テーマ:映画

映画「パブリック 図書館の奇跡」の感想

先週末に見に行った映画は「パブリック 図書館の奇跡(原題The Public)」。ラジオやネットなどでの評判が良いので、見に行ってみたら・・・ 評判通りにとても良い映画だった(^_^) その感想をひと言で言うと・・・ 「感動した!\(^O^)/」 大寒波に襲われたアメリカのオハイオ州・シンシナティ。そこにはホームレスを寒さから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語 劇場版」の感想

コロナ渦の中で全編リモートで映画が作られて公開されたので、興味を持って見に行ってきた(^_^) 映画のタイトルは「8日で死んだ怪獣の12日の物語 劇場版」、出演者は斎藤工,のん,武井壮,穂志もえかと映画監督の樋口真嗣の5人だけ。監督は岩井俊二だ。 感想をひと言で言うと・・・「とても不思議な感覚だったが、意外と面白かった!」 主人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「WAR ウォー!!」の感想

雨が断続的に降り続いた4連休2日目の昨日、前日に続いて映画館に行って映画鑑賞♪メジャー作品の相次ぐ公開延期によって、私好みの(日本では)マイナーな作品が見やすくなってるのは嬉しいこと。 昨日見た作品もインド映画なので、通常だと公開時間とか期間が限られているところだが、休日の昼間に楽しむことが出来た(^_^) 鑑賞した作品のタイトルは「W…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「透明人間」の感想

4連休初日は雨天の中、映画館に行って映画を楽しんだ(^_^) 見た作品は「透明人間(原題The Invisible Man)」、この作品には公開前から興味はあったけど、監督が「ソウ」シリーズの脚本を書いたリー・ワネルだったので、きっともの凄く後味が悪い作品に違いないと思って敬遠していた。しかし意外とネットでの評判が良いし、映画評論家たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画(Netflix)「オールド・ガード」の感想

先週末は映画館には行かず、自宅で新作映画を鑑賞(^_^) 理由は映画館で公開されている作品よりも、ずーっと面白そうな作品がNetflixで公開されたから。作品のタイトルは「オールド・ガード(原題 The Old Guard)」、シャーリーズ・セロンが大活躍のアクション映画だ。 その感想をひと言で言うと・・・「期待以上に、最高に面白かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「チア・アップ!」

先週末、見に行った映画は「チア・アップ!(原題Poms)」、平均年齢72歳のお婆ちゃんたちがチアリーディングに挑戦する(^_^)というハートフルコメディ作品だ。 その感想をひと言で言うと・・・「大いに笑って楽しかった\(^O^)/」 日本では、お金があるお年寄りは老人ホームに住むのが一般的と思うが、アメリカには"シニアタウン"と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ランボー ラスト・ブラッド」の感想

公開を楽しみにしていた"ランボー"の最新作。もちろん公開された翌日に見に行ってきた!(^_^) 人気作品なので、私が見た回のチケットは上映前に売り切れていた。(でも席の間隔を空けてるので、館内は半分しか席が埋まってなかった) 最新作で最後の(?)タイトルは「ランボー ラスト・ブラッド(原題Rambo: Last Blood)」。 感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ドクター・ドリトル」の感想

先週末は、約3ヶ月ぶりにIMAXレーザーのスクリーンで新作映画を鑑賞(^_^) 圧倒的に美しい画面と迫力たっぷりのサウンドを堪能した。 見た映画は「ドクター・ドリトル」、予告編を見て面白そうと思っていたので、公開を楽しみにしていた♪ 感想をひと言で言うと・・・「とっても楽しかった\(^O^)/」 動物と会話が出来る獣医師と動物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ANNA アナ」の感想

先週末に映画館で鑑賞した映画「ANNA アナ(原題Anna)」。リュック・ベッソン監督の最新作なので、公開を楽しみにしていた♪ 感想をひと言で言うと・・・「ずーっとハラハラドキドキして面白かった!」 ソ連の諜報機関KGBによって造り上げられた最強の女性殺し屋"アナ"。演じてるのはロシア出身のスーパーモデルのサッシャ・ルスで、凄い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「デッド・ドント・ダイ」の感想

チネチッタに続いてTOHOシネマズ,109シネマズも先週の金曜日に営業再開\(^o^)/これで川崎駅周辺の映画館は全て復活(^_^) さっそく先週末は2ヶ月振りに復活したTOHOシネマズで映画を鑑賞(^_^) 見た作品は新作の「デッド・ドント・ダイ(原題 The Dead Don't Die/死人は死なないという意味)」。館内の座席は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「プロメア」の感想

新型コロナによる休業要請により、7週間も閉館されていた川崎の映画館「チネチッタ」が先週末に再開\(^o^)/ さっそく先週の土曜日に行って、53日振りの大スクリーンを楽しんできた(^_^) チネチッタに到着したのは午前9時過ぎ、私と同じように再開を待ち望んでいた人が多かったのか、チケット売り場には行列が出来ていたし、劇場に入る窓口で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画(ビデオ)「EXIT」の感想

昨秋に公開された韓国映画「EXIT(原題Exit)」、全く興味は無かったが、先日のTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で紹介され、面白そうと思ったので先週末に自宅で視聴した(^_^) もちろん、いつものように目の前120インチスクリーンの環境で(^_^; なお、視聴するためにはAmazon Prime Videoで500円を支払う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画(Netflix)「スペクトル」の感想

先週の土曜日は一日中雨だったので、映画三昧の生活を送った(^_^) 見た映画の一つは「エンド・オブ・ステイツ」で、先日このブログに感想を書いた。他にも面白かった作品を見たので、感想などを書いておこうと思う。作品のタイトルは「スペクトル」(原題Spctral)、NetflixオリジナルのSF映画だ。 感想をひと言で言うと・・・「意外と面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画(ビデオ)「エンド・オブ・ステイツ」の感想

昨年の秋に公開されて、見に行こうと思っていたのに行けなかった映画「エンド・オブ・ステイツ(原題Angel Has Fallen)」。Amazon Prime Videoで有料配信されているので、先週末に399円払って視聴した(^_^) もちろん、目の前に120インチのスクリーンが投影されるゴーグル着用したので気分は映画館での鑑賞♪ 感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」の感想

昨年秋に公開されて見たいと思っていた映画(そんな作品が多い)の一つ「T-34 レジェンド・オブ・ウォー(原題T-34)」、Amazon Primeで400円払うと見られると知って自宅で視聴(^_^) 感想をひと言で言うと・・・「最高に面白かった\(^o^)/戦争映画の名作だぁ!」 第二次大戦時にナチスの捕虜になった4人ソ連兵は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画(Netflix)「狩りの時間」の感想

今年の春に劇場公開される予定だった韓国映画「狩りの時間(原題Time to Hunt)」、新型コロナ(COVID-19)の感染拡大の影響を受けて公開が延期されたが、何と先日Netflixで公開された\(^o^)/ 映画館が再開される目処が立たない今、超最新の劇場用映画が次々にネットで公開されておいるが、その多くは3月で公開打ち切りとなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画(ビデオ)「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の感想

先週末は映画館に行く代わりに自宅で映画を鑑賞♪昨年公開されてアカデミーにも多数ノミネートされたけど、劇場で見なかった映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題Once Upon a Time... in Hollywood)」を、Amazon Primeに399円を払って鑑賞した。 感想をひと言で言うと・・・「古き良きハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「囚われた国家」の感想

緊急事態宣言が出る直前の4月7日、しばらく映画館で映画を見ることは出来なくなるので、急きょ会社で午後休を取って(^_^;見に行った映画が「囚われた国家(原題Captive State)」。以前から見たいと思っていた近未来を描いた本作の感想をひと言で言うと・・・ 「期待通り、とても面白かった\(^o^)/」 とても強いエイリアンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「AKIRA」の感想

私が大好きなアニメ映画のひとつの「AKIRA」(大友克洋さんが原作&監督)。1988年に公開された作品だが32年経った今、4Kデジタルリマスターされて映画館で公開\(^o^)/もちろん公開初日の金曜日(4/3)に見に行ってきた(^_^)  感想をひと言で言うと・・・「映像も音も、とてつもなく素晴らしかった\(^o^)/」 199…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サーホー」の感想

仕事が一段落したこと&年度末の有休消化のため、昨日は休暇を取って休日ライフを楽しんだ(^_^) せっかくの平日の休日なので、先週末に見に行こうと思っていたけど、映画館が閉館となって見られなかった映画を見に行ってきた。見たのはインド映画の「サーホー」、見に行った映画館はチネチッタで、400人入る広い館内に観客はたったの5人!とてものんび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」の感想

相変わらず閑散とした映画館で、公開を楽しみにしていた映画を見に行てきた(^_^) 今回も休日の昼間なのに、上映された館内のお客さんは10名ほど・・・こんなときほど、浮き世を忘れて非現実で楽しい世界を楽しめば、ストレス解消にもってこいと思うのだが。 見た映画は「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(原題Birds …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジュディ 虹の彼方に」の感想

新型コロナ騒動のせいか、先週末も映画館は閑古鳥が鳴いていた(T_T) 近所にあるシネコンの109シネマズでは、当日券のみの発売となり、座席指定は隣席が空席となるよう一つおきでの販売となった。日曜日の午後に見に行った映画「ジュディ 虹の彼方に(原題 Judy)」のチケットを、朝のうちにネットで購入しようとすると・・・ 指定可能な座席…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーシャンSとチューリップ賞の予想

中央競馬は無観客でも開催され続けているので、今日もブログで重賞予想(^_^; 中山の芝1,200mで行われる古馬G3競争の「夕刊フジオーシャンステークス」、本命◎は前走同じコースで行われたカーバンクルSで3着と好走した⑭レジーナフォルテ。(昨年はカーバンクルS組が1,2着に入っている) 対抗○は中山芝で3着以下が無い⑨ハウメアで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「AI崩壊」の感想

映画が1,200円になる♪毎月1日、今月は日曜日と重なった(^_^)ので、何か見に行きたいなぁと思い、選んだ作品は邦画の「AI崩壊」(監督:入江悠,主演:大沢たかお)。普段よりお客さんが少ない川崎の映画館で見てきた(^_^) 感想をひと言で言うと・・・「とっても面白かった\(^o^)/」 日本の全国民の医療をAI(人工知能)が管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「チャーリーズ・エンジェル」の感想

今年はスターウォーズを除いて、考えさせられる"良い映画"ばかり見てるなぁと思ったので、久しぶりに何~にも考えずに楽しめそうな作品を, 先の3連休中に劇場鑑賞(^_^; (映画館は人が少なくてビックリ)見た作品は20年振りに映画化された「チャーリーズ・エンジェル(原題Charlie's Angels)」! 感想をひと言で言うと・・・「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「1917 命をかけた伝令」の感想

今年のアカデミー賞の作品賞の最有力と予想されたが、撮影賞,録音賞,視聴覚効果賞の3部門の受賞のみとなった映画「1917 命をかけた伝令(原題1917)」、面白そうなので見に行ってきた。3連休中なのに、川崎の映画館は人はとても少なかったなぁ・・・(COVID-19の影響?) 感想をひと言で言うと・・・「映像は凄かった!」 第一次世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パラサイト」がアカデミー作品賞受賞\(^o^)/

昨日アメリカで行われた今年のアカデミー賞の授賞式、最も栄誉がある作品賞を受賞したのは韓国の「パラサイト 半地下の家族」だった!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/ 外国映画がアカデミー作品賞を受賞したのは、92回の歴史の中で史上初の快挙!アカデミーにおける外国映画は国際長編映画賞(以前の外国語映画賞)か短編,長編アニメ賞か、衣装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジョジョ・ラビット」の感想

私は頭を空っぽにして楽しむバカ映画が好き(^_^;だけど、今年はいわゆる"良い作品"に出会い続けて、改めて映画っていいなぁと思うことが続いている。年初に見た「この世界の片隅に」に続き「フォードvsフェラーリ」,「マリッジストーリー」(Netflix),「パラサイト」と続き、先週は「リチャード・ジュエル」と「焼肉ドラゴン」(DVD)。どれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「リチャード・ジュエル」の感想

先週末はとても良い映画を2本見た(^_^) 一つは昨日書いた自宅でDVD視聴した「焼肉ドラゴン」(で、もう一つは映画館で見た「リチャード・ジュエル(原題Richard Jewell)」!今日はその感想。 感想をひと言で言うと「リアルで怖い!でも感動した!」 「リチャード・ジュエル」はクリント・イーストウッド監督の最新作で現実にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画(DVD)「焼肉ドラゴン」の感想

先々週に神戸に行ったときに強く勧められた映画、すぐにDVDを購入して先週末に視聴(^_^) 作品のタイトルは「焼肉ドラゴン」、劇作家の鄭義信(チョン・ウィシン)が自身の人気戯曲を2018年に映画化したものだ。 感想をひと言で言うと・・・「とっても良い映画だった\(^o^)/」 1970年(昭和45年)の大阪万博が行われた大阪、空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more