がんばれ朝日新聞

最初に断っておくけど、私は朝日新聞は好きじゃないし、購読したこともない。慰安婦報道の遅すぎる訂正や元NHK記者のコラム掲載拒否、そして吉田調書の誤報は、いずれも許しがたい大問題と思っている。
しかし、あえて言いたい「頑張れ朝日新聞!」

朝日新聞は今の自民党政権に批判的(と言っても物足りないが)なメディアでは最大手だ。朝日新聞までが安倍政権の意のままの報道しかしなくなったら、政府はますます傲慢になるだろう。それは決して我々国民にとっては良いこととは思えない。だから、今回の一連の不祥事には、きっちりとケリを付けて、一からやり直すつもりで立ち直って欲しいと切に願う。

ようやく公開された吉田調書に関するこれまでの流れを、私なりに推察しながら振り返ってみる。
朝日は非公開だった政府事故調の吉田調書を単独で入手。たぶん、これは調書作成時に与党だった民主党の誰かからこっそり貰ったのだろう。それを紙面で報じると、政府とその広報機関(読売,産経)は「本人が拒否しているのに開示するのはけしからん!」と朝日を攻撃。そして朝日が慰安婦報道で叩かれていると見ると、朝日を煙たく思っている安倍政権は、吉田調書を広報紙(読売,産経新聞)にだけ開示して、朝日を攻撃させた。そして、みんなに開示する段階では朝日が謝罪しないといけない状況を作った。
もちろん、非はどうしようもない朝日新聞にあるが、このような政府+メディアによるメディア攻撃には、問題があると思う。多くの週刊誌や産経,読売は、相変わらず激しく朝日を攻撃し続けているが、それで得するのは政府だけだろう。もちろん攻撃側は、安倍政権のためになると思って報じているのだろうが・・・

開示された吉田調書の最大のポイントは、吉田所長が福島第一に10mの津波が来る可能性があることを知っていながら、費用の問題を理由に何の対策も打たなかったことを、自らの言葉で認めていることと思う。これはもっと大きく問題視して報じられるべきと思うが?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック