ユニクロのセルフレジでちょっと感動

先日、近所のユニクロ(川崎DICE内)で買い物をしたら、全てセルフレジになっていた。最近はファミマでもセルフレジが併設されているし、私が勤務する会社の売店もセルフレジなので、セルフなレジには慣れているつもりだったが・・・ユニクロのセルフレジにはバーコードの読み取り機が無い!あれ?どうやって商品の値段を読み取るのか?しばし戸惑ったが、レジ横にあるボックスにまとめて商品を置くだけでOKだった(^_^)
ここで思い出した。ユニクロは全店舗で"RFIDタグ"を商品に装着していたことを。
RFIDタグは電波によって、中身を読み取ることが出来るICが内蔵されたタグで、とても小さくて薄いのでちょっと厚みがある値札に、こっそり内蔵されていたりする。仕組みは交通系ICカードのSuicaやICOCAと似ているが、技術的には異なっていて、Suicaとかは電磁誘導でIC内のマイコンが駆動して、セキュリティ通信を行うが、RFIDは単に電波で供給された電力を使って記録された情報が出力されるだけ。

ユニクロでは全ての商品にRFIDが付いてるおかげで、面倒なバーコードスキャンなんてしなくても、読み取り装置(見た目はただだの商品置き場ボックス)に置くだけで、すぐに値段がレジに表示される。しかも、複数の商品の値段をまとめて読み取れるので、買いたい商品を全部置くだけで、即座に支払い金額が分かる(^_^)

仕組みは知っていたけど、実際にRFIDタグでの決済を行ったのは初めてで、その便利さにちょっと感動した(^_^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック