「九州北部豪雨チャリティ公演」に行ってきた

九州北部を襲った大雨による被害の復旧を支援するために、急きょ開催されたチャリティ公演が7月25日に行われることをFacebookで知り、昨日会社を少し早上がりして行ってきた。とても素晴らしい公演だった!
画像

公演が行われたのは新宿の牛込の住宅街に位置する「加賀町ホール」(旧トモノホール)、ホールとは言っても3階建てのマンションの3階にある小さな多目的ホール。外からはホールに見えないので、最初は気付かずに通り過ぎてしまった(^_^; 150人ほどの満席となった客席と演奏者の距離はとても近く、親近感を感じるアットホームなコンサートを堪能出来た。

このチャリティ公演を主催した(?)日本舞踊家の梅川壱ノ介さんの挨拶の後、さっそく同氏による舞踊が披露された。プロの日本舞踊を見たのは初めての経験だったが、流れるような動きと静と動のメリハリ、そして身体の中心線が全くぶれない見事な舞踊に感動。続いてヴァイオリン,フルート,ピアノの奏者が登場し、ビートルズの"IN MY LIFE"を演奏、何とその生演奏に合わせて舞踊が行われて、もの凄い違和感を感じながらも、これも素晴らしかった。ちなみに昨日登場したヴァイオリン,ピアノ,フルート,ギターの奏者は、みんなソロで活躍するプロ。どの演奏も素晴らしいとしか言いようがなく、こんな演奏を間近で聴けて凄く感動した。

演奏されたドビュッシーの小組曲はピアノの連弾曲。初めて生で聞いた連弾による演奏は、音域が広くて力強くて感動。ギターとフルートという変わった組み合わせによるタンゴはリズムが楽しく、これも初めて聴いたJ・アクロンの楽曲のヴァイオリン演奏には思わずうっとり。松田美緒さんの歌声も素晴らしかった。
他の全ての演奏が素敵で見事で、合間の曲紹介やトークもとても楽しかった(^_^)
チャリティということで、入場時には入場料として2,000円を払ったけど、とてもこんな金額では聴けないほどの体験が出来たので、帰るときは募金箱に更に3,000円を入れた。(これでも安すぎるくらいだけど...)

今回集まったお金は大分県日田市の復興のために寄付されるそうだ。このお金が少しでも被災地の役に立って欲しいと思うとともに、こんな素敵なチャリティ公演を行って頂いた方々に深く感謝したい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック