NHKが脱原発を封印

以前から自民党政府広報の放送局と思っていたけど、ここまでするか?という事態が起きた。

今朝の東京新聞の報道によると、NHKラジオ第一放送の人気番組「ラジオあさいちばん」(5:00~8:00)の中の、名物コーナー「ビジネス展望」(6:45頃)において経済学者が原発のコストについて話そうとしたが、NHKから「東京都知事戦の最中はは、原発問題についてしゃべるな!」と言われたそうだ。それを経済学者は拒否、20年間出演してきた「ビジネス展望」を降板することにしたとのこと。

経済学者の名前は中北徹、外務省出身の東洋大学の教授で、第一次安倍政権で設立された諮問会議の座長も経験している。中北教授は1月30日の放送で、原発には安全対策や保険の費用に加え、廃炉費用といったコストがかかり、いずれ国民に大きな負担となる可能性があるとし、経済的な観点においても即脱原発か原発への依存度を減らすかの選択が必要になると述べようとしたそうだ。これのどこが問題なんだろう?この提言を「脱原発」だから放送するな!というNHKの態度はけしからんと思う。これを聴いたリスナーが脱原発な都知事候補に投票するようになったら、とてもまずいとでも思ったのか。

NHKの新会長は政権の意向に沿って放送することを明言、そして現場では政府の意向に沿わない学者は番組から降板させるという暴挙を行い始めた。もうNHKは公共放送でなく"国営放送"とした方がいいのでは?もちろん受信料は徴収せずに、全て国費で運営したらいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック