祝!「スタンバイ!」が放送人GP優秀賞を受賞(^_^)

昨日は朝から嬉しいニュースが聞けた(^_^)

私が毎朝欠かさず聴いている(去年の今頃3回大連に行ったときもネットで聴いていた)TBSラジオの「森本毅郎 スタンバイ!」、昨日の放送でこの番組が「放送人グランプリ」の優秀賞を受賞したことが報告された\(^o^)/
放送人グランプリとは、放送に関わったことがある人々、つまり放送のプロのOB達が、毎年放送された番組から優れた番組や番組関係者を表彰するもの。
過去にはTBSテレビの「サンデーモーニング」や、ラジオでは放送50年を過ぎた「オールナイトニッポン」、Nスペの太平洋戦争関連の番組など、受賞して当然と思う番組らが受賞している。
今年のグランプリはNHKの朝ドラ「半分、青い。」の脚本を書いた北川 悦吏子さん、準グランプリはABCテレビの「ポツンと一軒家」、そして優秀賞が「森本毅郎 スタンバイ!」\(^o^)/
受賞の理由の一部を抜粋すると、
「6時30分から8時30分まで、ニュースに真正面から向き合い、コメントは直球勝負。取材の最前線で活躍する日替わりコメンテーターを森本さんが巧みにリードし、時の政権も厳しく批判し、ズバリとモノ申します。」

とあり、これには全く同感。テレビメディアでの報道番組はサンデーモーニングと報道特集を除いて、政権への批判を避けており、TBSラジオでも遠慮無く政権を批判していた「荒川強啓デイキャッチ」が3月で終わってしまった今、30年間変わらないスタイルで放送を続けているこの番組の存在感は、益々大きくなっているように思う。
私は政権に対し単に批判するだけではいけなく、良い政策についてはそれを評価する姿勢は大切と思う。「スタンバイ!」はそのスタンスを貫いているが、昨今のメディアには"批判"が極めて少なくなっている現実がある。
政治や海外,社会に関するニュースを日々追っている私でも、この番組によって問題や課題を気付かされることがあり、私にとって貴重な情報源であり、異なった視点での見方を感がえさせられる。

この良質なラジオ番組が末永く続くことを切に願う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック