酔いどれひぐりんブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 総理のご意向?

<<   作成日時 : 2017/05/19 05:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月9日に、このブログに「37億円の公有地がタダ?! 」という記事を書いた。ここで今治市の特区申請が突然通って、加計学園が獣医学部を設置することになったことについて「なんか怪しいなぁ・・・」と書いている。
その後、国会でこの件が取り上げられたこともあったけど、政権側は関与を完全否定し続けてきた。

それが、一昨日の朝日新聞のスクープによって状況が変わってきた。内閣府が文科省に早期の開校を求めていて、それが「総理の意向」である旨の文書が明らかになった。その文書に対し官房長官は"怪文書"と決め付けたけど、朝日新聞は昨日の朝刊で、具体的な関係者名や日付が入った文書の存在を報じた。となると怪文書なんかじゃないなぁと思うが、今回も官房長官は怪文書扱い・・・今頃、官邸の指示で文書を朝日に漏らした"犯人探し"を一生懸命やっていて、その出所が分かるまでは"そんな文書は無い"といい続けるのだろうか。

本当に「総理の意向」によって、特区の認定や学校の設立が進んだとしても、それはきっと法律には何も違反していないと思う。だから、内閣府から文科省に意向を伝えたことは、悪いことじゃないはず。なのに認めようとしない理由は何? 総理自身が野党からの追求に対し、国会で関与を否定したから、今さら後に引けなくなってしまったのかな。もちろん、この件が違法でなくても、政治家としては非難されるべき案件。例え総理であっても、自分の都合で国の制度を好きなように扱っていいとは思はない。

政権側はこれからどんな対応を取るのか?いくつか想像してみた(^_^;
@ずーっと文書の否定を続ける
A偽文書によって名誉を傷つけられたとして、朝日を名誉毀損で訴える
B文書は役人が勝手に書いたフィクションとし、役人を処分する
C朝日が報じた文書は、実は"特定秘密"に指定されていたとして、同法違反で朝日の記者を逮捕する
D文書や学園設立への関与を認めた上で、開き直る

何れにせよ、どこまで追求されるかは世論しだい。その世論に強い影響を与えるメディアの調査や報道にも期待したいところだけど・・・今回も無理かなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
総理のご意向? 酔いどれひぐりんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる