なぜ国会を閉じた?

かつてない規模で大きな被害をもたらしている新型コロナ(SARS-CoV-2)による感染(COVID-19)拡大、まさに国家的非常事態となっているわけだが、与党は昨日(6/17)で通常国会を予定とおり閉会・・・これはあまりにも無責任ではないか?

政府の新型コロナへの対応は決して多くの国民にとって、良いものでは無かったと思う。それは世論調査の結果ににも明確に示されている。今回のコロナ渦は政府にとっても未経験の事態だから、対応が遅れたり判断が間違っていてもやむを得ないと思う。しかし、コロナの"第二波"は必ず来るという専門家は多く、次は政府の失敗は許されない。
そのためには、1月~現在も続く"第一波"への政府や専門家の対応についての検証は必須と思う。政府は検証はコロナ渦が収まってからと言っているが、それでは遅すぎる。一部の地域を除いてある程度落ち着いて今の時期に、しっかりと検証を行った上で次に備えるべきで、必要であれば現行法の改正や新規立法も行っておくべきと考える。
それなのに、何の検証も無く次に備えようとするということは、今回の政府対応は全く問題なかったと言いたいのだろうか?人口比でアジアで最大の死者数を出したというのに・・・

与野党は国会が閉じた後も閉会中審査は定期的に行うことで合意したそうだ。しかし、委員会審査では立法は不可なので、できる対応は限られている。やはり今国会は延長すべきと強く思う。

-----
6月17日の運動記録+日記

ウォーク:18,138歩(6月累計322,704歩)
筋トレ1セット(6月累計6回)

体温: 36.1℃ 体重: 62.2Kg

相変わらず昼間は猛暑となったが、朝は涼しかったので、気持ちよく多摩川の左岸側をウォーキング。
暑い昼休みには、6日ぶりにジムで筋トレ♪



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント