全く納得出来ない桜を見る会と前夜祭の問題

今日で安倍首相は首相としての在任期間が過去最高に並ぶそうだ。それにともなって、新聞各紙は安倍政権の実績や批判記事を書いたり、NHKは"こんなに実績があるぞぉ"というコーナーをニュースの中で訴えてたりする。
先週から盛り上がった"桜を見る会"とその前日に行われた安倍首相の後援会主催の夕食会については、ワイドショーでも大きな話題として放送されてきたが、有名女優の薬物違反による逮捕で、すっかり(政権の思うとおりに?)扱いが無くなったように感じる。

桜を見る会+αについては、先週末に安倍首相が総理番の若手記者相手のぶらさがり会見で、もっともらしい説明をし、昨日もそれを補足する説明らしいものを行ったが、それらはいろんな疑問に応えるものでなく、私は全く納得出来ていない。朝日新聞の世論調査でも、納得していない人が7割近くもいるそうだし。
前夜祭と称する夕食会では、その会費が5,000円という格安だったことが問題視されていたが、安倍首相はその価格は妥当と説明。また会費は参加者がホテルに直接支払って、ホテル名義の領収書を受け取っているので、後援会へのお金の出し入れが無いから、収支報告書への記載は不要と主張しているが・・・昨日の会見でも領収書や明細は一切無いと説明(?) これで誰が納得出来るのか?証拠が無かったり破棄済みであることは、この政権の常套手段なので、またかと思う。要は首相が言うことが全て正しいので、証拠なんて要らない!つべこべ言うな!という態度で押し切れると思っているのだろう。これまでもそうしてきたし。
桜を見る会については、"長年の慣習"という言葉を多用して説明している。確かに政権与党の政治家が後援者を招待するのは慣習化していたようで、民主党政権時も議員1人あたり4人の"枠"があったことを認めている。しかし、「申し込んだら誰でも参加出来るよぉ~」という形での招待(?)は、過去のの慣習にあったとは思えない。その点についての首相からの説明は全く無し。

だから国会での説明が必要で、野党はそれを強く要望しているが・・・これも今まで同様、与党は予算委員会の開会を拒否。
やっぱりこのままウヤムヤで終わってしまうのかなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント