公衆電話を使えない子供たち

昨日の朝、いつものようにTBSラジオを聴いていたら、衝撃的な街角インタビューが紹介された。
インタビューした場所は渋谷で、対象は春休み中の小学生。そこでラジオ番組のレポータが渋谷にある公衆電話を指さして「あれは何か分かる?」と質問すると、「分からない」と答える子供が続出!それが公衆電話であると正解を答えた子供に使い方を聞いたら、「最初にお金を入れて、プッシュダイヤルして・・・」との回答。実際にレポータが公衆電話の前まで子供を連れて行き、電話をかけさせてみると、投入したコインがすぐに返却されるだけ・・・受話器を先に上げるという操作を知らなかったようだ。(というか"受話器"という言葉も知らない子がいた)

このインタビューの模様を聞いて、ラジオ番組のパーソナリティ(森本毅郎さん)も驚いていたが、私もビックリした。でも、考えてみたら今の小学生は生まれたときから身近に携帯電話があるので、公衆電話なんか見たことも使ったことも無い子がいても全然不思議じゃない。親に連絡するときは、持たされた携帯やスマホを使えばいいのだから、街角の電話なんて不要だ。
しかし、公衆電話はいつ必要になるか分からないので、やはり使い方は知っておくべきだろう。携帯は災害時にはつながらなくなるし、大規模停電が起きて基地局がダウンすると使うことも出来なくなる。また、携帯を落としたり忘れたときに、親族や友人に連絡する手段としても、公衆電話は必須。

先日監禁先から逃げた中学生が、駅の公衆電話から自宅と警察に電話したたと報じられてから、ネットでは「子供に公衆電話の使い方を教えておかなきゃ」という声が増えているそうだ。それをきっかけに、ラジオ番組で街角の子供の声を拾ってみたら、本当に知らない子が多かったという次第。
もちろん、大人は公衆電話は何の問題も無く使えるだろう。しかし、ダイアルすべき番号は覚えているか?と聞かれたら、自分の子供や配偶者や親の家電/携帯の番号を答えられない人は多いのでは?番号が分からなかったら、子供同様に公衆電話を使えないってことになる(^_^;
大事な電話番号は紙に書いたものを持ち歩こう!


昔は20件くらいの電話番号を完璧に暗記してたけどなぁ・・・

"公衆電話を使えない子供たち" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。