映画「ミッドウェイ」の感想

公開を楽しみにしていた大作映画「ミッドウエイ(原題Midway)」、さっそく公開翌日に見に行ってきた(^_^)
感想をひと言で言うと・・・「戦闘シーンが凄かった!」

CGをふんだんに使ったド派手な演出で、地球やホワイトハウスなどを壊しまくっているローランド・エメリッヒが監督した本作は、太平洋戦争の開戦となる真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを、日米双方の視点から描いている。まず、この日米を公平に扱っているといのが、これまでの戦争映画とは一線を画している。日本でもミッドウェイ海戦を扱った戦争映画はあり、それらはほとんど見ているけど、どれも日本側の視点のみ。日本軍のミスが続いて米軍にボコボコにされるという悲劇が描かれていた。アメリカ製の作品では逆に米軍の活躍ばかり語られていた。
しかし、本作は監督がドイツ人であることもあって、実に見事に双方の立場を描いていて、戦争がもたらす悲劇がリアルに伝わってきた。まさに本作のテーマである”戦争に勝者はいない"ことを痛感させられる。

私は太平洋戦争における日本軍が取った行動についてかなり詳しくて、もちろんパールハーバーもミッドウェイについても詳細に把握している。この映画では、ほぼ全てが私が知っている事実に忠実となっており、監督の「この作品は全てが事実だ」という言葉に偽りはない。描かれる多くの事実の中で、語られる米軍パイロットの人間物語は感動的で、映画の脚本としてよく出来ているなぁと思った。
あと、日本の作品と同様に、アホな南雲司令官, 空母"飛龍"の立派な艦長が、ちゃんと登場していて、米作品でもやっぱりそうなるのかと納得してしまう(^_^; 日本側の俳優の演技はみんな見事だったけど。

そして"これでもか!”というくらい数多く映される戦闘シーンは迫力満点\(^O^)/太平洋戦争の海戦をこれほどリアルに描いた作品は、これまで見たことがなく、その迫力に圧倒された。さすがエメリッヒ監督!

本作は真珠湾からミッドウェイまでの日米の戦いを忠実に描きながらも、しっかりと娯楽作品になっていて、見終わった後は改めて戦争について考えさせられる傑作作品。多くの人に見て欲しいと思う。

-----
9月13日の運動記録+日記

ウォーク:17,868歩(9月累計224,394歩)

体温:36.4℃ 体重:61.8Kg

朝5時から40分ほど近所をウォーキングした後、テレビでテニスの全米OP決勝をライブ試聴。
大坂の優勝を見届けて、近所の銭湯に行って疲れを癒やし、いつものようにファミレスでモーニングピザ。
昼前に川崎競馬場まで歩いて往復し、午後からは競馬やNetflixを楽しんで、夕方は大相撲をテレビ観戦(^_^)