手入力離れ?

昨日の朝、いつものように通勤時(徒歩)にTBSラジオの「森本毅郎スタンバイ!」を聴いていたら、「職場や学校で広がる・・・スマホの"手入力離れ"」という話が紹介されて、ちょっとビックリした。
最近は若い世代は、LINEやメール,検索などで文字を入力するとき、スマホの画面のキーボードを使って"フリック入力"するよりも、音声認識を使って入力する人が多いそうだ。その割合は3人に1人という調査結果もあるとのこと。同番組で紹介された街角インタビューでは「LINEとかで打つのが面倒!」という複数の意見や、会社や学校のメモで音声入力を使っている人の声が紹介された。

確かに最近スマホに搭載されている音声認識の技術はすごくて、ほとんど誤認識なく、しかもかなりの速度でしゃべっても期待通りの文字が入力されて便利(^_^) それに気付いた人々が、キーボードによる手入力から音声に乗り換えたのも理解出来る。しかし、これほど普及しているとは思っていなかった。そういえば、スマホの音声入力で原稿を書いている作家がいるという話も聞いたことがあるなぁ。

私もスマホでのキーボード入力は苦手(T_T) だから、ちょっとしたメモやネット検索時は、音声で入力することがある。しかし、LINEの場合は、手入力が面倒になってくると、音声"通話"で直接話しをしたりしてるが(^_^;;;
じゃ、このブログ(1日500文字程度)も音声入力で書いてもいいか?と思ったりするけど、Windowsの音声認識はバカで使い物にならない。パソコンでスマホのようにGoogleの音声認識を使うことも出来るが、そもそも私はパソコンのキーボードは得意(^_^) ほとんどしゃべる早さと同じ速度で、文字入力出来るので音声入力は不要だ(^_^\
(ちなみに英文なら毎分300文字は打てる)

スマホの音声認識はこれからもAI技術の活用などで進化するだろう。それが広く使われるようになり、便利さや快適さを享受出来る人が増えることは嬉しいこと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック