久しぶりの「パケ代」節約

#7月11日に投稿したつもりだった記事が、間違って別館に登録されていたので、このブログに日時指定で再投稿

携帯のデータ量を気にするのは何年ぶりだろう・・・

今月からスマホを買い換えるとともに、ドコモの新しいスマホの料金プラン「ギガライト」に加入している。これは毎月のデータ通信量に応じて料金が決まるもので、ドコモからは先日こんなメールが届いた。
「***-****-****(電話番号)データ利用量が、残り200MBでステップ1の上限に到達し、ギガライトの次のステップに移行します。」

その2日後には、
「***-****-****のデータ利用量がステップの上限に到達したので、ギガライトのステップ2に移行しました。」

というメールが来た。
ギガライトのステップ1は1GB(ギガバイト)で2,980円、ステップ2は3GBで3,980円。私は1週間足らずで1GBを使い果たして、ステップ2に移行したことになる。私の6月までの平均使用量は4GB程度なので、これは想定の範囲内。
しかし、4GBだとステップ3になって、料金は4,980円になってしまう・・・出来ればステップ3のままにして、料金を安くしたいところだ。
というわけで、最近は久しぶりにデータ通信量を抑える、昔の言い方だとパケ代節約に努めている(^_^;
具体的には、データ通信は可能な限りWiFiで行うようにしたり、無駄な4G通信を控えること。(そのうちもっと詳細な具体策を紹介しようかな)
今の使用量は1.5GBなので、あと20日間で1.5GBしか使えない...これは難しいかも知れないけど、来月はもっと節約に取り組んで3GB以下を目指そう。まずは今月どこまで減らせるか試してみないと。

<おまけ>
携帯電話としてフィーチャーフォン(ガラケー)を使っていた時代、データ通信にはパケット代というものがかかっていて、使ったパケットの量に従って従量課金される仕組みだった。そのため、ゲームやメールをやり過ぎるとひと月に膨大なパケット代を支払うことになったし、そうでなくても出来る限り携帯料金を節約しようとパケ代を少なくするように努めていた。
しかし、スマホの時代になると、パケ代に相当するデータ通信量は定額制となり、一定の通信量以内であれば、通信量はさほど気にしなくても良くなった。または、ちょっと高額だけど通信量を全く気にしなくていいプランも登場している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント