映画(Netflix)「オールド・ガード」の感想

先週末は映画館には行かず、自宅で新作映画を鑑賞(^_^) 理由は映画館で公開されている作品よりも、ずーっと面白そうな作品がNetflixで公開されたから。作品のタイトルは「オールド・ガード(原題 The Old Guard)」、シャーリーズ・セロンが大活躍のアクション映画だ。
その感想をひと言で言うと・・・「期待以上に、最高に面白かった!」

不死身となって何百年も生き続けている4人の傭兵部隊(作中で1人増える)。そのボスを務めているのがシャーリーズ・セロンで、全編にわたって彼女の活躍が美して格好いい\(^O^)/ 何回も見たくなるほど、惚れ惚れする見事なアクションだ(^_^)
不死身となっている人間の秘密を探って、薬品化して大儲けしようとする製薬会社は、軍隊並みの私兵部隊を使って傭兵部隊を捉えようとするが、それらを次々にはね除ける展開は胸がすく思い。しかし、合間では死ねないことの辛さが語られたりと、考えさせられることもあった。
そして敵の本拠地での戦いとなる終盤は、私好みのド派手なアクションもてんこ盛り♪で、実にスッキリとするエンディングを迎えた(^_^)

本作は映画館で公開されても絶対見に行っていたと思うし、それだけの値打ちが十二分にあるエンタメ作品だ。それが自宅で見られるなんて、とても幸せ(^_^) 相当な制作費がかかっていると思うけど、こんな作品を作るNetflix恐るべし。
#でも、映画館の大画面でも見たいなぁ

<おまけ>
不死身の人間を捉えて、人体実験を繰り返してその秘密を探ろうとする展開は、日本の人気コミックの「亜人」みたいだなぁと思って見ていたら、この作品の原作もアメコミ作家によるグラフィックノベルだそうだ。

-----
7月12日の運動記録+日記

ウォーク:21,161歩(7月累計232,995歩)
筋トレ1セット(7月累計5回)

体温:36.1℃ 体重:61.5Kg

いつもの日曜日のように、早朝に蒲田までウォーキング→ファミレスでモーニングピザ。そして先週運動不足だったので、前日に続いて青物横丁のジムで筋トレ。ジムから戻ってから、近所の銭湯で朝風呂♪
暑くなった午後はゴロゴロしながらNetflix。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント