映画「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」の感想

昨年秋に公開されて見たいと思っていた映画(そんな作品が多い)の一つ「T-34 レジェンド・オブ・ウォー(原題T-34)」、Amazon Primeで400円払うと見られると知って自宅で視聴(^_^)
感想をひと言で言うと・・・「最高に面白かった\(^o^)/戦争映画の名作だぁ!」

第二次大戦時にナチスの捕虜になった4人ソ連兵は、その戦車操縦の腕を買われてソ連兵の戦車訓練のターゲットとして選出される。弾薬を持たされない模擬戦では、単に逃げ回ってソ連の戦車隊から逃げ回るしか無い状況だが、無謀な脱出を試みることになり・・・

本作では何回も戦車同士の戦闘が描かれるが、その全てがリアルで迫力満点!息詰まる狭い戦車の中の人達、お互いに敵の裏をかこうとして戦車を動かしたり、砲塔の向きを変えたりとする心理戦。そして、砲弾発射,命中時の大迫力の音響と映像!これほどリアルな戦車戦はこれも名作の「フューリー」以来と思うけど、フューリーよりもストーリーがしっかりしていて娯楽アクションとしても十分楽しめる(^_^)
そして、たった一台で孤軍奮闘する主役のソ連製戦車「T-34」が格好いい!私は知らなかったけど、T-34というのは相当な名戦車で、ドイツ軍は恐れていたそうだ。そのT-34が縦横無尽に走り回り、敵の中隊を全滅させる序盤のシーンには圧倒された。
物語の終盤は収容所から見事に脱出した4人のソ連兵+通訳の女性1人に対し、必死で追撃するドイツ軍という構図で、ずーっとハラハラしながら展開。そしてエンディングでは実に爽快な気分になった(^_^)

戦争を題材にした映画はたくさんあり、私も多くの作品を視聴しているが、本作はそれらの中でも突出した素晴らしい作品。娯楽作品としても一流で面白く、あっと言う間に見終わった(^_^)
劇場で見なかったことを後悔させられたけど、自宅でそれなりに迫力がある機器を使って見られて良かった良かった。

-----
5月10日の運動記録+日記

ウォーク:16,671歩(5月累計200,161歩)
体温: 36.6℃

早朝4時半から多摩川の左岸側をウォーキング。いつもの日曜日のように近所の銭湯で朝風呂に入った後、ファミレスでモーニングピザ♪
あとは自宅で映画を見たり本を読んだりのステイホームライフ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント