がトッピングされてるので”出水”を冠したちゃんぽんとしているのだろう。
トッピングされた鶏肉は実に美味で、野菜は”これでもか!”というほどたくさん入っていて、ボリュームは満点。スープや麺は普通のちゃんぽんと同じで可もなく不可もなくという感じ。全部食べ切るのにちょっと苦労したけど、全体として満足感は高かった。ちなみに価格は890円。

出水駅からタクシーに乗って午後1時前に実家に到着。
やることは全くないので、高校野球などを見ながらビールを飲んで、のんびりと過ごして、夕食後はしっかり焼酎を飲んで、午後9時前には就寝(^_^;

今日は台風15号が鹿児島に接近するようだ。一雨降って、この猛暑が少しでも緩和したらいいなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「カメラを止めるな!」の感想

2018/08/13 04:37
全く無名の監督,俳優で作られた低予算映画ながら、口コミの評判が凄まじく良く、ラジオの映画評でもべた褒めされていた映画「カメラを止めるな!」。無性に気になるので見に行ってきた(^_^; ちなみに川崎ではチネチッタで公開されている。
感想をひと言で言うと・・・「もの凄く面白かった!近年の実写邦画では最高傑作だぁ!」

ゾンビ映画を撮影中に本物のゾンビが現れて、次々に人々を襲い始める。というワンカット撮影された37分のショートムービーが冒頭から何の説明もなく始まる。これの質は決して高くはなく、突っ込みどころ一杯で、ちょっと見ていてイライラしたが、このムービーが終わってからの展開は見事としか言いようがない。
どう展開するかは、とても書きたいけど、ネタバレになるのでここでは書かない。この映画の感想をネタバレなしでSNSやブログに書いている人の葛藤や苦悩がよく分かる(^_^;
それは「この手があったか!」と思うような進行で、とてつもなく楽しくて、よく練られた脚本の構成も素晴らしい。無名の俳優陣の演技も見事だ。
大笑いシーンも多く、劇場では笑い声が多く聞かれた。一方、ちょっとホロッとする感動的なシーンもあって、最後まで全く飽きることなく、あっという間にエンディングを迎えた。その作中からは、作者の映画に対する強い愛情も感じられた。

こんな傑作映画が低予算で作られたことに驚いたし、それが口コミによって公開される劇場が増えて、ヒットしていることは素晴らしいこと。口コミの拡散はネットのおかげだろう。
この作品を見た多くの人が言っていることを私も言いたい。「とにかく劇場で一回見てみろ!絶対面白いから!」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


関屋記念とエルムSの予想

2018/08/12 05:40
今日も苦手な夏競馬を適当に予想(^_^;

新潟の芝マイルで行われる古馬G3競争の「関屋記念」、本命◎は昨年同コースで行われた新潟2歳Sを制したAフロンティア。対抗○は逃げ切り期待でDショウナンアンセムで、押さえ▲も昨年同様に前で残って欲しいLウインガニオン。

札幌のダート1,700mで行われる古馬G3競争「エルムステークス」、本命◎は@リッカルド。地方転厩後は無敵の4連勝を飾り、帝王賞でも4着と好走、このレースを制した一昨年の強さが戻って来たとみる。対抗は今年の地方交流重賞を2勝しているCアンジュデジールで、押さえ▲は人気だけど外せないBミツバ。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

小倉10R 11
新潟10R 3
札幌11R 1,4
小倉11R 2,3
新潟11R 2,5
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


映画「オーシャンズ8」の感想

2018/08/11 05:29
好きな「オーシャンズ」シリーズの最新作が公開されたので、さっそく見に行ってきた(^_^) 見に行った川崎の映画館(109シネマズ)は、平日の朝一の上映にもかかわらず、7割ほどの客入り。私同様に夏休みに入っている人は多いみたい。今回のオーシャンズのタイトルは「オーシャンズ8(原題Ocean's Eight)」で、メンバは全て女性!ジョージ・クルーニーもブラッド・ピットも出ないオーシャンズって何だ?と思ったけど、これは立派なオーシャンズだった(^_^)
その感想をひと言でいうと・・・「最高に楽しかった!そして華麗だった!\(^o^)/」

冒頭はダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)の妹のデビ・オーシャン(サンドラ・ブロック)が刑務所から仮釈放されるシーンから始まる。これがオーシャンズ11と良く似た構図や会話で、思わずにんまり(^_^) そこから犯罪計画のために仲間を集め始めるところも同様で、オーシャンズらしい展開に安心感を得ながら楽しんだ。美しいサンドラ・ブロックが集める仲間はケイト・ブランシェット(格好いい!)、ヘレナ・ボナム・カーター(相変わらず変人ぶりが楽しい!)、そして天才ハッカー役にまさかの歌姫リアーナ(Rihanna/グラミー歌手)!そして超豪華な宝石を狙われる女優を演じてるのがアン・ハサウェイ!(見事な演技!)などなど豪華なところもオーシャンズだ(^_^)
その仲間集めは、あの手この手で実に楽しく、集まってから宝石奪取の計画を進める展開も見事で面白かった。
そして、終盤の豪華なセレブなパーティと、その裏で練られた計画が着実に進行していくシーンは、どちらもとても美しくて華麗でうっとり(^_^; 幸せな気持ちでエンディングを迎えた(^_^)

派手なアクションや殺傷シーンは全く無く、優れた頭脳と行動力とチームワークで、とてつもない犯罪を成し遂げるというオーシャンズシリーズを完全に踏襲しているだけでなく、更に進化させたような印象を受けた。また、このシリーズは男性チームよりもむしろ女性チームの方が向いているかも?とも思った。見た目にも実に楽しいし。

本作はオーシャンズシリーズが好きな人は必見!未見の人でも、何も考えずに楽しめる最高の娯楽作品。男よりも女性が見た方が楽しめるかも?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日から10連休(^_^)

2018/08/10 06:06
今日から来週の日曜日まで10日間の夏休み♪
今年の夏休みは、7年ぶりにお盆の時期に鹿児島の実家に帰省する。理由は3月に亡くなった父の初盆。田舎では初盆は大きなイベントで、そこに長男の私が不在というわけにはいかないので。
既に鹿児島との往復航空券は購入済み(約8万円!)、台風14号の動きが心配だけど、たぶん大丈夫だろう。帰省中は実家からブログを更新するつもり。
連休の真ん中に盆があるので、その前後は川崎の自宅近辺で過ごすことになると思う(^_^; 暑くなる予報の今日は涼しい映画館をはしご(^_^; 久しぶりに1日に2作品を鑑賞予定。
明日からの土日は中央競馬と高校野球を楽しみながら、たっぷりと読書をして過ごしたい。
帰省先から戻ってから終盤の連休は何をしようかなぁ。今のところ、今年の春に再開館した神奈川歴史博物館や、都内の博物館,美術館巡りをしたいと思っているけど、他にちょっとした日帰り旅行もいいかも?

せっかくの10連休なので無駄に過ごさないぞ!という気持ちは抱かず、自然体でやりたいことをしながら、まったりと過ごしたいと思う(^_^;

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


台風13号(SHANSHAN)がやって来た

2018/08/09 06:00
昨日から強い台風13号(SHANSHAN/サンサン)が関東に接近してきて、夜中のうちに首都圏に最接近してから、今は銚子の右側を進行中。しかし、まだ川崎では時々強い風が吹いていて、もしかしたら通勤時間帯に間欠的な遅延が発生するかも。まぁ、台風接近前から言われていたほど、影響は少ないとは思うけど。

川崎では台風が近付き始めた一昨日の午後から、雨が降ったり強風が吹いたりした。おかげで、気温は下がって秋のような涼しさを感じられたが(^_^) 昨日は朝から雨と風の強さが増して、首都圏では早めの帰宅を促す会社が多かった模様。私も電車が止まると嫌なので早めに帰宅したけど、台風が右(東)側に向かったおかげで、首都圏の鉄道網の影響は微少で済んで、南武線が止まることは無かった。
今回の台風の速度が遅いため、雨が多いことも心配された。しかし、時間あたりの降水量はせいぜい5mm程度だったので、雨の影響も無し。関東直撃で大きな被害が発生するかも?と恐れられた台風だったが、幸いなことに首都圏の被害はほとんど無くて、まずはひと安心。

ちょっと心配なのは台風14号(YAGI/ヤギ)。予報では12日の未明に九州の南に最接近して、そのまま中国大陸に向かうと見られているが、予想より速度が遅くなったら、13日の午前中に九州最接近となる可能性もある。となると、鹿児島空港を発着する飛行機は運休となる。すると、13日の朝に飛行機で鹿児島に向かう予定の私は・・・
そうならないことを祈ろう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「熱中カリカリ梅」は旨い!

2018/08/08 06:17
先日TBSラジオの「久米宏ラジオなんですけど」で、群馬県の"赤城フーズ"という会社の社長(元タカラジェンヌ!)がゲストとして登場し、社長の半生や赤城フーズの売れ筋商品の"カリカリ梅"が紹介された。
それを聞いていて、無性に同社のカリカリ梅が食べたくなったので、通販で購入した(^_^; 約2,000円で買った大袋の中には↓のような大玉のカリカリ梅が50個入っている(^_^)
画像

先のラジオ番組によると、カリカリ梅という製品を初めて作ったのは赤城フーズだそうで、青梅にカルシウムを漬け込むことでカリカリした梅になることを発見し、昭和46年に日本で初めてカリカリ梅として販売したとのこと。
その元祖カリカリ梅の塩分を濃くしたものが、今回購入した「熱中カリカリ梅」。

食べて見ると、口の中に梅の香りとちょっと濃いめの塩気が広がって、とても美味しい\(^o^)/
カリカリした梅の歯ごたえも楽しいし、大粒なので一粒で美味を楽しむ時間が長いのも嬉しい(^_^) 酸っぱさはほとんどなく、むしろ甘みに近い味があるのも不思議で楽しい。
これは今年のような酷暑にはピッタリの食品だ。猛烈に暑い中をウォーキングしているときなど、これはもっと美味しく感じるに違いない。(実際、外で働く職人達にも大受けしているとも聞く。)

昨日,今日は台風の影響で秋のような涼しさだけど、また猛暑はやってくる。これを持って外に出るのが楽しみ♪
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


東京五輪のためにサマータイム?

2018/08/07 06:01
一報を聞いたとき"本当かよ?"と思った。
昨日の産経新聞が「酷暑対策でサマータイム導入へ 秋の臨時国会で議員立法」という記事を報じた。それによると、東京五輪の酷暑対策のため、6〜8月の時間を2時間繰り上げるサマータイムを導入するための本格検討入ったとのこと。まずは来年に試験的に導入して、五輪が行われる再来年に導入。サマータイムが行われるのは2年限定とも。
サマータイムの期間限定実施は、森喜朗が首相に要請したことは知っていたけど、本気で検討が始まることに驚いた。議員立法でも与党が賛成すると、ほぼ間違いなくサマータイムが導入されることになるが・・・
この観測気球のような報道を受けて、さっそく様々なメディアが批判していて、政府は火消しに躍起になっているのが昨日の動き。

サマータイムには私は賛成も反対もしないが、2時間というのは乱暴過ぎるなぁ。朝9時始業の会社は7時始業となり、比較的涼しい時間に通勤することになるけど、夕方の5時が定時だと、最も暑い3時に帰宅することになるぞ。私は夜10時〜11時に就寝し、4時に起きる習慣なので、2時間繰り上げだと夜8時に寝て午前2時に起きることになる(^_^;
もちろん、ありとあらゆるコンピュータシステムには、それなりの改修が必要になるので、何らかの不具合が起きても不思議じゃない。ただし、ワールドワイドに対応しているパソコンはスマホは、ちょっとした更新だけで済むと思う。

それにしても"東京五輪のため"という錦の御旗の元に、政府や組織委員会はやりたい放題だ。既にいろんな休日を移動して、開会式と閉会式の前後を連休にすることは決まっているし、大会期間中は"出来る限り首都圏への通勤は控えるようにと大企業に要請してたり、道路の混雑回避のために"ネット通販使うな"とも言い始めてる。
たかがオリンピックのために、そこまでやる必要があるのか?と思うが、とんでもないことでも実施されてしまうのが怖い・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「インクレディブル・ファミリー」の感想

2018/08/06 06:22
素晴らしい作品がたくさんあるPixarのアニメ作品の中で、私が最も好きな作品の一つが「Mr.インクレディブル」。他の作品と違って続編が出ないことを残念に思っていたが・・・14年経ってようやく続編が公開された\(^o^)/タイトルは日本では「インクレディブル・ファミリー」となっているけど原題は「Incredibles 2」で、ちゃんと前作の続編であることを表している。(ちなみにincredibleとは、信じられないくらい凄い!という意味)
もちろん、さっそく近所の映画館(109シネマズ)に見に行ってきた(^_^) 館内は親子連れが多くて、おっさん一人出見るのはちょっと恥ずかしかったけど(^_^;
感想をひと言で言うと・・・「最高に面白かった!\(^o^)/」

前作から14年も経つのに、冒頭は前作のエンディング直前からの続きとなっているのが嬉しい。前作でスーパーヒーロー家族が団結して敵をやっつけた直後、新たな敵との戦闘が始まり、いきなり激しいアクションシーンの連続(^_^) いきなり作品の世界に戻ってきたような感じだ。
前作での活躍があっても、本作でもまだヒーロー活動が禁止されている中、家族には不満が蓄積し険悪になるが、そこに救いの手を伸ばす組織が現れる。この組織を信じて活躍するイラスティガールが最高に格好いい!胸がすくような活躍に拍手喝采!そして家事や子育てに悪戦苦闘するボブ(Mr.インクレディブル)の姿は、ほほえましくて楽しい(^_^) スーパーベビーのジャックジャックも可愛くて怖くて愉快だった(^_^) 今回は前作以上に家族に焦点を当てているので、共感する人も多いのでは?
中盤まで、このままだと単純なサクセスストーリーになるのか?と、ちょっと不安になったけど心配無用だった。物語には嬉しいどんでん返しが待っていて、終盤は家族が団結して大活躍(^_^)

本作は非の打ち所がない最高傑作で、近年見たアメリカのアニメ映画の中でも、屈指の出来映えだと思う。久しぶりにPixarの力を思い知らされ、とても嬉しく、そして実に楽しい思いをさせて貰った(^_^)
多くの人がこれを視聴して、日本でも大ヒットしてくれたら嬉しいなぁ。
なお、前作を未見でも楽しめると思うけど、見に行く前に前作を見ることを強くお勧めしたい。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レパードSと小倉記念の予想

2018/08/05 06:27
今週末から始まる夏休みの小遣い稼ぎが出来ればいいなぁと思いながら、今日も無謀な重賞予想(^_^;

新潟のダート1,800mで行われる3歳馬のG3競争「レパードステークス」、本命◎は出走馬の中で唯一このコースでの経験があるJビッグスモーキー。対抗○はこのコース得意の戸崎騎乗のDアドマイヤビクターで、押さえ▲は人気だけど外せないMグレートタイム。

小倉の芝2,000mで行われる古馬ハンデ戦のG3競争「小倉記念」、本命◎は人気薄で今年の七夕賞を制したGメドウラーク。今回も人気が無いので波乱の主役になって欲しい(^_^) 対抗○は七夕賞では2番人気に推されながらも6着と惨敗して、人気を落としているAレイホーロマンス。押さえ▲は人気だけど今年の小倉大賞典で圧勝したJトリオンフ。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

小倉10R 1
新潟10R 11
札幌11R 2,3
小倉11R 8,2
新潟11R 11,5
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


"す"が入った酎ハイは旨い(^_^)

2018/08/04 07:00
近年は健康のために"す"(酢)を、そのまま飲む人が多いらしい。果実酢を使った飲みやすい飲料も数多く発売されていて、"飲む酢"を専門に扱ったお店もある。
その"す"が入った缶チューハイが発売されていることを知り、購入して飲んでみたら、意外と旨かった(^_^)
画像

※写真はAmazonから引用
これはサッポロが今年の4月から発売している「りらくす」という名前のチューハイ。写真にあるレモン風味の商品には、レモン酢(レモンビネガー)が入っていて、他にリンゴ酢が入ったものと、ぶどう酢が入ったものがラインナップされている。
レモン味のチューハイは、思っていたより酸味が少なくて、サッパリしてとても飲みやすい(^_^) レモンの味は若干薄く感じるが、後味はスッキリしていてなかなか美味。しかもアルコール度数が8%というのが嬉しい(^_^)
ちなみに、アップルとぶどうの味も試してみたけど、どちらもちょっと私には甘過ぎに感じて、このレモンが一番旨い。

サッポロの広報によると、この商品のメインターゲットは女性らしい(^_^; 家事や仕事を終えた後、リラックス出来るアルコール飲料として開発し、女性好みの缶のデザインにしたそうな。
しかし、これを女性だけに飲ませるのはもったいない。健康に良い酢が入ったチューハイを飲みたいおっさん(私も含む)もいるはずだ(^_^; 最近かなり充実してきた缶チューハイ商品の中で、また私好みのチューハイが見つかって楽しい(^_^)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏風邪?でダウン

2018/08/03 05:47
8月に入り、所属会社に復帰して、8月1日は久しぶりに朝から徒歩通勤。しかし、仕事をしているうちに喉の痛みと咳が出るようになった。その翌日の昨日、朝食をとってしばらくして出社しようと思ったが・・・どうも微熱があるようで、身体が重い。しかも咳も出るし喉の痛みも再発(T_T) これは無理して会社に行くと悪化する可能性大と思い、会社に連絡を取って休暇を取得した。

このような夏風邪の症状になったのは、今週で2回目のこと。月曜日もしんどかったけど、丸の内での勤務が残り2日となっていたので、気合いで乗り切った(^_^; 昨日も仕事はやることが多かったが、ここで悪化して長引いてはいけないと思い、休暇を決断した。

休暇とした昨日は、昼食時以外は外に出ることもなく、自宅でビデオを見たり寝たりして、しっかりと静養。昼食時に購入した風邪薬も効いて、症状が悪化することは無く、夕方にはほぼ復活した(^_^)
今朝もまだ喉の痛みはあるけど、熱は下がったので体調はかなり楽になった。今日はちゃんと会社に行けるだろう。
私は夏バテになることは無く、暑くても食欲が衰えたりすることも皆無。しかし、クーラーが効きすぎる電車や会社のオフィスが苦手で、それが外の気温とのギャップが大きすぎるために体調を崩し、夏に風邪に似た症状が出ることが時々ある。今回もたぶん同様で、早めに手当すれば直ぐに回復するのは承知。

これからも油断することなく、クーラーが効きすぎる場所では、長袖のシャツで過ごすようする等、注意し続けなければ。(ちなみに私は半袖のワイシャツは持ってない。夏のオフィスでも基本的に長袖で、外を歩くときだけ袖を上げてる)


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


やっぱり暑かった7月

2018/08/02 05:41
気象庁が7月は異常な暑さだったと発表した。東京だけで96人もの人が熱中症で亡くなり、もはや災害と言える猛暑となった7月の気温を調べてみた。
今年の7月の東京都心(北の丸公園)の平均気温は28.3℃,最低の平均が25.0℃,最高の平均が32.7℃。何れの値も平年(1981〜2010年)と比べると3℃〜4℃ほど高く、過去最高を記録した\(^o^)/ 最高気温が30℃を超える真夏日の数は、平年だと9日だけど、今年は何と26日で3倍!30℃以下だった日はたったの5日しかなかった。更に35℃超えの猛暑日は平年だと一日も無いのに、今年は5日もあった。これらのデータを見るだけでも、今年の7月は猛烈に暑かったことがよく分かる。

しかし、これが去年と比べると意外と差が小さい。去年の7月の平均と比べると、去年も最高気温の平均は31.8℃で、今年と1℃しか違わないし、真夏日の数は26日で今年と同じ。でも、去年は猛暑感は無かったなぁと思う理由は、猛暑日の数かも?去年の7月は猛暑日となったのは、たったの1日なので、今年の5分の1。去年も暑い日が続いた7月だったけど、今年のように猛烈に暑い!という日は少なかったようだ。

平年と比べるととんでもなく暑かったけど、去年との差はさほどで無いということは、この暑さが当たり前になってきたのかも?今年はまだ7月が終わったばかり、例年だと最も暑くなるのは8月なので、これからも暑い日は多くなるだろうなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


糖尿病は横ばい

2018/08/01 05:56
昨日は丸の内での最後の勤務だったが、午後3時で退社させてもらい、かかりつけの病院に通院して糖尿病の定期検査。前回の検査(6/26)の翌日のブログに「次の検査でも更なる改善が期待出来る」と書いたけど、残念ながら前回と全く変わらず、横ばいとなってしまった(T_T)
糖尿病の判断基準となるHbA1cの値(基準値4.6〜6.2)、今回の計測値は前回と同じ6.9。一方、7月になって丸の内オフィスで高カロリーの昼食を取り続けたので、心配だった随時血糖値は116(基準値70〜110)で、ほぼ基準値だったのでひと安心(^_^)

前回は前々回から一気に0.4も改善したHbA1c、夏場は下がる傾向にあるので、今回も改善することは間違いないと思っていたのに、横ばいとなった原因は何だろう?HbA1cの値は、1〜2ヶ月前の生活習慣や運動量などが反映されるので、今回の計測値は5〜6月が対象。5,6月とも歩いた歩数は50万歩ほどなので、運動量は十分だ。しかし5月も6月も大連に1週間近く出張していて、滞在中は結構飲み食いしたので(^_^;、それが糖尿に悪かったか?

横ばいとはいえ、HbA1cが6%台だと合併症の心配は全くなく、引き続き食事制限を受けることも無し。低め安定ということで喜んでもいいかも(^_^; 血糖値も低下しているので、次こそは間違いなく改善して基準値に近付くはず。そう信じて、猛暑の中でも運動量を減らさないように努めよう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

酔いどれひぐりんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる