映画「リチャード・ジュエル」の感想

先週末はとても良い映画を2本見た(^_^) 一つは昨日書いた自宅でDVD視聴した「焼肉ドラゴン」(で、もう一つは映画館で見た「リチャード・ジュエル(原題Richard Jewell)」!今日はその感想。
感想をひと言で言うと「リアルで怖い!でも感動した!」

「リチャード・ジュエル」はクリント・イーストウッド監督の最新作で現実にあった出来事を題材にした作品。
1996年のアトランタ五輪が行われた年、オリンピック公園の野外コンサート会場でパイプ爆弾が爆発し2名が死亡したが、その程度の犠牲者で済んだのは、警備を行っていたリチャード・ジュエルが爆弾を見つけてみんなを避難させていたから。そのおかげで、ジュエルはヒーローとして扱われるが、FBIが容疑者として捜査していることが分かると、一転してマスコミから犯人扱いされてしまう・・・

このヒーローから犯人への流れは、本当にありそうで怖い。FBIが執拗にジュエルを犯人に仕立てようと、いろんな罠を仕掛けてくる姿勢にも恐ろしさを感じた。日本でも自供しない容疑者を長期に拘留して、犯罪者に仕立てたことが多々あったし。
世間からは爆弾犯の烙印を押され、ジュエルの味方は息子の無実を信じて疑わない母親と弁護士の2人だけ。その母親をキャシー・ベイツが見事に好演!記者会見で涙ながらに訴える姿には思わず感涙した。それ以上に弁護士(サム・ロックウェル)が格好良くて素晴らしい!マスコミやFBIに対して全く引くこと無く戦う姿勢には強く感動。
主人公のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)は、バカ正直に真面目すぎるのは良いが、それが逆にハラハラとさせる行動を取ったりするので、見ていて突っ込みたくなることしばしば。それでも、とても魅力的な人物として描かれていて、晴れて無実となったときには嬉しくなった(^_^)

24年前だと未だネットを使う人は少なく、SNSも普及していなかった時代。もし今、同じようなことが起きると、もっと激しくジュエルは攻撃されていただろう。そう思うと、やはりこの作品が突きつける事実は重く、また恐ろしいことだ。そんなことを考えさせられる秀作。
今年90歳になるクリント・イーストウッド、まだまだ元気だ(^_^)

-----
2月3日の運動記録+日記
ウォーク:26,145歩(1月累計62,233歩)
筋トレ1セット(2月累計2回)

朝から元気に徒歩通勤。会社では昨日から加わった新メンバへのオリエンテーションなどで多忙だった。
仕事の後は職場近くのジムで筋トレ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント