映画「きっと、またあえる」の感想

先週末は公開中のインド映画「きっと、またあえる(原題Chhichhore)」を見に行ってきた(^_^) とても面白かった「ダンガル きっと、つよくなる」の監督(ニテーシュ・ティワーリー)の最新作なので、期待して上映に臨んだところ・・・期待以上に良かった!
感想をひと言で言うと、「大いに笑って感動した!」

汚くて"負け犬"が住むと言われている学生寮を舞台に、主人公らの悪友達が奮闘する物語がメインストーリー。並行して、大人になって再集結した悪友達による友情が語られる。
学生寮での話は笑うシーンがてんこ盛りで、鑑賞中に何回も声を出して笑った(^_^) 一方、大人になっての物語は少しシリアスながらも、すごく感動的なものとなっていて、この2つの話のバランスが絶妙。インド映画では無駄な(?)踊りと歌のシーンが挿入されるのが定番だけど、本作は全く無くて、普通の映画だ(^_^; そのため若干の物足りなさを感じたが、ストーリーの展開に集中できたので、2時間半近い上映時間はあっという間に過ぎて行った。
たくさん笑った後、終盤では爽やかな感動もあり、エンディングではこれぞインド映画!の踊りがたっぷり見られて、見終わった後は良い作品を見た満足感でいっぱい(^_^)
この映画は機会があれば、是非とももう一度見たい秀作。やっぱりインド映画っていいなぁ(^_^)


-----
9月6日の運動記録+日記

ウォーク:12,599歩(9月累計101,848歩)

体温:36.3℃ 体重:61.5Kg

二日酔いのため朝のウォーキングと銭湯での朝風呂はパス(^_^; 朝食はいつものファミレスでモーニングピザ。
日中は時々激しい雨が降っていたので、自宅にこもってNetflixの映画を鑑賞し、夕方に1時間ほどウォーキング。