先週末に見たホラー映画x2本の感想

先週の土日は猛烈に暑かったので、あまり外に出ることはなく、自宅でホラー映画を見て涼んだ(^_^; 視聴した作品は「呪われの橋」と「あるメイドの秘密」の2本。どちらも期待通りに怖くて、クーラー無しで寒い思いが出来た(^_^)

「呪われの橋」は台湾で製作・公開された作品。過去に起きた不幸な事件により、怨霊が住み着いている橋で、大学生達が肝試しを行っていると・・・怨霊(若い女性)が次々に学生達を襲っていく!最近の作品なので、スマホによる動画撮影がふんだんに使われていたりするけど、基本的に典型的な"鬼ごっこタイプ"のホラー映画となっている。あまり残虐なシーンは無いけど、日本のホラー映画のようにじわーっと怖さが増してくるので、とても寒~い気持ちになって暑い日には最適(^_^) 怨霊が日本の"リング"に登場する山村貞子なみに強いのも、怖さ倍増だ。

「あるメイドの秘密」はタイで作られたNetflix独占配信の作品。大金持ちの邸宅で務めることになった主人子のメイドは、仕事中に何回も怨霊(こちらも若い女性)に遭遇するが、それは邸宅の主人や同僚メイドには見えない。前半はいきなり怨霊が登場するので、ドッキリすることがしばしばあって怖かった。しかし、怨霊の正体が分かった後半からは、主人公のメイドによる復讐劇となり、その狂気じみた行動には空恐ろしさも感じた。一つの作品で二種類の怖さを体験できるお得感のあるホラー映画となっている(^_^)

どちらの作品も本当に良く出来ていて、脚本はしっかりしているし、怖さのツボをしっかり押さえているので、かなり見応えがあった。台湾とタイの映画はほとんど見たことが無かったが、見事な秀作が作られていることにも驚いた。
よく出来たホラー映画を堪能し、やっぱり夏はホラーだなぁと思った週末だった(^_^;

-----
8月31日の運動記録+日記

ウォーク:16,870歩(8月累計645,911歩)
筋トレ1セット(8月累計9回)

体温:36.5℃ 体重:61.7Kg

朝5時半から多摩川の右岸側をウォーキング。
昼休みには近所のジムで筋トレ、夕方は行きつけの居酒屋さんでちょっと飲み過ぎた(^_^;