残念な参院選の結果

メディアでの取り上げが激減し、全く盛り上がらなかった今回の参議院選挙。予想していたとはいえ、現政権に反対する立場の私にとっては残念な結果となった。
自民党の獲得議席は57、定員が6人増えたにもかかわらず6年前の前回の65から8議席を減らして、単独過半数とはならなかったが、与党では半数超えたので議席減の影響はゼロ。このまま不幸な安定政権が続くのは間違いない・・・(T_T)
投票率は50%を切ると報道されている。投票に行かなかった人=現政権に文句無しなので、7割近い有権者が今秋の消費増税を支持し、支給される年金が削減され続けることもOK、社会保障費を削減する政策にも賛成、国益を守らない外交にも不満は無いということを表明したことになる。
私はそれらには全て反対だけど、そう考える有権者は少数派ということか・・・理解不能だなぁと文句を言っても仕方がないなぁ。

今回の参院選は私が支持していた政党が他の政党と一緒になってしまったので、久しぶりに"支持政党無し"状態で臨んだ。そのため、選挙区,比例区とも候補者の公約をじっくりと見比べて投票。比例区は期待通りになって良かったが、選挙区では落選。それでも、ちょっとは選挙特番を楽しめたかな(^_^;

次の大型国政選挙は間違いなく衆院選だ。それまで政権選択可能な野党が出来ることを切に願いたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント