映画「サーホー」の感想

仕事が一段落したこと&年度末の有休消化のため、昨日は休暇を取って休日ライフを楽しんだ(^_^)
せっかくの平日の休日なので、先週末に見に行こうと思っていたけど、映画館が閉館となって見られなかった映画を見に行ってきた。見たのはインド映画の「サーホー」、見に行った映画館はチネチッタで、400人入る広い館内に観客はたったの5人!とてものんびりと快適に映画を楽しめた(^_^)
感想をひと言で言うと・・・「インド映画の魅力満載で楽しかった!」

近未来的な建物が建ち並ぶ架空の大都市"ウージー"、そこでは政治も治安も巨大な犯罪組織が取り仕切っている。その都市からインドのムンバイへの進出する悪者達だが、組織内で後継者の対立争いが勃発。一方、ムンバイで迎え撃つ捜査官は大ヒット作品「バーフバリ」で王を演じたプラバース!プラバースの登場シーンは、いちいち大げさに美化されてキザっぽくて、まるでプラバースのプロモーション作品みたいなシーンが多く、ちょっと辟易したけど、やっぱり格好いいから許せる(^_^; 今作ではプラバースの見事なアクションもいっぱいあって大満足。
物語は犯罪組織と警察の対立という一本調子ではなく、少し混乱しそうなくらい複雑だが、その分終盤になって全てが明らかになったときの爽快感と感動はたまらない。上映から1時間くらい(?)経ってから、作品のタイトルが大写しになったのにも、意表を突かれた(^_^)

インド映画らしく、シリアスなシーンだけということは無く、笑いあり男女のロマンあり、そしてもちろん歌と踊りもタップリ!まさにインドの娯楽作品の王道を行く作品で、大いに期待に応えてくれている。おかげで2時間50分の上映時間も、あまり長く感じなかった.

最近にインド映画は映像やアクションに磨きがかかってきていて、大画面&大音響で楽しめるものが多く、本作も映画館で見ることで楽しさ100倍だ。劇場で鑑賞することが出来て良かった(^_^)


-----
3月31日の運動記録+日記

ウォーク:16,876歩(3月累計600,516歩)

少し寒くて曇天の一日。
午前中はNetflixの映画を見て、川崎駅周辺を1時間強ウォーキング。午後は映画館で映画♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント