皇居東御苑に梅を見に行ってきた

今年も梅が咲く季節になってきた(^_^) 宮内庁のホームページに皇居東御苑の梅が咲き始めたと書いてあったので、さっそくウォーキングがてらに見に行ってきた。
最高気温が20℃と、この時期にしては異常な暖かさの気候の中、東京駅の丸の内出口から歩いて10分ほどで大手門、そして東御苑の中を5分ほど歩いて梅林坂に到着。まだまだ咲き始めで、1分咲きにも満たない状態だったが、桜と違って梅は一輪でも美しい花。わずかに咲いた梅の花を見て、春の息吹を感じることが出来た(^_^)
画像

画像

この時期の東御苑には毎年行っているが、今年驚いたのは外国人がやたらと多かったこと。昨年はほとんど見かけなかった欧米人らしい観光客が、ものすごく目に付いた。東日本震災の影響が無くなってきたことと、欧米の経済が復活しつつあることが原因だろうか。しかし、中国人や韓国人はほとんど見られず、まだ領土問題の影響は強いのかも。

東御苑の中を一周した後は、八重洲側に行って外苑通りを銀座までウォーキング。まさかこの時期に汗をかいて歩くとは思わなかったが・・・

<梅を見ての川柳(俳句になるか?)>

寒いのは あと少しだよと 梅一輪

【歩いたルート】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック