ついに70歳定年!?

昨日(5/15)、官邸で行われた「未来投資会議」で、企業が定年を70歳にするという"努力義務"を課す方針が決まったそうだ。そのうち法改正によって努力義務が"義務"になるらしい・・・
NHKはこのニュースを「希望者が70歳まで働き続けられる制度を、政府がとりまとめた」と好意的に報じていて、内閣府の調査では70歳以降も働くことを希望する60歳以上の人が、8割もいることも合わせて伝えて、政府の方針をべた褒めしている。ちなみに、65歳定年を70歳まで引き上げるのは安倍総理の「全世代型社会保障改革」の柱だそうだ。こんなバカげた政策が"改革"の柱なんて呆れるしかない。
70以降も働きたい人が多い理由は、支給される年金が少なくて、年金だけで生活するのが苦しいというのが多数ではないか?政府は年金支給額を引き上げて、"70歳以降は働かなくていい"制度を目指すべきと思うが。

政府が70歳定年にする理由は、明らかに年金対策だろう。近い将来に70歳定年が法律で義務づけられたら、間違いなく年金の支給年齢も70歳になる。そうすると、70歳まで働き続けることが必要になるので、転職よりも今の会社に居続けることを選ぶ人は多いかも。

私は70歳定年なんて嫌だし、勘弁してくれと思うけど、他の働き口が無ければ、しぶしぶ70歳まで居ることになるかも知れない・・・でも、IT業界というのは常に変化し続けていて、常に新しい技術を学び続ける必要があるけど、それを70歳まで続けられる自信は無いなぁ。最新技術に付いていけない社員を抱える会社も大変だろうし、そのせいで若年層社員に悪影響があったら論外のこと。
もし私が70歳まで今の会社で働くと、あと17年もある...やはり早めに70歳まで働けそうな他の業種(そんなに選択肢は無いだろうが)に転職することを真剣に検討する必要がありそうだ。

それにしても、サラリーマンが定年後に悠々自適の生活を送ることなんて、今では夢物語になってしまったのかなぁ(涙)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック