消滅した原発輸出

日立製作所が昨日、イギリスで作ろうとしていた3兆円規模の原発の計画を凍結した。
報道では原発の輸出は「安倍政権が成長戦略の柱」と位置づけられているらしいが、これで日本企業による原発の輸出はほぼ消滅したことになる。しかし現政権の"柱"が無くなったことが、あまり大きなニュースになっていないような気がする。
東電の福島原発の事故が起きてから、日本政府や原発企業(日立,三菱,東芝)は輸出に力を入れてきた。"外交の安倍"と言われる(私は全くそう思わない)首相は、それを後押しするようにあちこちでトップセールスをやってたように記憶しているが・・・アメリカでは東芝の原発子会社が破綻、台湾でも早々に原発建設が凍結。ベトナムでは日本政府と原発建設で合意したのに、その後計画は中止。リトアニアでは原発建設が国民投票で否決されて、そして今回はイギリスでの計画が凍結。残っているのは三菱が計画しているトルコでの原発だが、これもトルコ政府との交渉が難航しているそうだ。だから、日本による原発の輸出は事実上消滅したと言えるだろう。

もう原発で稼ぐのは、海外でも日本でも無理!ということなので、政府や原発企業は方針を大きく転換せざるを得ないと思うが・・・経団連のトップは"どんどん再稼働すべき"と言い始めて、海外で稼げなくなった分を日本で賄おうとしているのか?
原発を100%安全で動かすことは不可能だし、狭い日本で事故発生時の避難計画を策定するのも極めて困難。それなのに、まだ原発にこだわる政府,企業の姿勢に強い疑問を感じる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック