原発行政と一緒

京都府立大学が血圧降下剤の薬効について嘘をついていた問題、このニュースを聞いたときに原発と一緒だなぁと思った人は少なくないはず。
東電の事故前の原発の安全基準は、電力会社から毎年何億円も"寄付"を貰っていた大学の先生達の意見が参考に作られたし、原発の検査は電力会社が行った結果を安全・保安院が、大したチェックもせずに承認していた。このことを国会の事故調は強く問題視しているが、国会で議論されることはなく現状も変わっているとは思えない。

京都府大の問題も似たようなもので、所属する教授に1億円以上の"寄付"を行っている薬品会社が、臨床試験に介入して、嘘の薬効をでっち上げたことが明らかになった。このことについて、読売・朝日・毎日は新聞の社説で強く非難しているが、じゃぁ原発については問題無いのかよと突っ込みたくなった。
電力会社から"寄付"を受けていない人達が、原発の下に活断層があると言って、原子力規制庁が再稼働を認めない方向になると、読売新聞や産経新聞は"原子力ムラ(=電力会社から金を貰っている人達)の意見を取り入れろ!と主張している。それなのに今回の問題は非難することに矛盾を感じる。しかし読売新聞は日本で最も支持されている新聞なので、このような感じ方をする私は少数派なんだろうなぁ・・・

<今日の川柳>

産学の 癒着体質 お家芸

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック