敦賀原発に関する読売,朝日の社説

これほど新聞の主張が明確に分かれるのも珍しい(^_^)

原子力規制委員会(の専門部会)が敦賀原発2号機の真下に活断層があると結論を出した。これに対して朝日新聞は社説で「敦賀原発ー退場勧告は当たり前だ」というタイトルで、専門委員会の議論の進め方は妥当で結論を支持、そして敦賀原発は廃炉すべきだと主張している。
一方、日本で最も支持されている新聞で自民党の広報誌でもある読売新聞は、「敦賀原発 活断層との結論は拙速だ」というタイトルで、冒頭で「科学的に十分根拠のある結論と言えるのか。極めて疑問である。」と書いてから、活断層と判定することを疑問視している専門家の意見を多数書いている。そして日本原電の調査を待って結論を出せと主張している。
(ちなみに福島事故のときの東電会長が取締役を務める日本原電は、活断層という結論に猛反発して抗議文を出している。)

このまま敦賀2号機が廃炉になっては自民党の立場がないだろうから、これから安倍内閣を筆頭に巻き返しを図るだろう。また自民党は稼働していない原発を"再稼働"させるための議員連盟を発足し、原子力規制委員会に圧力をかけ始めた。
規制委員会が言うことを聞かなかったら、「活断層の真上でも耐震工事を行えば、原発は動かしてもいい」というルールを作るかも知れない。

もし原発が稼働しているときに真下で活断層が激しく動いた場合、敦賀どころか関西エリアまで被災する可能性がある。だからわずかでも活断層の可能性があり、それを否定する証拠が示されない限り、その上にある原子炉の廃炉は当然。
よって私は朝日新聞の主張に同意し、読売の主張には反対だ。
総選挙で原発推進すべし!と意思表示をした日本国民は、朝日と読売のどっちに賛同する人が多いのだろう?

<今日の川柳>

原子炉が 揺れて壊れて さぁ大変

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック