酔いどれひぐりんブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ライフ」の感想

<<   作成日時 : 2017/07/17 06:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

暑い日はホラー映画で寒くなろうと思い、公開中のSFホラー映画「ライフ(原題LIFE)」を、気温が35℃近い日中に川崎の映画館で見てきた。期待通りに身体も心も寒〜くなった(^_^; (映画館の冷房が強かったせいもあるけど)

<大ざっぱなあらすじ>
無人偵察衛星によって回収した火星の土。それをISS(国際宇宙ステーション)で分析すると、ゾウリムシみたいな生きている微生物を発見!初めての地球外生命体の発見に、ISSの内部も地球の人々も大喜び(^_^) しかし、その生命体は透明なタコみたいな形に成長すると、6人の宇宙飛行士達を襲い始め、次々に殺されてしまう(T_T) 密閉された宇宙空間で、残された人間は助かることが出来るのか?

<感想>
この手のストーリーの映画作品は山ほどあって、私が見た映画の中では「遊星からの物体X」と「エイリアン」を足して二で割ったような印象を受けた。(あとアンドロメダ病原菌も近いかな) 宇宙船の中における謎の生命体からの逃避,戦いという使い古されたストーリーだが、この映画は今までの作品よりも遙かにリアルで怖かった。これまでの作品の舞台は巨大な宇宙船で重力もあるので、中の人は普通に歩いたり走ったり出来たけど、ISSの中は報道で見聞きするのと全く同じで無重力で狭い。そして、火星からの生命体も最初は微生物という設定も、いかにもありそうだ。
現実に存在する宇宙船の中で、ありそうな生命体との遭遇、そして最先端の映像技術が、この映画を全くの絵空事と感じさせない。だから作中繰り広げられる悲劇は、とても怖く感じた。
ちなみに襲われた人の殺され方も、単に肉体的な損傷を与えるものでなく、とてもリアルで怖かった・・・

本作は完成度が高いSFホラー作品。SFホラーは見たことが無い人にも、お勧め出来る傑作だ。この夏、寒くなりたい人は見に行くべし!
なお、エイリアンのような残虐なシーンは無いので、その手のシーンが苦手な人(私も)でも安心して見られる。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「ライフ」の感想 酔いどれひぐりんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる