アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
酔いどれひぐりんブログ
ブログ紹介
川崎在住の筆者が日々のニュースで思ったことや、映画,読書の感想など日記的なものを毎日書いています。二日酔いの時は手抜きになることもあります...(^_^;
土日は競馬の予想と結果だけになることも(^_^;
なお、日々の運動記録と一行日記を綴った別館「酔いどれひぐりんの運動記録」も毎日更新中。
zoom RSS

「ぐるっとパス」で美術館巡り♪

2017/08/19 06:32
久しぶりに暑くなった昨日、涼しい美術館で絵画鑑賞しようかと思い、都内の美術館巡りをしてきた(^_^) 東京には「ぐるっとパス」というものがあり、これを使えば都内の77箇所の美術館や博物館に加え、横浜,千葉,埼玉の美術館で様々な割引が受けられる。ただし、使用期間は最初に使った日から2ヶ月以内となっている。
いろんなところに行きたいので、まずは上野駅の公園案内所で「ぐるっとパス」を購入。購入価格は2,000円だ。
画像

(写真じゃ分からないが、良質の紙で80ページ超あるので、結構分厚い)

最初に訪れたのは不忍池に面した「下町風俗資料館」。
画像
美術館じゃないけど、ここで行われている「下町の学び舎 学校へ行く子どもたち」という企画展示に興味があったので。入館時に「ぐるっとパス」を提示すると、最初の利用なので期限のスタンプを押され、「下町風俗資料館」のページの半券を切り取られた。ここでは300円の入館料がパスで無料になる(^_^) 明治,大正,昭和の教科書はとても興味深く、昔のおもちゃは懐かしかった。

次に「上野の森美術館」で開催されている「歌川広重(不二三十六景)と幕末・明治の浮世絵展」を鑑賞。
画像
富士山をいろんな場所,季節から描いた"不二三十六景"が全て揃って展示されており、その見事な浮世絵の一枚一枚をじっくりと見入ることが出来た(^_^) 色の使い方,構図は素晴らしいとしか言いようがない。それにしても多摩川からの風景は寂しかったなぁ・・・(江戸の街中のように人がいないので)
ちなみに入館料は200円のところ、パスで100円引き(^_^;

上野で昼食をとった後、竹橋に移動して東京国立近代美術館を訪れた。
画像

ここでは東京国立近代美術館(英語の略称はMOMAT)が貯蔵している作品を公開する「MOMATコレクション」を鑑賞。とても広くて静かな館内に、数多くの展示作品に圧倒されながらも、素晴らしい絵画や彫刻を心ゆくまま堪能した(^_^) やっぱりこんな雰囲気で絵画を鑑賞するというのはいいなぁ(^_^) サイパンの悲劇を描いた絵画の前では、しばし立ち尽くして深い悲しみを感じたこともあったけど。
ここでは入館料500円が、パスで無料(^_^)

最後に三井本館(最寄り駅は三越前)の7階にある「三井記念美術館」。
画像

ここで行われている「地獄絵ワンダーランド」を鑑賞した。水木しげるが漫画で描いた地獄の模様や、昔の中国や江戸時代に書かれた六道(地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天)絵など、"これでもか!"というくらい地獄絵を見せつけられた(^_^; どれも素晴らしかったけど、あまり怖い作品が無かったのが残念。去年の夏に見た「大妖怪展」の方が怖かった。それでも昔の人が抱く地獄感が伝わってくる見事な作品には満足(^_^)
ここでは入館料1,300円のところ、パスを使うと無料(^_^)

4つの施設を訪問して、実に多くの絵画を鑑賞し、たくさんの感動を経験することが出来た。
2,000円で買った「ぐるっとパス」によって、昨日だけで2,200円(300円+100円+500円+1,300円)分の特典が得られて、すでに200円も儲かっている計算\(^o^)/
「ぐるっとパス」で使える施設はまだ山ほど残っているので、今度は目黒や白金台あたりの美術館を訪れようと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スマホアプリの開発環境を構築

2017/08/18 08:07
スマートフォン向けには様々な"アプリ"が世界中で作られていて、有料,無料のアプリが流通している。現在ユーザが多いスマホはAppleのiOSを搭載したiPhoneと、GoogleのAndroidを搭載したスマホの2種類。私のスマホはAndroid搭載なので、Android用のアプリを開発する環境を作ることにした。
ちなみにアプリを開発するためのソフトは全て無料\(^o^)/
以前から自宅のPCにAndroidアプリ開発環境を作っておこうと思っていたけど、まとまった時間が必要になるので、夏休みを利用してようやく作業を行った次第。
ちなみに私はアプリを作るために必要なプログラミング言語"Java"には精通しているので、環境さえあれば簡単なアプリはすぐに作れる。(最近にAndroidで使われている技術を知る必要はあるけど)

Androidスマホのアプリは、Googleが無償で提供している"Android Studio"によって開発可能だ。よって、まずはAndroid Studioをダウンロードし、必要なツール類(Android SDKなど)をセットアップした。この作業だけで3時間近くかかった。また、パソコンでアプリを動かすためのエミュレータというソフトもセットアップ。
Android Studioを起動して、更に必要なソフトをインストールしたり、初期設定などを約1時間で完了。
次にパソコンと私のスマホ(Samsung Galaxy S8)を接続するためのソフト(ADB Driver)を入れようとしたら・・・日米のSamsugnのサイトでは見つからず、ネットで調べたらSamsungが配布しているSmart Switchを入れれば良いとあったので、同ソフトをインストールすると、Android Studioから"開発モード"に設定したGalaxy S8と接続することが出来た(^_^) ここまでで計6時間を要した。

一通り環境構築が出来たので、確認のためにAndroid Studioに入っているサンプルを使って、簡単なアプリを試作してみた。(といってもプログラムは変えずにデザインをちょこっと変えただけ)
画像

※左にあるスマホの画面はエミュレータで、Windowsの中でスマホが動く。右の画面が開発用の画面。
これをビルド(アプリへの変換)して、私のスマホで実行した画面が↓
画像

画面に"酔いどれひぐりん!"と表示させるだけの、単純なアプリだ(^_^;;;

Android用のアプリの開発環境を使ったのは初めての経験で、こんなに"至れり尽くせり"の環境が無料で配布されていることに驚くことが多かった。これなら、高度なアプリでも比較的簡単に作れそうだ。ただし、開発用のソフトが高機能な分、これを使いこなすには時間がかかりそうだけど。
また、Android Studioは激しくメモリを食うようで、私のPCに搭載している4GBじゃ足りなくて、処理が重た過ぎる(T_T)。仕方がないので増設メモリをAmazonでオーダした(^_^;

せっかくアプリを作れるようになったのだから、もっと本格的にプログラムを組んでみようかなぁ。まずは、今のAndroid(Nougat)で出来ることを調べなきゃ。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「スパイダーマン ホームカミング」の感想

2017/08/17 05:15
3回目の映画化となる新しいスパイダーマン、タイトル「スパイダーマン ホームカミング(原題 Spider-Man: Homecaming)」を川崎の109シネマズで2D・字幕版を見た感想。
感想をひと言で言うと「とっても面白かった\(^o^)/今までのスパイダーマンの中で1番!」。

過去のスパイダーマンの映画作品は、普通の高校生がある日突然"蜘蛛"の力を身に付けて、その力を使って悪者退治をしていく・・・という経過が語られて、それが結構面倒くさかったりしたけど、本作は最初から15歳の主人公がスパイダーマンだ(^_^; スパイダーマンの成り立ちなんて、どうせみんな知ってるのだから、この省略の仕方はとても好感が持てる。まぁ本作の主人公は「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で、既にアイアンマンらと一緒に戦ってるので、同作を見ている人(私も)には全く違和感が無いわけだが。

主人公は普通の高校生だけど、スパイダーマンであることを隠しながら、高校の部活のような感じで放課後に悪者退治を行う。それが、いつも上手くいかないところが、少年らしくて何ともいい感じ。ちょっとした学園物のような物語には微笑ましさを感じ、主人公に対しヒーローと思えない親近感を抱くのもいい。しかし、スパイダーマンとしての活躍シーンは迫力とスピードに、私好みのど派手なアクションもあって楽しい(^_^)憎めない悪者のボスを演じたマイケル・キートンの演技もさすがだ。

本作は過去のスパイダーマンと違って、暗さをほとんど感じさせず、人が殺されるシーンはほとんど無いため、全体的に明るく楽しい作品になっている(ハラハラするシーンもあるけど)。そのおかげか、見終わった後は爽快さを感じた。万人向けの優れた娯楽作品なので、スパイダーマン未見の人にもお勧め!もちろんアベンジャーズシリーズを見ている人(私も)にも、十二分に楽しめるので必見!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


書籍「太平洋戦争 上,下」の感想

2017/08/16 08:00
毎年、この時期は太平洋戦争について書かれた書籍を読んでいる。今までは、戦争前後の史実に関する書籍が多かったが、今年は戦争の実態を知りたいと思い、名著と言われている児島襄氏のノンフィクション「太平洋戦争」の上下巻を選んだ。上下巻で合わせて700ページ近くあるので、一昨日の午後と昨日の朝から夕方まで、約12時間かけて読破。(ちなみにBGMはベートーヴェンの交響曲1〜9と外の雨音)

この本は、著者が日本やアメリカで保管された膨大な資料を5年にわたって調べた集大成。日米のどちらに荷担することもなく、著者の意見や主張もほとんど語られず、ひたすら日米の戦争の実態が記述されている。おかげで、太平洋戦争の開戦から終戦までの間に起きたこと、その原因となったこと、そして多くの戦いの模様や結果などを、客観的に知ることが出来た。
戦前の政府や帝国陸海軍は、対米戦争についてはかなり時間をかけて綿密に準備を行っていた。そのため、真珠湾攻撃から半年の行動は実に見事だった。それに対してアメリカも、日本の宣戦布告を予想しながらも、対応は全て後手となっていた。だから、太平洋戦争の初期の描写は、読んでいて痛快さを感じることもあったが、その先については誰も深く考えていなかったことが露呈。作戦を指導した参謀本部に対し、憤りを感じ続けることになった。
転機となったミッドウェー海戦から、ガダルカナル,インパール等の日本にとって悲惨な結果となった戦闘。日本側の行動や描写は悲劇としか言いようがなくて読むのが辛い、一方、アメリカ側は完全に体制を立て直して、まさに行け行け状態。このような事態になったのは、日本軍の兵士に対する補給が十分に行われなかったからで、多くの兵隊が病死や餓死した。その責任は陸海軍の参謀にあると思う。
一般市民も巻き込まれたサイパン,沖縄についても、その現場にいた人の行動や発言,日米双方の被害データなどが客観的に冷静に記述されている。それが、より一層この戦争の悲劇を物語っている。

開戦から終戦までの3年8ヶ月の間には、実に様々な戦闘が行われて、それは勝利した連合国側にとっても大きな犠牲を出していたことを改めて知り、戦争の空しさというものを痛感。
もう太平洋戦争で行われた戦闘のついては、これ以上見聞きしたくない!と思うほど、あまりにも多くの実態をここの本で知った。それでも、まだまだ知らないことはいっぱいある。平和な今を生きる日本人として、もっと太平洋戦線の前後と戦中についての探求は続けたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


靖国神社で参拝してきた

2017/08/15 08:08
終戦から72年目となった今日、早朝から靖国神社で参拝してきた。
朝6時に川崎駅を出る電車(京浜東北線)に乗車、神田で中央線に乗り換えて飯田橋で下車。早稲田通りを歩いて靖国神社の境内の手前に着いたのは、開門前の午前6時前。すでに門の前には500人ほどの人が開門を待っていた。6時ちょうどの開門と同時に中に入って、参拝の列に並んだ。
画像

太平洋戦争で無念の死を遂げた(半分以上が餓死)人々に対し、安らかな眠りを願い、決して同じ過ちを日本政府に繰り返させないことを誓い、今年の靖国参拝を終えた。
最近は北朝鮮とアメリカが物騒な挑発合戦を行っている。それに対し、日本政府やマスコミは危機を煽るばかりで、話し合いによる解決を図ろうという意見はほとんど聞かれない。今、北朝鮮が何らかの軍事行動を取ったら、北朝鮮を攻撃すべきか?または、北朝鮮が何かする前に先制攻撃すべきか?と問われたら、YESと答える国民が多いかも?そうだとしたら、それはとても恐ろしいことだ・・・先の大戦も、対米戦争を煽ったのは新聞と世論だった。

8月15日の今日、改めて戦争について考えて、軽々しく敵国攻撃だとか軍事制裁といった言葉を用いないよう、冷静に非軍事での外交を努めるよう日本政府に訴えることが、犠牲者に対する今を生きる日本国民の義務ではなかろうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


面白かった世界陸上

2017/08/14 07:16
今朝までロンドンで行われていた世界陸上2017が終わった。ロンドンオリンピックのときと同様、時差のおかげで早起きの私にとって、とても良い時間(4時,5時台)に決勝が行われたので(^_^)、10日間ほぼ毎朝見続けてきた。こんなときにしか見ない競技ばかりだったけど、世界のトップアスリートによる競技はどれも素晴らしかった。
涼しい顔をして2mの高さを超える走り高跳びの選手、槍を90m近く投げるという人間離れした力と技術、信じられない距離を投げる砲丸やハンマー投げなど、みんな凄すぎる。トラックでは短距離が注目されたが、私は10,000m(26分以下)や5,000m(13分)のスピードにビックリし、あんなスピードで走り続けられるスタミナに脱帽。
日本時間の昨日の昼間から夕方に行われた50Km競歩にも感動した。国際大会で日本人が2,3位争いをしたことも嬉しかった。そして、最後のマイルリレー(400mx4)は、男女とも見応えがたっぷりで、女子ではアメリカのアリソン・フェニックスの強さが光り、男子はトリニダード・トバコがアメリカを破るという波乱。

オリンピックではどうしても日本人が出場する競技が中心に放送されるため、陸上のトップアスリートの競技をじっくりと見る機会は少ない。しかし、世界陸上では全ての競技について詳しく放送され、そこに出場する選手の家族や挫折経験なども紹介され、興味深く見ることが出来た。
リオ五輪で見られなかったロシア人選手が、ANA(出場を特別に許可された選手)として活躍したのも印象的。(女子の走り高跳びはロシア人が優勝)

次の世界陸上は2019年にカタールのドーハで秋に開催されるそうだ。ロンドンの夏時間と日本の時差は-8時間だったので私にはちょうど良かったけど、ドーハは-6時間となるので決勝種目は午前2時,3時台か・・・(ドーハの午後8時が日本の午前2時)
是非次回も見たいと思うけど、ちょっと難しいかも・・・(T_T)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


関屋記念とエルムSの予想

2017/08/13 05:19
夏休みの小遣い稼ぎを目指して、今日も頑張って重賞予想(^_^;

新潟の芝マイルで行われる古馬G3競争の「関屋記念」、本命◎は昨年の勝ち馬なのに意外と人気が無いJヤングマンパワー。対抗○は新潟の芝で3着以下に負けてない昨年の2着馬Iダノンリバティ。押さえ▲は大穴狙いでAレッドレイヴン。このコース得意の北村騎手が反乱を演出する!


札幌のダート1,700mで行われる古馬G3競争の「エルムステークス」、本命◎は門別で無敵のDオヤコダカ。地元のヒーローが中央の重賞でも勝つ!対抗○は昨年の3着馬のIモンドグラッセで、押さえ▲は人気だけど外せないCテイエムジンソク。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

札幌11R 5,10
小倉11R 4,11
新潟11R 11,10
札幌12R 1
新潟12R 3
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


暑い神戸から涼しい川崎へ

2017/08/12 05:32
昨日は休日ながらいつも通りに4時に起床。いつものようブログを書くなどして、仕事に行く時間と同じ5時40分に神戸のホテルをチェックアウトした。
神戸はこの時間でも気温が28℃で蒸し暑く、新神戸駅まで少し汗ばみながら歩いた。神戸の昨日の最高気温は35℃近くだったようだ。
帰省ラッシュのピーク日のためか、早朝から新神戸駅は既に多くの人が訪れていて、下りの新幹線は始発から全て満席。上りでも午前7時以降は満席となっていた。それでも上りの始発便には空席があったので、既に購入済みの6時36分発の便から、始発便(6時9分発)に変更。9時45分には品川駅に到着、そして10時過ぎには川崎に戻ってきた(^_^)

昨日の川崎は小雨が降ったり止んだりの天気で、朝10時の気温は23℃。最高気温も24℃程度だったので、早朝の神戸よりも気温が低い涼しい気候(^_^) もちろん日中でもクーラーなんて不要だった。

天気が悪いのと移動の疲れで、外を歩こうという気にはならず、帰宅後は高校野球を見るなどしてダラダラと過ごした(^_^; 今日も関東は天気が悪そうなので、本でも読んで過ごそうかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


神戸でウナギ(^_^)

2017/08/11 04:38
夏休み初日は神戸🎵
昨日は、まだ世間一般的には夏休みじゃないと思っていたけど、この日の下りの新幹線はどれも満席。品川駅は帰省ラッシュ並みに混雑していた。(指定取っておいて良かった)

夕方に神戸在住の知人たちと、元町にある創業70年の老舗の鰻料理専門店で合流。料理はあらかじめ頼んでいたウナギのコース料理で、白焼きから始まって"う巻き","うざく",そして締めの鰻丼と、どれも美味しくてたっぷりとウナギを堪能(^_^) もちろん酒もたっぷり飲んで、楽しい会話とともに旨い料理を楽しんだ。
画像

画像

画像

画像

酔った勢いで、昔の行きつけの居酒屋さんに行って、軽く二次会(^_^;
とても楽しい夏休みの一日となった(^_^)

今日も帰省ラッシュで新幹線は混雑するため、指定席は早朝の便しか取れなかった。早朝の移動で川崎に戻って、ゴロゴロして過ごすことにするか(^_^;
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日から夏休み♪

2017/08/10 05:28
今日から再来週の月曜日(8/21)まで、夏休みで12連休だぁ\(^o^)/
連休初日の今日は神戸に遊びに行って(^_^)・・・それ以外の予定はなし(^_^;
でもやりたいことは一杯ある。

八王子勤務になって、読書や録画ビデオを視聴する時間が減っているため、読みたい本や見たい映画がたっぷりたまっている。夏休みの間は、それらをたっぷりと楽しみたい(^_^)
近場で訪れたい場所もあるので、気が向けば出かけたいと思ってる。
遊びだけでなく、この機会にまとまった時間で英語を勉強したいな。

あれこれやりたいことを考えていると、結局ダラダラと無意味に時間だけが過ぎてしまうかも知れない。でも、それでもいい(^_^;  溜まっている疲れが取れて、思いっきり気分がリフレッシュ出来るだけでもいい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やっと台風一過

2017/08/09 05:19
7月21日に南の海(地図では日本の右下)で発生した台風5号(NORU/ノルー)、しばらくフラフラしていたが、先週になって沖縄,奄美の近くを通過し、一昨日(8月7日)に紀伊半島に上陸。そして昨日の午前中に関東に最接近(といってもずっと北の方を通過したけど)して、今日の午前3時に温帯低気圧になった。ようやく台風一過(^_^)となった関東だが、今日の最高気温は37℃と予想されいて、猛烈な暑さになりそう・・・(T_T)

今回の台風の特徴は多くの雨雲を伴う"雨台風"であることと、長寿であること。
台風から遠く離れていても、突然雨が降ることもあったりして、全国的に多くの雨が降った。幸いなことに大きな被害を受けた地域が無かったのは良かったと思う。関東でも豪雨が心配されて、一昨日は会社から早めの帰宅が指示されるなどしたが、コースが北に向いたおかげで、大した雨は降らなかった(^_^)
それでも、この一週間は湿度が高い日が続いてうんざりしていた。

台風(最大風速が17m/s以上の低気圧)は、発生してから1週間程度で低気圧になるのが普通だ。しかし、今回の台風5号は何と発生から20日近く存在し続けた。つまり普通の台風の倍以上も"長寿"というわけで、歴代の台風の中でも5本の指に入る長寿を誇った。台風なんて早々に無くなって欲しいものなので、長寿なんて迷惑なだけだが、記録的な長寿台風を経験出来たので、まぁ良しとしようか(^_^;

今年は台風が発生するペースがとても早く、これからも日本に近づく台風はあるだろう。その度に電車がちゃんと動くか心配しなければならないのが、長距離通勤の辛いところだが、それも仕方ないか。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


サントリーの「ストロングゼロ<ダブルレモン>」は旨い!

2017/08/08 05:12
最近はコンビニやディスカウントな酒屋などに行くと、実に多くの種類の缶チューハイが並んでいる。
私はかつては家で飲む"一杯目"のお酒は、缶ビール(発泡酒,第三のビールも)が当たり前だったが、最近はほとんどが缶チューハイだ。その理由は、糖質ゼロにしたビール系飲料よりも、糖質がゼロのチューハイの方が美味しいから(^_^) 最近の缶チューハイは以前と比べて格段に美味しくなっていて、糖質,プリン体ゼロでも十二分に旨い。それに対しビール系だと、何も加工されてないビールは確かに旨いが、糖質カットのやつはいまいちだったりする・・・

そこで、いろんな種類の缶チューハイを飲み比べた結果、私が最も美味しいと思ったのが、サントリーが出している「-196℃ ストロングゼロ」の<ダブルレモン>。
画像

美味しいと思う理由は次の3つ。
1)甘さが控えめ
2)レモンの味がしっかり
3)9%でも違和感なし
缶チューハイには甘くて飲みやすいものが多いけど、これは甘さが控えめで私好み♪おかげで、つい2缶飲んでしまうことも(^_^; それでいてレモンの味がしっかり感じられるので、実に美味なレモンチューハイとなっている。そしてアルコール度数が9%と高めでも、全く違和感が無いこと。同様に度数高めのチューハイはあるけど、単に度数を上げただけで不味くなっているものもある。しかし、これは高度数を全く感じさせない。でも高いのは確かなので、普通のビールやチューハイよりも、酔いが回るのは早い(^_^)
ちなみにチューハイといっても、これには焼酎でなくウォッカが使われている。

糖質ゼロなので糖尿病の私でも、安心して美味しく飲める缶チューハイ「ストロングゼロ<ダブルレモン>」、しばらくは愛飲続けるつもり。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」の感想

2017/08/07 05:36
予告編を見て面白そうと思っていた映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(原題 The Mummy)、3Dで見る必要は無いだろうと思い、川崎のTOHOシネマズで2D版を見てきた。
ネットでの評判や評論家の批評はもの凄く悪い作品だけど・・・私はとても面白かった(^_^)

古代エジプトで悪さをしたために生きたままミイラにされて、地中深く埋められた王女。それが主人公(トム・クルーズ)らに発見されて、現在の世界で暴れる。という単純で分かりやすいストーリー(^_^;
この作品は、古くは80年以上前の「ミイラ再生」という初期のモンスター映画、最近では「ハムナプトラ」として映画化された物語のリメーク版だ。
イラクの地中でのミイラの発見から、復活したミイラ(王女)が次々に人を襲ってゾンビ化するシーン、ミイラがビルを壊しまくるシーン、そして最後の決戦まで、次々に迫力があって見応えがある映像が登場して、おなか一杯になるほど大満足(^_^) 少し情けないキャラを演じたトム・クルーズの演技とアクションも最高!
そのミイラを捕らえて研究しようとする怪しい機関を仕切るのがジキル博士(ラッセル・クロウ)で、もちろんハイド博士に変身してしまうシーンもあるけど、こっちはイマイチだっかな?
しかし全体的にテンポが良く、暑い夏に涼しい映画館で何も考えずに楽しむにはピッタリの作品!

古典的なモンスター作品でも、現在の最新技術を使うと、リアルでど派手な表現で見応えがある映画となることを、本作は示している。脚本がもっとしっかりしてれば・・・というガッカリ感はあるけど、この手法は今後も使えるのでは?だからユニバースは「ダークユニバース」と称するシリーズ作品の製作を発表しており、ミイラ人間が最初の作品。これからフランケンシュタインや透明人間を題材とした作品が次々と公開されるらしい。
今後のダークユニバースに期待したい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レパードSと小倉記念の予想

2017/08/06 06:41
今日も苦手な夏競馬を適当に予想(^_^;

新潟のダート1,800mで行われる古馬G3競争の「レパードステークス」、本命◎はBイブキ。初ダートなので勝てる可能性は低いと思うけど、私と同じ誕生日なので本命視(^_^; 対抗○は逃げ残り期待でLノーブルサターン。押さえ▲は人気だけど外せないDエピカリス。

小倉の芝2,000mで行われる古馬ハンデ戦のG3競争「小倉記念」、本命◎はKクランモンタナ。昨年の覇者だが障害に転向したので人気を落としているので、穴を開けてくれることを期待。対抗○は前走の七夕賞で本命視したDフェルメッツァにもう一度期待。押さえ▲はこのレースで2年連続2着で、このレースで好走してる斤量57.0KgのEベルーフ。

<当たらないWINの予想(8点)>

札幌11R 5,6
小倉11R 12,5
新潟11R 3,13
札幌12R 3
新潟12R 11
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「君の名は。」(DVD)の感想

2017/08/05 06:22
興行収入が約250億円と、アナ雪(255億)と同じくらい大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」。映画館には見に行かなかったけど、小説版(感想はここに書いている)を読んで面白かったので、先日発売されたDVDを購入して映画版を見てみた。
見始めてすぐに、美しい背景の描写に感動。音楽も作品に良く合っていると思った。
ストーリーはほとんど小説版と同じ(でも微妙に違う)で、ライトなSFタッチ。週に2〜3回、田舎と都会に住む男女の高校生が、お互いの中身だけが入れ替わるようになって始まる少しコミカルな前半の展開と、ちょっとシリアスでドキドキする後半の展開。多くの物語がスピーディに進行するので、あっという間に見終わったという感じ。確かに凄く面白かった(^_^) けど、これが大ヒットした理由は分からないなぁ。SF的な要素があるので、万人向けのストーリーとは思えないけど・・・
でも、登場人物は主人公の2人を含めて、みな魅力的。おかげで、中身の入れ替わりとい非現実的な事象が、あまり違和感なく語られるのは面白くて楽しい(^_^)

凝縮された物語が早く展開したので、小説版を読んだ私でも見た後の余韻は深く、もう一度見たくなった。だからこの作品は2回,3回と映画館に見に行った人が多いのかも?それが凄い興行成績となったのかも知れない。その行動には納得出来るし、それだけこの作品は素晴らしい。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「人づくり革命担当大臣」?

2017/08/04 06:22
昨日、内閣改造が行われて「第3次安倍第3次改造内閣」が発足した。("大惨事"が2つも入っている凄い内閣だ(^_^;)
選出された閣僚に新鮮さは無くて、大方の予想通り地味な改造となったけど、やっぱり目を引くのは「人づくり革命担当大臣」。経済再生担当大臣となった茂木大臣は、「人づくり革命担当大臣」「社会保障・税一体改革担当」「経済財政政策の内閣府特命担当大臣」も兼任となっている。
人づくり革命って何か凄い名前の大臣だ(^_^)
革命的な人づくりを行うのか?人づくりを革命するのか?一億総活躍担当大臣(今回は松山氏が任命された)というのもインパクトがあって、何をする大臣か分からなかったけど、今回はそれを上回っている。

気になるのは英語での表記。官邸のWEBには一億総活躍大臣は"Minister for Promoting Dynamic Engagement of All Citizens"(全ての市民のダイナミックな参画を促進する大臣)と、英訳しても意味不明な大臣だった。
そして今回の人づくり革命大臣は"Minister for Human Resources Development"となっている。訳すると人材開発を行う大臣・・・あれ?普通の名前じゃないか。何で革命(revolution)という単語が無いんだろ?
ちなみに兼任している"社会保障・税一体改革担当大臣"の英訳には、改革を意味する"Reform"という単語がちゃんと入っている。

報道によると人づくり革命において、具体的に挙げられている政策は教育の無償化だけ。そんなの革命でも何でもないよな。もしそれだけなら"教育無償化担当大臣"でいい。
人づくりの革命が必要なのは政治家や官僚だろう。会議での記録を破棄しない官僚、人と会ったことを忘れない官僚、受けた報告を忘れない政治家といった人材を、革命によって作って欲しいものだ(^_^)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


閣僚人事の速報に意味があるのか?

2017/08/03 05:23
今月になって、「XX氏○○大臣へ」とか「○△大臣は留任」といった閣僚人事や自民党の役員人事についての報道が急増。新聞は一面に記事を載せるし、NHKもニュースで比較的大きく取り上げている。NHKのニュース速報は、私のスマホにも通知されるので、昨日は"XX大臣に内定"という速報メールが何通届いたか・・・

安倍首相は以前から言われていたとおり、本日(8/3)に内閣の改造を行なうようだ。その人選の過程で、誰かがリークしたか政治部記者の取材によってつかんだ情報を元に、いろんな人事速報を報じているのだろうが、誰が何大臣になるなんて、今日になったら分かること。それを2〜3日早く知ったところで、さして意味があるとは思えないし、大きく報道される価値は無いと思う。正式に発表される前の人事報道は、確かにスクープと言えるだろう。しかしスクープとしての賞味期限は短く、閣僚人事が発表された瞬間に値打ちが無くなる。だから、今のうちに大々的に報じておこうとしているのか?それは報道機関の自己満足に過ぎない。ほとんどの国民にとっては、どうせ改造後に判明する人事ネタはどうでも良いはず。もっと他に報じるべきニュースがあるだろう?と私は思っているけど。
誰が何大臣になるか?ということについては、私も関心はある。でも、速報は要らないなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大幅に改善した糖尿病\(^o^)/

2017/08/02 06:12
昨日は6週間に一回の糖尿病の定期検査&診断のため、滞在先の八王子の会社を午後3時に退社して、かかりつけの川崎の病院に通院。糖尿病の判断基準となるHbA1cの値(基準値4.6〜6.2)の今回の値は何と6.5!前回が6.9だったので、大幅に改善した\(^o^)/

八王子勤務になってHbA1cの値は7.2を記録(T_T) しかし、その後7.1→7.0→6.9と計測する度に0.1ずつ改善し続けた(^_^; そして今回は大きく改善したわけだが、前回の通院時から生活習慣は何も変えていない。日々の運動の継続が嬉しい成果として現れたのでは?と思う。
HbA1cの値が6.5ということは、正常値まであと0.3。ここまで低下したため、今まで使用していた薬は強すぎるということで、担当医からは効き目が弱い薬の服用を勧められた。それを了承したので、今日から今までと違った薬となる。その影響によって、次回の計測時はHbA1cの値が上昇する可能性は高いそうだが、その後に再び低下すると糖尿の完治が近づく(^_^)

改めて普段の運動(といっても通勤時と昼食後のウォーキングだけ、ただし足には1Kgの重りを常時つけてる)が、大きな効果があることが分かったので、これからも運動量を維持し続けたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


伸び続ける電子書籍市場

2017/08/01 05:09
株式会社インプレスが昨年度(2016年度)の国内の電子書籍(雑誌含む)の市場規模についての調査結果を発表した。それによると、電子書籍の市場規模は約2,300億円で、前年から23%も伸びている。5年前は700億円程度だったので、5年で3倍以上も成長したことになる。
一方、紙の出版市場は12年連続のマイナスとなっているけど、それでも昨年度は1兆5千億円弱なので、まだまだ電子は紙の6分の1程度だ。

長く電子書籍を愛用し続けている私の場合、紙と電子の割合は1対5くらいか?たぶん圧倒的に電子版の方が多い(^_^) (毎日読む新聞も電子版だし、漫画や雑誌もほとんどが電子版を利用。何と言っても読んだ後に捨てる手間がいらないのがいい(^_^;)
最近は通勤電車や旅行時の新幹線の中で、タブレットやスマホで電子書籍を読んでいる人を見かけることが増えてきた。だから市場規模が拡大していることにも納得。

まだまだ電子書籍の利用者が増えて、コンテンツやサービスがもっと充実することを願いたい。そんな私でも全てにおいて電子書籍が良いとは思ってはおらず、今でも本屋さんで書籍を見回るのが大好き♪ (で、気になった本の電子版を自宅で買ったりするのだが...(^_^;;;)
電子が紙の書籍を駆逐するのではなく、両方が上手く共存して、出版業界全体が拡大して欲しいものだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラジカセを買った(^_^;

2017/07/31 05:39
新品のラジカセを買ったのは、33年振りか?

自宅ではよくラジオを聴いているけど、自宅は街中のマンションなのでAMラジオはさっぱり入らない(T_T) そのため、スマホやタブレット端末で"radiko"を起動し、Bluetoot(無線)で接続したスピーカーで聴いている(^_^)
そかしラジオを聴く度に、いちいちアプリを起動したり、スピーカーの電源を入れるのは面倒だ。一方、最近は視聴困難な地域のために、AMラジオと全く同じ放送をFMで流しており(ワイドFM放送という)、それに対応したラジオも多く売られるようになってきた。そこで、ワイドFM放送対応の新品のラジオを買おうと思い、近所のビックカメラで買ったのがこれ↓
画像

これはビックカメラがKOIZUMI(小泉成器)と組んで、新規に開発して昨年から販売しているラジカセ(型番SDD-1810)で、購入価格は4,480円(税抜き)だった。
ラジオ単体でも良かったけど、値段にそれほど差は無いし、カセットというのも懐かしくていいかなと思い、カセットテープ(60分のやつが1本180円だった)も一緒に購入(^_^; ちなみに、カセットテープは最近は若い世代に人気らしいし、シニアにも根強い人気があるそうだ。

期待していたワイドFMによるTBSラジオ放送は、自宅でもクリアに聴けて音もなかなか(^_^) やっぱり電源を入れるだけで、すぐにラジオが聴けるのは嬉しい。カセットテープを装着して、ラジオを録音してみるという行為には、懐かしさを感じた。録音された音は、カセットらしい少し曇った音で、これも何か懐かしい。これからはラジオを聴いているときに、ちょっと録音しようと思ったときに、直ぐにボタンを押して録音出来る(^_^)

このラジカセの凄いところは、SDカードとUSBメモリが使えること。カセットに入っている音楽をSDカード/USBメモリにコピーしたり、SDの音楽をこのラジカセで聴くことも出来る。
超アナログな機械ながら、最近のIT技術が使われているのはとても素敵だ。

ラジカセって、何か暖かいぬくもりのようなものを感じるなぁ。末永く使い続けたい。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

酔いどれひぐりんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる