ドラマ「愛の不時着」の感想

ここ10日間近く、完全にハマって夢中で見続けた韓国ドラマ「愛の不時着」(全16話/計20時間超)、遂に最終話まで見終わった\(^o^)/
私は韓流のラブストーリーには全く興味が無いし、見たことも無かった。しかし、Netflixで配信されている「愛のドラマ」の評判があまりにも高く、ハマる男性も急増しているという話を見聞きしたので、興味を抱いて見始めてみた(^_^; つまらなかったら、第一話だけ見るだけにしようと思っていたら・・・面白すぎて見始めたら止まらなくなった(^_^; この作品は韓国だけでなく世界中で大ヒットしているそうだが、それには大いに納得。確かにこれは素晴らしいドラマだ。

このドラマの内容は下記↓のように紹介されている。
「ある日、突風によるパラグライダーの事故で、北朝鮮に不時着した財閥の跡取り娘と、彼女を隠して守るうちに愛するようになる北朝鮮の将校の絶対極秘ラブストーリー。」
これだけ読んだだけなら、私の触手は全く動かないけど、見始めて驚いたのは本作がラブストーリー的要素もありながら、実はとても社会派サスペンスだったこと。しかも、激しい銃撃戦や格闘アクションも盛り込まれているので、男性が見ても飽きることは無い。

北朝鮮の上位10席に入る高い地位の"総政治局長"、その息子で軍の将校であるリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)。韓国の財閥の令嬢で、自らも巨大な会社を経営して成功させているユン・セリ(ソン・イェジン)の2人が中心で物語は進行するが、その背後にある北朝鮮内の権力争いや、悪事を働く軍の高官との対立などが描かれるので、北朝鮮が舞台の間は緊張感とスリルがいっぱい(^_^)
大金持ちのユン・セリが韓国に戻ってからは、これまでと逆にユン・セリがリ・ジョンヒョクを守る立場になるけど、北朝鮮から悪者がやってきてユン・セリの命を狙い続けるから、まだスリリング要素は続いたりする。しかし、韓国が舞台になってからは、コミカル要素が増えて笑えるシーンもてんこ盛り(^_^)
二人の主人公はどちらも魅力的で、演じるヒョンビンとソン・イェジンの演技も素晴らしい。それに加え、北朝鮮でユン・セリを守る4人の若い兵士達(リ・ジョンヒョクの部下)が素敵過ぎる(^_^) この4人が緊張感漂う展開の中で、時にはコミカルに、時には逞しさを見せるのでホッとしたりほほが緩んだりするのが楽しい。また、リ・ジョンヒョクやユン・セリの元婚約者も登場するけど、この2人の役回りも意外性があって面白かった。
他にも書き切れないほど本作には見どころが山ほどある。例えばリアルに再現された北朝鮮の田舎の生活様式などなど・・・

ドラマ作品にハマって夢中に見続けたのは久しぶりのこと。多くの人が同様にハマってるのも当然で、本当に面白かった!Netflixに入っている人は必見のドラマと思う。(ただし睡眠不足にならないように注意が必要)

-----
6月3日の運動記録+日記

ウォーク:16,722歩(6月累計39,915歩)

体温: 36.3℃ 体重: 61.9Kg

昼間は暑かったが、朝はまだ涼しく、朝4時40分から多摩川の左岸側をウォーキング。
仕事の後はジムに行こうと思っていたが、筋肉痛が酷かったので断念(T_T)