新型コロナの検査数、少な過ぎないか?

相変わらず毎日テレビのニュースは新型コロナ(COVID-19)のことばかり・・・テレビで騒ぐほど外出を控えたり、人が集まるところには近付かない人が増えると思うけど、それは過剰反応では?と思うのだが。(先週末に行った川崎の映画館もガラガラだった)
新型コロナの感染対策について、昨日になってようやく政府が"基本方針"なるものを発表した。今後1~2週間が最大の"山"で、この期間中に集団感染を防ごう!というのが方針で、その中身には疑問を感じることがあるが、まぁ良しとしよう。

では日本では新型コロナの感染の有無を調べるための検査(PCR検査というらしい)が、どの程度行われているのか?確か厚労大臣は日本では1日3,800人の検査が可能と言っていたので、毎日3,000人くらいは検査しているだろうと思って厚労省のホームページを見ると・・・
2月24日は104人、23日が39人、22日が96人!これまでの合計でもたった1,017人!(チャーター便帰国者とクルーズ船は除く)何だこの検査の少なさは・・・?ちなみに感染者が急増している韓国では、報道によると最近は4,000人~7,000人が検査されているそうだ。
隣の韓国と比べて検査の数が一桁少ないのはなぜ?先に政府によって示された"検査基準"が体温37.5℃x4日と厳しいからか?本当にそれでいいのだろうか?感染者が見つかった場所、特に閉じられた空間に感染者と一緒にいた人に対しては、発症してなくても全員検査すべきではと思うが、それは行われていないのだろう。これでは無発症感染者が、知らないうちに他人に感染させる事態を防げないと思う。

新型コロナ検査がこれほど少ないと、政府が意図的に日本人感染者を少なくしようとしているのでは?と勘ぐってしまうなぁ。今後1~2週間もこの状態が続いて、検査数が少ないまま2週間後に1日の感染者がゼロになると、安倍内閣は「新型コロナは我が国では収束した\(^o^)/」と収束宣言を閣議決定するかも?
それに対し何の疑問も指摘せずに、めでたい!めでたい!と報じるテレビ・・・想像すると怖い。

P.S.
外出時はマスクの着用が奨励されている。菅官房長官が「今月中には1日1億枚、来月には更に生産枚数が増える!」と言っていたのに、巷ではどこも売り切れ。その程度の増産では全然需要に応えてないのかな。増産分が本当に必要な人(病院関係者とか)に行き渡っていればいいけど。

-----
2月25日の運動記録+日記
ウォーク:22,896歩(2月累計505,075歩)

まだ日曜日の激しいエクササイズの影響が残り、朝から筋肉痛だった(^_^;
それでも気合いを入れて徒歩通勤して、しっかり仕事。まだ仕事後の筋トレはやる気になれなかった・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント