アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
酔いどれひぐりんブログ
ブログ紹介
川崎在住の筆者が日々のニュースで思ったことや、映画,読書の感想など日記的なものを毎日書いています。二日酔いの時は手抜きになることもあります...(^_^;
土日は競馬の予想と結果だけになることも(^_^;
なお、日々の運動記録と一行日記を綴った別館「酔いどれひぐりんの運動記録」も毎日更新中。
zoom RSS

子や孫に説明出来る投票行動を!

2017/10/20 05:41
明後日行われる衆議院議員選挙は、これからの日本にとって重要な選挙で、歴史の教科書に書かれる出来事になる可能性が高いと思う。
そのような歴史的な分岐点にいる我々の行動は、後の世代の人々によって振り返られて分析されるだろう。後の世代とは今の子や孫の世代だ。だから、中高年〜高齢の有権者は彼ら彼女らに、説明出来るような行動を取るべきだ。近い将来、あなたの子供や孫,甥,姪らが日本を担う中心の世代となったとき、多くの幸せを感じられない日本となったとする。そのきっかけが平成29年の総選挙だったら、必ず疑問に思うはずだ。そして「なぜ私の親や祖父母は、あの政党に投票したのか?」と問いかけるに違いない。もしかしたら、凄く豊かな日本になっていて、そのきっかけが今回の選挙となっているかも知れない。そのときは、尊敬の念をもって同様の疑問を抱くだろう。

その問いかけに答える責任があるのが、今回の投票行動だ。なぜ、この候補者を選んだのか?なぜあの党を支持したのか?子や孫に説明出来ない投票は無責任過ぎるし、それを非難されてもいいと思う人は少ないと信じている。いい加減な情報や適当な判断によって、将来の世代の運命を決めてもいいのか?よく考えて投票する人が多いことを願っている。なお、投票しないという行動は、現政権への支持だ。今の政権が将来続いても良いとする人は、投票しないという選択もあり得るけど、それを将来説明出来るか?

今回の選挙の投票先の重要な判断材料は、今の政権の実績に対する評価だ。現政権が発足してから、介護や医療の負担は減ったか?または今後減ると思うか?それとも増え続けるのか?子育てや生活は楽になったか?または将来楽になると思うか?といった、生活に密着した政策実績で判断するのも良し。または、外交や安保での実績や、成立した数々の法案で決めるのも構わない。

繰り返すが、大切なことは「何をどう考えて、投票したか?」という問いに、しっかりと答えられることだと私は思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「ドリーム」の感想

2017/10/19 06:09
先週の土日は先にこのブログに書いた「猿の惑星」に加え、もう一本の映画を見ているので、ちょっと遅くなったので感想を。(ちなみに2本見ても映画代は合計1,100円だった(^_^)
見た映画は「ドリーム(原題Hidden Figures)」。感想をひと言で言うと「最高で素晴らしい作品!間違いなく今年見た映画で一番良かった!!!」

この作品はまだ人種差別が酷かった1960年代のアメリカにおいて、NASAの宇宙開発を支えた3人の黒人女性スタッフの物語。当時はロケットや衛星の軌道計算は、全て手計算で行われていて「計算係」という専門の部署があった。そこに配属された3人は、天才的な数学者。すぐに優れた能力が認められて、もっと重要なプロジェクトを任せられるようになるが、そこには様々な人種差別の壁があった。それを乗り越えて輝かしい実績を残すまでが語られる。

人種差別という重いテーマが扱われているが、全く暗さは無くて、陽気に明るく乗り越える姿に深く感動。全体的にすごく楽しく見られ、苦労を乗り越えるサクセスストーリーは見ていて心地良い。それでも、差別について考えさせられたり、もの凄く感動するシーンもあって、文句の付けようが無い秀作。
どれほど素晴らしいか書きたいことは山ほどあるけど、どれを書いたらいいか決められないし(^_^;、それを書く文章力も無いので省略(^_^;;; とにかく、多くの人に見て欲しい作品!

<おまけ1>
3人の黒人女性の活躍によって成功したNASAのマーキュリー計画は、7人の宇宙飛行士+αを描いた映画「ライトスタッフ」を思い出させる。ライトスタッフは、私が生涯見た映画のベスト10に入る映画♪だからライトスタッフの舞台裏を描いた本作は、とても興味深かった。

<おまけ2>
主役のうちの一人の黒人女性は、終盤にIBMのメインフレームS7090で「FORTRAN」というプログラミング言語で軌道計算を支援する。それまでの過程と成功のストーリーも、私にとってとても面白かった。
FORTRANは35年前に私が学校でプログラミングした言語なので(^_^)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


祝!ベイスターズCSファイナル進出\(^o^)/

2017/10/18 05:25
去年の10月11日のブログと同じタイトルで今年も書く(^_^)
横浜DeNAベイスターズが、CS(クライマックスシリーズ)のファイナルステージに進出!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

CSファーストステージを1勝1敗とし、昨夜甲子園で行われた阪神タイガース戦は、初回に先発の能見からいきなり3点を先制!4回には梶谷隆幸のタイムリーとホセ・ロペスの2ランホームランが出て6対0とリード!先発のジョー・ウィーランドが好投を続けていたので、この時点でほぼ勝利を確信(^_^) ハラハラすることなく、美味しい酒を飲みながら左うちわでTV観戦を続けた(^_^;
ウィーランドは7回を1失点で降板し、8回はスペンサー・パットンがゼロ封し、9回は我らが守護神山崎康晃がきっちり3人で締めて、CSファイナル進出決定!\(^o^)/
一昨日は雨の中で、いつゲーム終了となってもおかしくない状況でも、打線が爆発して大勝したのが大きかった!あれで流れがベイスターズに向いて、昨日の勝ちにつながったと思う。

さぁ、今日からCSファイナルステージ。相手は昨年に続いて広島東洋カープだ。ベイスターズは今年カープに勝ち越しているので、昨年のように1勝しか出来ないということは無く、4つ勝って日本シリーズに行ける可能性は高いぞ!
パ・リーグは楽天がソフトバンクを倒して日本シリーズに出ると思うので、ハマスタで横浜DeNAベイスターズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの対決になるのが楽しみ♪
頑張れベイスターズ!!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寒かった!

2017/10/17 05:21
昨日は寒かった!

先週の月曜日は夏のような暑さで、半袖でも過ごせそうな気候だったが、先週の金曜日から急激に気温が下がり、冷たい雨も3日間降り続いている(T_T)
この寒さがピークを迎えたのが昨日。早朝は14℃くらいで、それなりに寒かったけど、八王子に到着した午前7時には12℃まで低下。コートが必要になるくらいの寒さだった。昼間になっても気温が上がることはなく、会社では初めて暖房が始動。外でタバコを吸うときは寒かった(^_^;
さらに気温は下がり続けて、夕方の帰宅時には11℃になった。
10月の中旬に11月中旬並みの寒さを感じることは珍しく、東京都心では46年振りのことらしい。

今朝も外は12℃くらいしかないので、我が家も今年初めて暖房を始動(^_^; まだ扇風機も片付けてないのに、暖房を入れることになるとは思わなかった。

予報では今日からは温度が上がって、ホッと一息という感じ(^_^)

それにしても、わずか一週間で夏と冬を体感するとは・・・秋はどこに行った?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「猿の惑星:聖戦記」の感想

2017/10/16 05:33
公開を楽しみにしていた映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)/原題War for the Planet of the Apes」、さっそく川崎の109シネマズで鑑賞してきた(^_^)
感想をひとことで言うと・・・まぁまぁ面白かった(^_^)

人間が開発したウィルスによって、猿が知性を持って言語を使うようになったのが、リメイクされた猿の惑星の第一作。そのウィルスによって多くの人間が滅んだ世界で、生き残った人間と猿との戦争が描かれたのが前作。その2年後、再び主人公のリーダー"シーザー"の居住地域が襲われる。
前半は妻子を奪われたシーザーの個人的な復讐劇となっていて、ちょっとどうかなぁと思わせる展開。これまでのシーザー像と異なる姿に違和感を感じるし、本筋じゃない物語に時間かけすぎ。
しかし、地獄の黙示録のカーツ大佐のような悪者とシーザーが対峙するようになってからは、スリリングな展開に加え、考えさせられる会話劇などがあって見応えたっぷり。戦闘シーンも前作同様に迫力満点だ。

猿を高知能化させて、人類を危機的状況に陥れたウィルスは、突然変異によって生き残った人間の言葉までも奪うようになる。(変異したウィルスに感染すると、しゃべられなくなる) そして、人間の知性は低下し続け、地球は猿が支配するようになって・・・「猿の惑星」になる。というわけで、本作は初代の「猿の惑星」につながる話となっているので、本作でリメイクシリーズは完結かも知れない。

相変わらず猿の表情や仕草は素晴らしく、映画を見ていると人間が普通に会話しているように錯覚。逆に野蛮な人間が猿のように感じた(^_^; エンタメ的なシーンには迫力や面白さを感じる一方、差別や人権(猿権?)といった社会的メッセージもあり、物語の背景やストーリーには深さを感じる秀作であることは間違いない。
これで前半のちょっと間延びした展開が無ければ、最高に面白かった!と言えるけどなぁ・・・
まぁ、でも見ては損は無かった(^_^) 前作を見た人にはお勧め!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


期日前投票に行ってきた

2017/10/15 12:51
選挙は1週間後だが、投票先は決めているのでウォーキングがてらに、川崎市幸区役所に行って期日前投票を済ませてきた(^_^)
幸区役所に着いたのは朝9時過ぎ、4階の投票所には既に投票を済ませた人や、これから投票する人など5〜6名ほどがいた。これまでなら、ここで投票受付前に「請求書(宣誓書)」に住所,氏名などを書く必要があるが、今回から川崎市は郵送された「投票所入場整理券」に「請求書(宣誓書)」が付随しているので、あらかじめ自宅で書いておいた。よって、それを提示するだけで投票受付となった(^_^)
「投票所入場整理券」を受付で示して名前を確認して、最初は川崎市長選の投票。次が衆院議員選挙の小選挙区、そして比例区と最高裁審査への投票を行った。ちなみに最高裁審査では、1名だけ空欄(信任)で他は全部"×"を記入。一度の投票で4回投票箱に入れたのは久しぶりの経験だけど、隣の川崎区は更に市議会議員の補選もあるから5回も投票するので大変だ。

投票を終えて幸区役所が出ようとすると、待ち構えていたおじさんに「NHKです。出口調査に協力をお願い出来ますか?」と依頼されたので快諾(^_^) 投票先や支持政党,今回の投票判断(憲法,原発,消費税,モリカケ疑惑などから選択)を記入(○を付けるだけ)した。
これで出口調査に協力したのは2回目。以前は確か読売新聞だったかなぁ。

これで投票は無事終了、あとは結果を待つのみとなったが、あまり私にとっては良く無い結果になりそう・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋華賞の予想

2017/10/15 05:37
今日も無謀な穴狙い(^_^;

京都の芝2,000mで行われる3歳牝馬のG1競争「秋華賞」、本命◎は大穴狙いでBブラックオニキス。紫苑ステークスでは失速して4着に敗れたが、ハナ差同タイムとなった1〜3着に対し、わずか0.3秒差。平坦な京都の直線なら逆転の可能性はある!対抗○は距離が不安だけど人気の@アエロリット。押さえ▲はオークス2着馬のCモズカッチャン。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

東京10R 16
京都10R 16
新潟11R 10,12
東京11R 1,7
京都11R 3,1
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


府中牝馬Sの予想

2017/10/14 06:52
今日の重賞は穴馬が見当たらないので、比較的安めの配当狙い(^_^;

東京の芝1,800mで行われる古馬牝馬のG2競争「アイルランド府中牝馬ステークス」、本命◎はヴィクトリアMで11番人気ながら、勝ち馬と0.2秒差の2着に入ったBデンコウアンジュ。今回もあまり人気が無さそうなので好走期待(^_^; 対抗○は人気だけど外せない@ヴィブロスで、押さえ▲は昨年の勝ち馬のCクイーンズリング。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スマートスピーカーは日本で流行るか?

2017/10/13 05:22
最近は一般のニュースでも取り上げられている「スマートスピーカー」、NHKなどは「AIスピーカー」と表現している製品。アメリカでは近年大ヒットしていて、IT業界の中では注目していたが、さて日本でも普及するか?
スマートスピーカーとは筒状のデザインのスピーカーで、ボタンもほとんど無いので見た目はただのスピーカー。これに話しかけることで、話し相手になったり、いろんなことをしてくれるという便利な製品だ。
例えば「今日の天気は?」と聞いたら、音声でその地域の天気を教えてくれたり、「音楽を聴かせて」と頼んだら音楽が再生される。ネットとも連携しているので、「今からXXに行く方法は?」と聞いたら、ネットで検索して電車などを使った行き方を答える。また、近い将来は家電と連携して、音声で部屋の電気やエアコンを付けたり、テレビの操作も可能になる見み。

スマートスピーカーを作っているのは、Google,Amazon,Apple,Microsoftに加えLINEなど大手のITベンダーがずらり。最近のIT関連の展示会では、これらの会社の製品が競って展示されていたりする。その中で最も売れているのがAmazonの製品で、海外ではすでに1,000万台を超える大ヒットとなっている。SONYやパナソニックも、これらのITベンダーと協業したスマートスピーカーを発表しており、年内では販売される。
日本でもGoogleとLINEのスマートスピーカーはすでに発売され、Amazonも年内には日本で販売するようだ。価格は数千円から2万円程度まで(Appleだけは3万円超)なので、比較的買いやすい価格なので、日本でも大ヒットとなる可能性はある。

実はスマートスピーカーで使われている技術は、すでに多くのスマホに実装されていて、私は朝スマホに音声で天気を尋ねたり、アプリの起動も音声で行っている。(例えば"radiko起動"と言ったり)
だから、スマートスピーカーは必ず買う(^_^;
スマホだと「今日のニュースは?」と尋ねても、画面にニュースが表示されるだけだが、スマートスピーカーだと音声で読み上げてくれるのでラジオ感覚で聞けそう。
他にも多くの便利さや楽しさが期待出来るので、購入したらブログで紹介するつもり(^_^)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


国家か国民か?

2017/10/12 05:47
衆院選挙が一昨日公示され、いつもの通りメディアでは党首の第一声や注目選挙区の模様とともに、各社の視点で選挙の争点が報じられている。今回の選挙は自公vs希望vs立憲民主&共産&社民の「3極対立」と言われているけど、私はそうは思わない。報じられる争点も、消費税や原発,憲法改正など、国民が分かりにくい課題ばかりが伝えられているも気に入らない。

私は今回の選挙は、国政を国家重視とするか国民重視とするかを国民が選択する選挙と思う。今までの第二次安倍政権は明らかに"国家重視"。国(=政権),国土を守るためには、ある程度国民の権利や生活保障は、制限することが許されるという考えで、様々な法案を成立させてきた。"国土強靱化"政策により公共事業を増やし、"特定秘密保護法"によって、政府に都合が悪いことを国民が知る権利を大きく制限。憲法違反の"安保法"により、国の防衛力はある程度強化されたが、同時に自衛官が戦闘に加わることにより、国民が危険に晒される可能性も増えた。そして大した審議もなく通した"共謀罪法案"では、犯罪を起こす可能性のみで国民を逮捕可能とし、悪用されると政権批判のデモだけでも、国民を拘束できるようにした。
それらに対し国連やNGOから問題視されても「その指摘は当たらない」としている。
また、やたらと愛国心を強要し、道徳教育を一般科目としたのも現政権の成果(?)だ。

一方、社会保障については、例えば特養への入所資格を厳しくしたり、介護保険利用時の自己負担率を世帯年収によって倍増するなど、国民にとって良い政策は少ない印象。現政権は介護について"公助"より"自助","共助"を推進しているので、これからも介護の負担は増えると思う。
国民はこれらの社会福祉政策に対し、先の参院選で賛同する結論を出したのだから、この方針は継続するだろう。

これらの"国家重視"の政策に対し、"国民重視"の政策を主張し続けているのがいわゆる日本のリベラル派。教育や社会福祉の充実は当然とし、公共事業や防衛費の増大には反対の姿勢。国民の人権を重視し、先に述べた法案には全て反対だ。

国が存続しないと、国民の生活は守ることなんて出来ないのだから、国家を重視すべきという考え方も理解出来るし、それに賛同する人々が今の政権を支えているのだろう。一方、国家よりも国民の生活を重視すべきという考え方もあるし、私はこちらに近い。今の政権は、国民の生活や権利の一部を犠牲してまで維持する価値は無いと思っているので。国民が誰に言われなくても、国を愛し大事にする気持ちを持ち、日本という国を守る意識が強くなる。そのためには"国民重視"であるべきと私は思う。

P.S.
私が考える国家重視の政党は自公,維新,希望,こころ。他は国民重視かな。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小説&映画「日の名残り」の感想

2017/10/11 05:05
先週ノーベル文学賞の受賞が決まってから、日本ではカズオ・イシグロ氏の著作を読みたい人が急増していると思う。本屋さんでは売り切れが続出しているという報道もある。
私も是非とも読みたい!と思ったので、同氏の代表作でブッカー賞受賞作である「日の名残り(原題 The Remeins of thd Day)」を電子書籍で読んでみた(^_^) それが素晴らしい小説だったので、映画化された作品も見てみようと思い、Amazon Videoで映画版(190円だった)も視聴した(^_^;

老執事によるイングランド西部への自動車旅での出来事や出会いと、多くの回想シーンが、ほとんど一人称で語られる小説。とても読みやすくて、穏やかな気持ちになりながら、そして時々クスッと笑いながらの読書は心地良い(^_^) この主人公は執事としては理想的で立派だが、それは違うだろうとか、そんな態度はダメだと思うこともしばしば。それを補うのが人間味が溢れるヒロイン的な役割の女中頭で、二人の微妙な関係が進行するのもまた面白い。
物語の時代はヴェルサイユ条約発効後のイングランドで、その条約の酷さによって苦しむドイツを救おうとするのが、主人公の雇い主。このあたりの世界事情は作品で説明されないので、知っていないと理解しにくいかも?私にはとても興味深かったけど。あと、堅物の執事が気の利いたジョークを言えなくて悩み、勉強(?)する姿はコミカルで愉快(^_^)
本作は読みやすいが多くが説明されないのが特徴で、その分いろんなことを想像しながら、読み進められるのが楽しく、世界的なベストセラーとなっているのも納得。

この小説を原作にした映画が同じタイトルの「日の名残り」で、監督は「眺めのいい部屋」のジェームズ・アイヴォリー、主役の執事を演じたのは名優アンソニー・ホプキンス。ほぼ原作を忠実に再現したような映画で、小説では想像しか出来なかった巨大な邸宅や、イングランドの美しい風景が映像で見られる。アンソニー・ホプキンスの演技が素晴らしかく、原作を読んだ人にはお勧めしたい。

<P.S.>
読みたいと思った本や映画が、すぐに自宅で楽しめるなんて、改めていい時代になったもんだ(^_^)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「八王子古本まつり」と「はちうじフェア」に行ってきた

2017/10/10 05:32
晴天に恵まれて少し汗ばむような秋の休日、八王子で開かれている2つのイベントに行ってきた(^_^)
ちなみに八王子市は今の仕事場なので、通勤定期で行ける。よって行くための交通費はタダ(^_^)

最初に訪れたのはJR八王子駅の北口で行われている「八王子古本まつり」。八王子の繁華街の通りに20軒以上の古本屋さんがテントを並べていて、様々なジャンルの古本や古いパンフレットなどが販売されていた。多くの人と同じように、私も一軒一軒物色しながら全ての店舗を訪問。多くの本を眺めながら歩くと幸せな気分になる(^_^; いろいろ買いたかったけど、結局購入したのは1冊だけ。
画像

「千人同心」というのは江戸時代に八王子を治めていた人達のことで、これがタイトルになっている本があることを初めて知った。千人同心については詳しく知りたかったので、良い本を見つけた(^_^) こんな未知の本との出会いがあるのも古本市の魅力だ。ちなみに購入価格は1,000円で、福引きが1回引けるというので引いてみたら、ペットボトルのお茶が当たった(^_^)
並んでいる店舗の中には「大久保長安」のことを展示しているテントがあり、そこで長安について研究しているおじさんに、15分ほどレクチャーを受けて、歴史談義で楽しい時間を過ごした。

古本まつりの会場を後にし駅の南口に移動し、南西方向に20分ほど歩いたところにある「冨士森公園」に到着。ここでは八王子市の市制100周年を記念した「全国都市緑化 はちおうじフェア」が開催中。
画像

公園内にはもの凄い数の花や花壇が飾られていて、美しい花々を堪能(^_^) 2時間ほど滞在して、帰路は15分ほど歩いて西八王子から中央線に乗車。かなり歩いて疲れたけど、良い休日を過ごせた。

最後に"はちおうじフェア"で撮影した写真をいくつか掲載。
画像

画像

画像
画像
画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京都大賞典の予想

2017/10/09 05:40
一昨日,昨日と重賞が行われたけど、どちらも安い配当で決着(T_T) 今日も安く決まる可能性大だが、懲りずにちょっと穴予想(^_^;

京都の芝2,400mで行われる古馬G2競争の「京都大賞典」、本命◎は出走すると必ず本命視し続けているBシュヴァルグラン。たぶん1番人気だろうが、誕生日が一緒なので本命視せざるを得ない(^_^; 対抗○は穴狙いでKカレンミロティック。シュヴァルグランと一緒に先行して、「行った行った」で決着してくれないかなぁ(^_^) 押さえ▲は直線での追い込み期待でFフェイムゲーム。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

東京09R 7
京都10R 4
東京10R 1,8
京都11R 3,12
東京11R 4,13
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


毎日王冠の予想

2017/10/08 05:45
今日も頑張って重賞予想(^_^)

東京の芝1,800mで行われる古馬G2競争の「毎日王冠」、本命◎は左回りの芝の重賞で2連続連対中のCアストラエンブレム。対抗○は昨年のように横典が人気薄を連れてくることを期待して、Iワンアンドオンリー。押さえ▲は前残り警戒でHヤングマンパワー。

<当たらないWIN5の予想(8点)>

東京09R 7
京都10R 4
東京10R 13,14
京都11R 11,13
東京11R 4,10
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サウジアラビアRCの予想

2017/10/07 06:18
今日から嬉しい(?)3日間開催♪

東京の芝マイルで行われる2歳馬のG3競争「サウジアラビアロイヤルカップ」、今年の出走馬でこのコースを経験しているのは3頭なので、何も考えずにこの3頭で勝負(^_^; 本命◎はこのコースでの持ち時計トップで、たぶん1番人気のOステルヴィオ。対抗○は時計は2番目ながらも、人気は全く無いJマイネルサイルーンで大穴狙い。押さえ▲はこのコースでの時計3番目のMテンクウ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「Prime Reading」が始まった!(^_^)

2017/10/06 05:16
またまたAmazonが嬉しいサービスを日本で始めた(^_^)

Amazonは昨日からAmazonプライム会員向けに「Prime Reading」を開始。プライム会員なら900冊近い電子書籍(小説,コミック,雑誌など)を、追加料金なしで読み放題\(^o^)/
さっそく読み放題可能な本のラインナップを一通り見てみたら、Amazon Kindle(Amazonの電子書籍サービス)でしか読めない池井戸潤の作品など、読みたくなる本が結構たくさんある(^_^) これらが追加料金無しで読めるのは嬉しい♪

Amazonは"Kindle Unlimited"という月額固定の電子書籍読み放題サービスを行っていて、私も利用したこがあるけど、毎月払う利用料に対し、本のラインナップがいまいちだったので1ヶ月で解約した。しかし、今回はプライム会員である限り"無料"で読めるし、ラインナップが少ないから読みたい本を探しやすいということもあるので、大いに活用しようと思う。通勤時間に本を読む時間はたっぷりあるので(^_^;

Amazonプライム会員になるには年額3,900円を支払う必要があるが、そのメリットはかなり大きい。例えば多くの通販の送料は無料になるし、Prime Videoでは魅力的な映画やドラマが見放題\(^o^)/、Prime Musicでは多くの音楽を無料で聴けたりする。だから私は毎年会費を払っていて、十分過ぎる元を取っていると感じている(^_^)

とりあえずPrime Readingから3冊の本をダウンロードしたので、今日から通勤時間や自宅で楽しもう。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


96万人の中の12,759位

2017/10/05 06:19
私が所有しているスマホSamsung GalaxyS8には「S Health」という健康管理用のアプリが、標準で入っている。このアプリでは、毎日歩いた距離や時間を自動的に記録する機能があり、更に自分の歩数を世界中の「S Helth」ユーザの歩数と比較することが出来る。そして、月ごとの順位が発表される。9月に私もこれに参加したところ・・・
画像

12,759位となった\(^o^)/ 9月は約55万歩も歩いたのに、上位1万人にも入らない理由は、このアプリを使っているユーザが96万人もいるから。Samsung Galaxyは世界で最も売れているスマホなので、歩数を競うアプリを使っている人も多いわけだ。
ランキングを見ていると、韓国人や中国人らしい名前も散見するし、欧米圏の名前もたくさんあって、実にワールドワイドだ(^_^)

12,759位といっても、世界のS Helthユーザの中では上位2%内に入っているのだから、我ながら大したもんだと思う(^_^) これもひとつの励みとして、10月も少しでも順位を上げるように頑張るぞ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


再び八王子へ

2017/10/04 05:35
所属会社に復帰して2週間。通勤時間が30分以下に戻って、仕事もさほど忙しくなくて、とても楽ちんな生活を送っていた(^_^; しかし、その楽な生活も終焉を迎え、昨日から再び八王子の職場に配属となり、また通勤時間が往復4時間になってしまった(涙)

今の仕事は、セキュリティの関係でお客さんの会社に常駐しないと出来ない。その会社が八王子にあるため、通勤先が八王子となっている。もともと、私が担当していたプロジェクトは、9月の初旬で終了し、めでたく所属会社に復帰して八王子のオフィスを引き払ったわけだが・・・八王子のお客さんが私の所属会社に対し、私の八王子への再常駐を強く要望し、それが受け入れられたので、10月から戻されたという次第。大して仕事が出来ない普通のエンジニアだったら、こんなことはまずあり得ないが、私はとても優秀だから(^_^\呼び戻されてしまった。仕事が出来る人気者は辛いところだ(^_^;

呼ばれた以上、お客さんの期待に応えるべく、昨日から再び八王子での活動が再始動。担当する業務は、これまでとさほど違わないので、直ぐに順応したのは当然。担当業務以外での活躍、リーダー的な存在としての活動も期待されているはずなので、早く慣れてお客さんの業務に貢献せねば。

とはいえ、久しぶりの4時間通勤は、やっぱり辛い(T_T) 2週間の間、身体が楽したせいか(^_^;、昨日の夜は疲れ切ったし、今朝も疲労感が残っている。また1週間も通勤すれば慣れるのかなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やはり「希望」は無かったか・・・

2017/10/03 05:31
先週、民進党が事実上解体されて、全ての立候補者が「希望の党」の公認で出馬すると聞いたときは、小池人気+民進の組織力を持ってすれば、政権交代が可能では?と思い、"希望"を抱いたけど・・・
希望の党の代表の小池氏が、全ての候補者は公認することは"サラサラない"とか、"排除する"といった発言を繰り返したので、これでは自公の対抗勢力にはなり得ない。残念ながら"希望"は無くなった。

メディアや政治評論家は、希望の党への民進議員の参加に対し、「政治理念も政策も違う政治家が、一緒になるのは選挙目当ての野合だぁ!けしからん!」と批判しているが、それでは与党はどうなんだ?と問いたい。憲法改正に反対している公明党と連立しているのは、どこの政党だ?原発や安保法制に反対している議員を抱えているのはどの政党?リベラル派と保守派で"疑似政権交代"を繰り返してきた政党は?その答えは全て"自民党"。

希望の党が保守色が強い政党を目指して、保守vs保守の対決に持ち込みたいということは理解出来るし、正しい判断と思う。しかし、だからといってリベラル色が強い議員を"排除"する必要は全く無く、「我が党は(自民党と同じように)左から右まで幅広い議員が集結し、党内で活発な議論を行いながら、有権者の期待に応える」とし、全ての民進党候補者を受け入れるべきだった。そうすれば、政権交代可能な議席を獲得出来る可能性があったと思う。多くの有権者は、党や候補者の政治理念や政策なんか知らずに投票行動をするから。

結局、民進党は完全に分離して、いわゆるリベラル派は「立憲民主党」を立ち上げた。これで、民主+共産+社民の野党連合によって、ある程度の議席確保は出来ると思うが、政権交代は絶対にあり得ない。もし多くの議席を取っても、大した議席を確保出来ないであろう希望の党は、維新と同じようにほとんど与党となるだろうし・・・

私が支持する自由党は、まだ希望の党との連携を模索しているようだが、もう止めて欲しい。弱小連合でも、野党連合と一緒になって戦って欲しいなぁ。代表の小沢一郎氏は、無所属で出るようだけど。
もし自由党と希望の党が連携したら、比例では立憲民主に入れるかも知れない。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「ソウル・ステーション/パンデミック」の感想

2017/10/02 05:57
先日見た「新感染」がすごく面白かったので、その前日壇を描いたアニメ映画「ソウル・ステーション/パンデミック」(原題Seoul Station/韓国語タイトルも同じ意味)を見に行ってきた。監督は「新感染」と同じヨン・サンホということで、期待してワクワクしながら映画館での視聴を楽しみにしていたけど・・・
残念ながら、あまり楽しめなかった(T_T)
韓国の映画は実写作品では邦画を圧倒しているけど、アニメではまだまだだなぁと実感。絵の作りがしょぼくて、演出もいまいち。社会性メッセージを込めたストーリーは、それなりに見事だったものの、作品のクオリティは低いとしか言いようがない。

本作の登場人物達はみんな韓国社会の底辺にいる人々だ。ゾンビが徐々に増殖するソウル市街において、必死で逃げ惑う主人公の女性と年配のホームレス。しかし、彼らを支援する人は誰もいない。この作品で貫かれているのは韓国社会の格差と、底辺で生きる人々への無関心さで、これは日本にも通じるところがある。
その背景設定やストーリー展開は共感出来るところもあり、まぁ許せる範囲だけど・・・ゾンビ作品としては失格。全く怖さを感じさせないし、ゾンビが蔓延することになった理由も語られない。また、韓国人らしく感情の表現が大げさ過ぎる(すぐに大声で泣いたり)のにも、ちょっとうんざり。
あれだけ「新感染」が素晴らしかっただけに、同じ監督の本作で感じた失望感は大きく、久しぶりに「金返せ〜!」と言いたくなった。(映画の日で1,100円で見られたけど)

何回も映画を見に行っていると、時々「ハズレ」を引いてしまうことがある。これは、かなりそれに近いもので残念だったが、まぁそんなこともあるのが映画だ(^_^;

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

酔いどれひぐりんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる